研究者
J-GLOBAL ID:200901002486244071   更新日: 2020年08月26日

吉田 香

ヨシダ カオル | Yoshida Kaoru
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 家政学、生活科学
研究キーワード (9件): 過剰摂取 ,  マウス ,  モニタリング指標 ,  サプリメント ,  脳神経障害 ,  学習・記憶能障害 ,  動物行動試験 ,  微量元素 ,  Environmental Health
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2017 - 2020 微量元素の組み合わせ過剰摂取と高脂肪食が老人性神経障害に及ぼす影響
  • 2014 - 2017 微量元素の過剰摂取と欧米型食生活が老人性認知症に与える影響
  • 2011 - 2014 微量元素の過剰摂取が老人性神経障害に与える影響及び摂取量のモニタリング方法の開発
  • 2008 - 2011 サプリメント摂取による微量元素の過剰摂取が老人性神経障害に及ぼす影響
  • 2006 - 2008 食品・飲料水中のアルミニウム量とその化学形態およびその生体影響に関する研究
全件表示
論文 (37件):
  • Kaoru Yoshida, Min Gi, Masaki Fujioka, Isao Teramoto, Hideki Wanibuchi. Long-term administration of excess zinc impairs learning and memory in aged mice. The Journal of toxicological sciences. 2019. 44. 10. 681-691
  • 吉田 香, 池田佳菜, 岩崎祐佳, 片神美咲, 鴻野みさき. 収穫時期、地域の違いがニンニクとショウガの無機元素量に及ぼす影響-無機元素分析による産地判別への応用-. Trace Nutrients Research. 2017. 34. 18-23
  • 吉田 香, 伊藤 志保里, 清水 陽子, 中村 友佳里, 西野 寿美怜, 北村 真理. ミネラルおよび微量元素摂取量のモニタリング指標としての1日尿中排泄量の有効性. Trace Nutrients Research. 2015. 32. 44-48
  • 吉田 香, 魏 民, 山野 荘太郎. マンガン,亜鉛および銅の長期間投与が加齢マウスの学習・記憶能に与える影響について. Trace Nutrients Research. 2014. 31. 32-36
  • 吉田 香, 桐木 麻紀, 久保田 祐子. サプリメントによる微量元素過剰摂取の可能性について : サプリメントの使用実態・意識調査. Trace Nutrients Research. 2013. 30. 74-78
もっと見る
MISC (4件):
  • 梅澤 真樹子, 吉田 香. 新調理システムの栄養学的有用性について. 紀要. 2011. 59. 33-40
  • 井上嘉則, 吉田香, 黒田孝一, 圓藤吟史. LC-ICP-MSによる生体試料中ヒ素化合物の化学形態別定量:ヒ素の代謝研究への応用. 微量元素学会誌. 2001. 12. 11-23
  • 有機ヒ素化合物の環境循環と生物活性. 産業医学レビュー
  • ヒ素の環境循環と毒性. 環境技術
学歴 (4件):
  • - 1998 大阪市立大学 環境衛生学
  • - 1998 大阪市立大学
  • - 1979 京都府立大学 食品衛生学
  • - 1979 京都府立大学
学位 (1件):
  • 医学博士 (大阪市立大学)
経歴 (6件):
  • 2016/04 - 現在 同志社女子大学, 生活科学部 教授
  • 2010/04 - 2016/03 京都光華女子大学 健康科学部 教授
  • 2008/04 - 2010/03 京都光華女子大学 人間科学部 准教授
  • 2006/04 - 2008/03 京都光華女子大学 人間関係学部 准教授
  • 2004/04 - 2006/03 甲子園大学 栄養学部 助教授
全件表示
受賞 (1件):
  • 1999 - 大阪市医学会市長賞
所属学会 (4件):
日本分析化学会員 ,  日本微量元素学会員 ,  日本栄養改善学会 ,  日本微量栄養素学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る