研究者
J-GLOBAL ID:200901002930980367   更新日: 2020年09月01日

稲波 修

イナナミ オサム | Inanami Osamu
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): https://www.vetmed.hokudai.ac.jp/organization/radbiol/
研究分野 (5件): 獣医学 ,  獣医学 ,  環境政策、環境配慮型社会 ,  環境影響評価 ,  放射線科学
研究キーワード (34件): NADPHオキシダーゼ ,  好中球 ,  部位特異的スピンラベル法 ,  アポトーシス ,  プリオン ,  牛 ,  電子スピン共鳴法 ,  ネクローシス ,  生体防御 ,  細胞死 ,  構造生物学 ,  リンパ腫 ,  BSE ,  白血病 ,  カスパーゼ ,  突然変異 ,  スーパーオキシド ,  株化ガン細胞 ,  シグナル伝達 ,  制癌剤 ,  電子スピン共鳴(ESR) ,  抗酸化剤 ,  脳 ,  活性酸素 ,  双極子相互作用 ,  人獣共通感染症 ,  リン酸化酵素 ,  蛋白リン酸化酵素 ,  CJD ,  銅イオン ,  放射線生物学 ,  生理化学 ,  Radiation Biology ,  physiological chemistry
競争的資金等の研究課題 (58件):
  • 2020 - 2025 がん特異的代謝システムを標的とした新規セノリティックテラピー開発のための基盤研究
  • 2019 - 2022 電子スピン共鳴分光による悪性腫瘍の酸素及びpHの三次元イメージング法の開発
  • 2019 - 2022 鉄介在性細胞死フェロトーシス制御による新たながん放射線治療戦略の構築
  • 2018 - 2022 侵害受容体を介した病態痛発現メカニズムの解明と疼痛緩和への応用
  • 2019 - 2021 老化誘導がん治療を実現する質量分析イメージング診断法の開発
全件表示
論文 (176件):
  • Tomoki Bo, Tohru Yamamori, Kumiko Yamamoto, Masaki Fujimoto, Hironobu Yasui, Osamu Inanami. Mitochondrial fission promotes radiation-induced increase in intracellular Ca2+ level leading to mitotic catastrophe in mouse breast cancer EMT6 cells. Biochemical and biophysical research communications. 2020. 522. 1. 144-150
  • Hironobu Yasui, Daisuke Iizuka, Wakako Hiraoka, Mikinori Kuwabara, Akira Matsuda, Osamu Inanami. Nucleoside analogs as a radiosensitizer modulating DNA repair, cell cycle checkpoints, and apoptosis. Nucleosides, nucleotides & nucleic acids. 2020. 39. 1-3. 439-452
  • Mayuko Hashimoto, Natsuko Saito, Haru Ohta, Kumiko Yamamoto, Asuka Tashiro, Kosuke Nakazawa, Osamu Inanami, Hiroshi Kitamura. Inhibition of ubiquitin-specific protease 2 causes accumulation of reactive oxygen species, mitochondria dysfunction, and intracellular ATP decrement in C2C12 myoblasts. Physiological reports. 2019. 7. 14. e14193
  • Yoneshiro T, Shin W, Machida K, Fukano K, Tsubota A, Chen Y, Yasui H, Inanami O, Okamatsu-Ogura Y, Kimura K. Differentiation of bone marrow-derived cells toward thermogenic adipocytes in white adipose tissue induced by the β3 adrenergic stimulation. FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology. 2019. 33. 4. 5196-5207
  • Hari Narayan Bhilwade, Naoto Tatewaki, Tetsuya Konishi, Miyako Nishida, Takahiro Eitsuka, Hironobu Yasui, Osamu Inanami, Osamu Handa, Yuji Naito, Nobuo Ikekawa, et al. The Adjuvant Effect of Squalene, an Active Ingredient of Functional Foods, on Doxorubicin-Treated Allograft Mice. Nutrition and cancer. 2019. 71. 7. 1153-1164
もっと見る
MISC (72件):
  • Hironobu Yasui, Shingo Matsumoto, Osamu Inanami, Murali Cherukuri Krishna. [Imaging of Tumor-Specific Hypoxia Dynamics and Its Significance in Radiation Biology]. Igaku butsuri : Nihon Igaku Butsuri Gakkai kikanshi = Japanese journal of medical physics : an official journal of Japan Society of Medical Physics. 2020. 40. 1. 13-18
  • 山本 久美子, 安井 博宣, 藤本 政毅, 房 知輝, 稲波 修. 種々のがん細胞におけるミトコンドリア電子伝達系の放射線応答の解析. 日本獣医学会学術集会講演要旨集. 2019. 162回. 480-480
  • 福島 佑一郎, 安井 博宜, 藤本 政毅, 山本 久美子, 房 知輝, 稲波 修. ヒト肺がん由来A549細胞における解糖系の放射線応答性に関する研究. 日本獣医学会学術集会講演要旨集. 2019. 162回. 480-480
  • 藤本 政毅, 房 知輝, 山本 久美子, 安井 博宣, 稲波 修. ヒト肺腺がん由来A549細胞におけるグルタミノリシスを標的とする放射線増感効果. 日本獣医学会学術集会講演要旨集. 2019. 162回. 480-480
  • 東山 りつ子, 安井 博宣, 房 知輝, 山本 久美子, 藤本 政毅, 稲波 修. Glutamine代謝阻害がX線照射による早期細胞老化およびアポトーシスの誘導に与える影響の検討. 日本獣医学会学術集会講演要旨集. 2019. 162回. 481-481
もっと見る
特許 (2件):
書籍 (9件):
  • 放射線生物学
    近代出版 2015 ISBN:9784874022139
  • Applications of EPR in Radiation Research
    Springer 2014 ISBN:3319092154
  • 酸化ストレスの医学
    診断と治療社 2014 ISBN:9784787821188
  • 酸化ストレスの医学
    診断と治療社 2008 ISBN:9784787816566
  • Effects of the combination of thrombopoietin of other cytokines on survival of X-irradiated CD34+ Megakaryocytic progenitor cells from human placental and umbilical cord blood.
    Bull. Health Science, Hirosaki 2002
もっと見る
講演・口頭発表等 (345件):
  • 筋芽細胞におけるUSP2によるミトコンドリア機能制御
    (日本獣医学会学術集会講演要旨集 2019)
  • ヒト肺がん由来A549細胞における解糖系の放射線応答性に関する研究
    (日本獣医学会学術集会講演要旨集 2019)
  • 種々のがん細胞におけるミトコンドリア電子伝達系の放射線応答の解析
    (日本獣医学会学術集会講演要旨集 2019)
  • ヒト肺腺がん由来A549細胞におけるグルタミノリシスを標的とする放射線増感効果
    (日本獣医学会学術集会講演要旨集 2019)
  • Glutamine代謝阻害がX線照射による早期細胞老化およびアポトーシスの誘導に与える影響の検討
    (日本獣医学会学術集会講演要旨集 2019)
もっと見る
学歴 (5件):
  • 1982 - 1994 北海道大学 機能形態学専攻 修士課程修了
  • - 1987 北海道大学
  • 1978 - 1982 北海道大学 獣医学科 卒業
  • - 1982 北海道大学
  • 北海道大学 形態機能学専攻 博士課程修了
学位 (1件):
  • Ph.D (Hokkaido University)
経歴 (7件):
  • 2017/04 - 現在 北海道大学大学院獣医学院 応用獣医科学講座 放射線学教室 教授
  • 2008/05 - 2017/03 北海道大学大学院獣医学研究科 教授
  • 1996/11 - 2007/04 北海道大学大学院獣医学研究科 助教授
  • 1994/10 - 1996/10 岩手大学農学部 助教授
  • 1995/07 - 1996/04 スクリプス研究所 文科省在外研究員
全件表示
受賞 (2件):
  • 2003 - 日本獣医学会賞
  • 1993 - 若手奨励賞(オクラホマ医学研究財団)
所属学会 (6件):
日本酸化ストレス学会 ,  日本基礎老化学会 ,  日本生化学会 ,  電子スピンサイエンス学会 ,  日本放射線影響学会 ,  日本獣医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る