研究者
J-GLOBAL ID:200901002938706140   更新日: 2020年10月08日

三宮 基裕

サンノミヤ モトヒロ | Sannomiya Motohiro
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 建築計画、都市計画 ,  社会福祉学
研究キーワード (3件): 居住環境 ,  高齢者 ,  welfare environmental planning
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2016 - 2019 小都市における高齢者の転居阻害要因の解明と高齢者住宅の役割に関する研究
  • 2009 - 2010 農村高齢者のQOL向上に向けた福祉のまちづくり計画に関する研究
  • 1998 - 2000 痴呆性老人配慮の居住環境整備に関する研究 -アルツハイマー型と脳血管性との比較-
  • Study on planning the nursing homes for dementia
論文 (14件):
  • 三宮基裕. サービス付き高齢者向け住宅の住居水準と行為拠点のとられ方に関する研究. 2019
  • Motohiro Sannomiya, Byung Joon Hwang, Yoshihiro Suzuki. Mismatch between the quality of dwelling units and residents’ health condition in elderly housing with supportive services. Japan Architectural Review. 2019. 2. 1. 76-87
  • 三宮 基裕, 黄 昞峻, 鈴木 義弘. サービス付き高齢者向け住宅における住戸内の行為拠点のとられ方に関する考察. 日本建築学会計画系論文集. 2019. 755. 75-85
  • 三宮 基裕, 黄 昞峻, 鈴木 義弘. サービス付き高齢者向け住宅の住居水準と要介護状態の不適合に関する考察. 日本建築学会計画系論文集. 2018. 744. 199-208
  • 三宮 基裕, 鈴木 義弘, 黄 昞峻. サービス付き高齢者向け住宅居住者の住まい方に関する事例考察. 九州保健福祉大学研究紀要. 2015. 16. 23-32
もっと見る
MISC (21件):
  • 三宮 基裕. 高齢期の転居意向に関する調査報告. 日本建築学会研究報告. 九州支部. 3, 計画系. 2020. 55. 221-224
  • 三宮 基裕, 鈴木 義弘, 黄 ~峻. 住戸タイプと住戸面積の関係からみたユカ坐生活選択への影響 サービス付き高齢者向け住宅の居住面積水準に関する考察 その1. 建築計画. 2016. 2016. 955-956
  • 黄 ~峻, 鈴木 義弘, 三宮 基裕. 住戸面積の違いからみた住戸内の居場所と生活スタイル サービス付き高齢者向け住宅の居住面積水準に関する考察 その2. 建築計画. 2016. 2016. 957-958
  • 三宮 基裕, 鈴木 義弘, 黄 〓峻. サービス付き高齢者向け住宅の想定する入居者像と空間構成・支援形態の不適合に関する考察. 日本建築学会研究報告. 九州支部. 3, 計画系. 2016. 55. 157-160
  • 三宮 基裕, 鈴木 義弘, 黄 〓峻. 5551 都市規模からみたサービス付き高齢者向け住宅の空間構成と支援形態(サービス付き高齢者向け住宅,建築計画,学術講演会・建築デザイン発表会). 建築計画. 2015. 2015. 1101-1102
もっと見る
講演・口頭発表等 (19件):
  • 高齢期の転居意向に関する調査報告
    (日本建築学会研究報告. 九州支部. 3, 計画系 2020)
  • 住戸面積の違いからみた住戸内の居場所と生活スタイル サービス付き高齢者向け住宅の居住面積水準に関する考察 その2
    (建築計画 2016)
  • 住戸タイプと住戸面積の関係からみたユカ坐生活選択への影響 サービス付き高齢者向け住宅の居住面積水準に関する考察 その1
    (建築計画 2016)
  • サービス付き高齢者向け住宅の想定する入居者像と空間構成・支援形態の不適合に関する考察
    (日本建築学会研究報告. 九州支部. 3, 計画系 2016)
  • 5551 都市規模からみたサービス付き高齢者向け住宅の空間構成と支援形態(サービス付き高齢者向け住宅,建築計画,学術講演会・建築デザイン発表会)
    (建築計画 2015)
もっと見る
Works (4件):
  • 転換期における既存特別養護老人ホームの当面する居住環境の課題
    2003 -
  • 既存特別養護老人ホームにおけるユニットケア導入に関する基礎的研究
    2002 -
  • 住宅におけるモビリティ向上のための住宅改造・福祉用具の評価と開発
    2001 -
  • 痴呆性老人配慮の居住環境整備に関する研究-アルツハイマー型と脳血管性の比較-
    1998 - 2000
学歴 (3件):
  • 2012 - 2018 大分大学 環境工学専攻 博士後期課程
  • 1997 - 1999 大分大学 建設工学専攻 博士前期課程
  • 1993 - 1997 大分大学 建設工学科
学位 (2件):
  • 修士(工学) (大分大学)
  • 博士(工学) (大分大学)
所属学会 (3件):
日本痴呆ケア学会 ,  日本社会福祉学会 ,  日本建築学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る