研究者
J-GLOBAL ID:200901002832030130   更新日: 2020年05月08日

宮野 道雄

ミヤノ ミチオ | Miyano Michio
所属機関・部署:
職名: 学長補佐
研究分野 (3件): 防災工学 ,  家政学、生活科学 ,  家政学、生活科学
研究キーワード (2件): Safety of Housing ,  Safety of Region
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 日常生活における居住環境の安全
  • 自然災害に対する地域防災
  • Security of Living Environment in Daily Life
  • Disaster Prevention on Regional Scale
論文 (101件):
MISC (53件):
  • 能登半島地震. 「NHK生活ほっとモーニング」NHK出版. 2007. 82-85
  • 大学家政学部の歴史的変遷と現状・将来展望-大阪市立大学生活科学部の歴史的変遷と現状-. 家政学原論研究. 2007. 41. 28-30
  • 「アンケート調査による2004新潟県中越地震後の寒冷下での健康問題」に対する評論. 日本建築学会技術報告集. 2006. 24. 512
  • 地震から命を守る住まいの工夫. 名古屋住環境研究会第10回研究会資料. 2006. 56-64
  • 阪神・淡路大震災の応急仮設住宅における避難生活の諸問題. 日本生理人類学会誌. 1999. 4. 1. 7-12
もっと見る
書籍 (38件):
  • 地域変容に対応した避難行動要支援者のための地区共助計画
    大阪公立大学共同出版会 2019
  • 東日本大震災 石巻市における復興への足取りー家政学の視点で生活復興を見守ってー
    建帛社 2016
  • 東日本大震災 ボランティアによる支援と仮設住宅ー家政学が見守る石巻の2年半ー
    建帛社 2014
  • 東日本大震災ボランティアによる支援と仮設住宅 : 家政学が見守る石巻の2年半
    建帛社 2014 ISBN:9784767965192
  • Creating Home Economics Futures
    Australian Academic Press 2012
もっと見る
講演・口頭発表等 (7件):
  • 兵庫県南部地震後の住宅復興過程に関する時系列的研究 神戸市東灘区と淡路市北淡地区の地域比較
    (地域安全学会論文集 2017)
  • 地震時の人体被災度計測手法の開発
    (地域安全学会論文集 2011)
  • Study on Measurement Way of the Human Body Damage Caused by Earthquake - Dummy Development for Thoracic Compression Experiment -
    (2nd Casualty Workshop in Cambridge 2009)
  • Development of a Simulation Model for Earthquake Casualties due to Collapse of Buildings
    (2nd Casualty Workshop in Cambridge 2009)
  • A Study on Evaluation of Risk Factors in Daily Emergency in Osaka using Call-out Records of the Osaka Ciry Emergency Service in Elementary School Administrative Districts
    (2nd Casualty Workshop in Cambridge 2009)
もっと見る
Works (12件):
  • 地震時の人体被災計測ダミーの開発
    1999 -
  • 床下調湿剤の性能評価
    1999 -
  • マットのすべり・つまずきに関する研究
    1999 -
  • フィンランド,オランダにおける高齢者問題研究の動向調査
    1997 -
  • オーストラリアにおける日常生活事故の調査
    1996 -
もっと見る
学歴 (5件):
  • - 1980 東京都立大学 土木工学
  • - 1980 東京都立大学
  • - 1980 東京都立大学 土木工学
  • - 1974 福井大学 建設工学
  • - 1974 福井大学 建設工学
学位 (2件):
  • 工学博士 (東京都立大学)
  • Doctor of Engineering (Tokyo Metropolitan University)
経歴 (14件):
  • 2017/04/01 - 現在 大阪市立大学 学長・副学長等 学長補佐
  • 2016/04 - 現在 大阪市立大学 名誉教授
  • 2016/04 - 現在 大阪市立大学 学長補佐
  • 2016/04 - 現在 大阪市立大学 大学院生活科学研究科 特任教授
  • 2017/04 - 2019/03 大阪府立大学 教育研究会議委員
全件表示
委員歴 (45件):
  • 2018/02 - 現在 日本学術会議 連携会員
  • 2016/06 - 現在 一般社団法人地域安全学会 監事
  • 2011 - 現在 Institute of Social Safety Science President
  • 2011 - 現在 地域安全学会 会長
  • 2008/04 - 現在 日本自然災害学会 英文誌編集委員会委員
全件表示
受賞 (3件):
  • 2010/10 - 日本生理人類学会 日本生理人類学会賞
  • 2010/10 - 日本生理人類学会 日本生理人類学会賞
  • 2010/06 - 地域安全学会 地域安全学会技術賞
所属学会 (9件):
日本家政学会 ,  日本都市計画学会 ,  日本生理人類学会 ,  地域安全学会 ,  日本人間工学会 ,  日本自然災害学会 ,  日本地震学会 ,  土木学会 ,  日本建築学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る