研究者
J-GLOBAL ID:200901002347213021   更新日: 2024年01月30日

髙橋 美帆

タカハシ ミホ | Takahashi Miho
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 医療薬学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2019 - 2023 アミノ酸トランスポーターに着眼した腸管粘膜の炎症マーカーとしての可能性
  • 2018 - 2021 強毒性志賀毒素2含有エキソソーム産生抑制による新規腸管出血性大腸菌感染症治療戦略
  • 2015 - 2018 志賀毒素の細胞内輸送を標的とした新規腸管出血性大腸菌感染症治療薬の創出
  • 2010 - 2012 Shiga toxinの強毒性発現に関わる部位に対する特異的プローブの開発
  • 2008 - 2009 新規ペプチド性志賀毒素阻害薬の生体内作用機構の解明
論文 (28件):
  • Sato W, Watanabe-Takahashi M, Murata T, Utsunomiya-Tate N, Motoyama J, Anzai M, Ishihara S, Nishioka N, Uchiyama H, Togashi J, et al. A tailored tetravalent peptide displays dual functions to inhibit amyloid β production and aggregation. Commun. Biol. 2023. 6(1)383. 1. 383-383
  • Atsuko Deguchi, Miho Watanabe-Takahashi, Taishi Mishima, Tsutomu Omori, Umeharu Ohto, Nobuto Arashiki, Fumio Nakamura, Kiyotaka Nishikawa, Yoshiro Maru. Novel multivalent S100A8 inhibitory peptides attenuate tumor progression and metastasis by inhibiting the TLR4-dependent pathway. Cancer gene therapy. 2023. 30. 973-984
  • Ying-Yi Li, Kazuyuki Kuroki, Tetsuro Shimakami, Kazuhisa Murai, Kazunori Kawaguchi, Takayoshi Shirasaki, Kouki Nio, Saiho Sugimoto, Tomoki Nishikawa, Hikari Okada, et al. Hepatitis B Virus Utilizes a Retrograde Trafficking Route via the Trans-Golgi Network to Avoid Lysosomal Degradation. Cellular and molecular gastroenterology and hepatology. 2023. 15. 3. 533-558
  • Anzai M, Watanabe-Takahashi M, Kawabata H, Mizuno S, Taguchi Y, Inoue J, Nishikawa K. A tetravalent peptide that binds to the RANK-binding region of TRAF6 via a multivalent interaction efficiently inhibits osteoclast differentiation. Biochem. Biophys. Res. Commun. 2022. 636. Pt 1. 178-183
  • Shinichiro Hama, Miki Nakahara, Miho Watanabe-Takahashi, Eiko Shimizu, Hiroyasu Tsutsuki, Kinnosuke Yahiro, Kiyotaka Nishikawa. Development of a novel tetravalent peptide that absorbs subtilase cytotoxin by targeting the receptor-binding B-subunit. Biochemical and Biophysical Research Communications. 2022. 629. 12. 95-100
もっと見る
MISC (4件):
  • 村上 絵理, 福田 協平, 井深 健太郎, 高橋 美帆, 柴田 剛明, 近江 純平, 可野 邦行, 河野 望, 青木 淳賢, 西川 喜代孝. 抗A型インフルエンザウイルス活性を示す誘導性アンフィソームの形成機構の解明. 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集. 2021. 94回. [P-903]
  • 小川 莉奈, 長尾 耕治郎, 原 雄二, 田村 朋則, 浜地 格, 井上 飛鳥, 青木 淳賢, 高橋 美帆, 西川 喜代孝, 梅田 真郷. 4価型人工ペプチドを用いたホスファチジン酸結合プローブの開発. 脂質生化学研究. 2015. 57. 170-173
  • 小川莉奈, 宮崎俊秀, 長尾耕治郎, 原雄二, 佐々木善浩, 秋吉一成, 稲葉岳彦, 小林俊秀, 高橋美帆, 西川喜代孝, et al. ホスファチジン酸結合性を有する4価型人工ペプチドの開発. 日本生化学会大会(Web). 2014. 87th. 2T09A-10(2P-071) (WEB ONLY)-10]
  • K Matsuoka, A Miyagawa, K Nishikawa, M Watanabe, Y Natori, E Kita, T Koyama, K Hatano, D Terunuma. Synthesis and biological evaluation of glycopolymer as Shiga toxin neutralizer. GLYCOBIOLOGY. 2004. 14. 11. 1194-1194
特許 (10件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (8件):
  • P210 BCR-ABLのPHドメインを標的とした新規ペプチド性CML治療薬の開発
    (第41回日本分子生物学会 2018)
  • 受容体結合部位を標的とした新規ペプチド性Subtilase cytotoxin阻害薬の開発
    (第22回腸管出血性大腸菌感染症研究会 2018)
  • 酵素活性部位を標的とした新規ペプチド性Stx阻害薬の開発
    (第22回腸管出血性大腸菌感染症研究会 2018)
  • 新規CaMK2阻害ペプチドによるA型インフルエンザウイルス感染制御法の確立
    (第91回日本生化学会 2018)
  • RANK-TRAF6 signalを標的とした破骨細胞分化制御ペプチドの開発
    (第91回日本生化学会 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2003 - 2006 星薬科大学大学院 薬学研究科 薬学専攻
  • 2001 - 2003 星薬科大学大学院 薬学研究科 薬学専攻
学位 (2件):
  • 博士(薬学) (星薬科大学)
  • 修士(薬学) (星薬科大学)
経歴 (2件):
  • 2007 - 2008 同志社大学工学部環境システム学科特別研究員
  • 2003 - 2007 国立国際医療センター研究所臨床薬理研究部流動研究員
受賞 (1件):
  • 2012 - 腸管出血性大腸菌感染症研究会 奨励賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る