研究者
J-GLOBAL ID:200901002347213021   更新日: 2020年01月09日

髙橋 美帆

タカハシ ミホ | TAKAHASHI Miho
所属機関・部署:
職名: 助教
論文 (18件):
  • Hattori T., Watanabe-Takahashi M., Nishikawa K., Nito M. Acuired Resistance to Shiga toxin-induced apoptosis by loss of CD77 expression in Human myelogenous leukemia cell line, THP-1. Biological and Pharmaceutical Bulletin. 2018. 41;9. 1475-1479
  • Watanabe-Takahashi M., Yamasaki S., Murata M., Kano F., Motoyama J., Yamate J., Omi J., Sato W., Ukai H., Shimasaki K., Ikegawa M., Tamura-Nakano M., Yanoshita R., Nishino Y., Miyazawa A., Natori Y., Toyama-Sorimachi N., Nishikawa K. Exosome-associated Shiga toxin2 is released from cells and causes severe toxicity in mice. Scientific Reports. 2018. 17;8. 10776
  • Synthetic construction of sugar-amino acid hybrid polymers involving globotriaose or lactose and evaluation of their biological activities against Shiga toxins produced by Escherichia coli O157:H7. Bioorganic and Medicinal Chemistry. 2018. 26. 5792-5803
  • Shimasaki K., Watanabe-Takahashi M., Umeda M., Funamoto S., Saito Y., Noguchi N., Kumagai K., hanada K., Tsukahara F., Maru Y., Shibata N., Naito M., Nishikawa K. The pleckstrin homology domain of p210 BCR-ABL interacts with cardiolipin to regulate its mitochondrial translocation and subsequent mitophagy. Genes to Cells. 2017
  • Hattori T., Watanabe-Takahashi M., Shiina I., Ohashi Y., Dan S., Nishikawa K., Yamori T., Naito M. M-COPA, a novel Golgi system disruptor, suppresses apoptosis induced by Shiga toxin. Genes to Cells. 2016. 21. 8. 901-906
もっと見る
特許 (10件):
  • P210 PH結合ペプチドおよび慢性骨髄性白血病治療薬
  • 抗インフルエンザウイルス活性ペプチドおよびインフルエンザウイルス感染症の予防・治療薬
  • 破骨細胞分化制御ペプチド、および、破骨細胞分化に関連する疾患の含有する治療薬
  • Stx毒性阻害ペプチドおよびStxに起因する疾患の治療薬
  • ヘマグルチニン結合ペプチド、および、これを含むインフルエンザウイルス感染症の予防・治療薬
もっと見る
講演・口頭発表等 (6件):
  • Exosome-associated Shiga toxin 2 is released from cells and causes severe toxicity in mice.
    (VTEC2018 2018)
  • RANK-TRAF6 signalを標的とした破骨細胞分化制御ペプチドの開発
    (第91回日本生化学会 2018)
  • 新規CaMK2阻害ペプチドによるA型インフルエンザウイルス感染制御法の確立
    (第91回日本生化学会 2018)
  • 酵素活性部位を標的とした新規ペプチド性Stx阻害薬の開発
    (第22回腸管出血性大腸菌感染症研究会 2018)
  • 受容体結合部位を標的とした新規ペプチド性Subtilase cytotoxin阻害薬の開発
    (第22回腸管出血性大腸菌感染症研究会 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 2001 星薬科大学 薬学部 衛生薬学科
  • 2001 - 2003 星薬科大学大学院 薬学研究科 薬学専攻
  • 2003 - 2006 星薬科大学大学院 薬学研究科 薬学専攻
学位 (2件):
  • 博士(薬学) (星薬科大学)
  • 修士(薬学) (星薬科大学)
経歴 (2件):
  • 2003 - 2007 国立国際医療センター研究所臨床薬理研究部流動研究員
  • 2007 - 2008 同志社大学工学部環境システム学科特別研究員
受賞 (1件):
  • 2012 - 腸管出血性大腸菌感染症研究会 奨励賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る