研究者
J-GLOBAL ID:200901003349862015   更新日: 2020年05月15日

久保 隆

クボ タカシ | Kubo Takashi
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (5件): 化学物質影響 ,  放射線影響 ,  環境負荷、リスク評価管理 ,  環境材料、リサイクル技術 ,  環境負荷低減技術、保全修復技術
研究キーワード (6件): リスク評価 ,  家庭排水 ,  飲料水 ,  越境大気汚染 ,  浮遊粒子状物質 ,  遺伝毒性
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2012 - 2015 東アジア越境大気汚染がもたらす生物影響とその原因物質探索に関する国際的調査
  • 2012 - 2015 浄化槽放流水の遺伝子毒性の解明と塩素処理等による削減効果
  • 2011 - 2014 高リスク大気中六価クロムの極微量分析技術の高度化・評価活用と発生源・発生機構解明
  • 2011 - 2012 下水処理水の間接遺伝子毒性評価手法の開発
  • 2009 - 2012 東アジアにおける大気越境化学物質の動態および生物影響に関する国際的調査
全件表示
論文 (18件):
  • Yuji Takao, Takumi Atarashi, Takashi Kubo, Masaki Nagae, Tomoki Nakayama. Quantification of Imidazole Compounds in Ambient Aerosols at Suburban and Forest Sites in Western Japan. Asian Journal of Atmospheric Environment. 2019. 13. 4. 259-265
  • 久保 隆. 基準値等に関する理解と活用の深化を. 化学物質と環境. 2018. 150. 12-13
  • 久保 隆. 長崎大学における水銀系廃棄物の処理. 大学等環境安全協議会会誌. 2017. 41. 15-17
  • T.Kubo, L.Wang, T.Kameya, T.Kobayashi, H.Hu, K.Urano, T.Shigeoka. Quantitative Evaluation of the Genotoxic Activity of Japanese Tap Water Using the Umu Test. Journal of Water and Environment Technology. 2015. 13. 3. 291-300
  • T.Kubo, Y.Tabira. Dioxins Discharged from Liquid Organic Waste Incineration Facilities at Nagasaki University. Journal of Environment and Safety. 2013. 4. 2. 121-125
もっと見る
MISC (33件):
  • 久原憧子, 張甜甜, 長江真樹, 久保隆, 高尾雄二. 越境大気に含まれるヘテロサイクリックアミン類の分析. 大気環境学会年会講演要旨集. 2018. 59th. 441
  • 海田凌, 木本冴, 柏ぶん志, 長江真樹, 久保隆, 高尾雄二. 長崎県で捕集された大気中の多環芳香族炭化水素濃度と遺伝子毒性の季節変化と経年変化. 大気環境学会年会講演要旨集. 2018. 59th. 400
  • 田中勇希, 石蔵圭一郎, 常剣, 冨田幸則, 高尾雄二, 山口真弘, 久保隆, 長江真樹. 越境大気汚染物質のミジンコ急性・慢性毒性の周年変化とPAHsの影響. 大気環境学会年会講演要旨集. 2017. 58th. 425
  • 田中勇希, 常剣, 石蔵圭一郎, 張甜甜, 荒木めぐみ, 山口真弘, 久保隆, 高尾雄二, 長江真樹. 越境大気のミジンコ急性および慢性毒性評価とPAHs濃度との相関. 大気環境学会年会講演要旨集. 2016. 57th. 292
  • 高尾雄二, 長江真樹, 久保隆, 尾長谷靖. 大気中PMの変異原性及び急性毒性の季節変動と原因物質. 日本衛生学雑誌(Web). 2016. 71. Supplement. S138
もっと見る
書籍 (5件):
  • Bioassay and Bio-informatics -for Environmental Assessment and Medicinal Sciences-
    Kougaku-Tosho, Publishers, Ltd. 2011
  • 安全安心工学入門
    古今書院 2010
  • 国連ミレニアムエコシステム評価 生態系サービスと人類の将来
    オーム社 2007
  • 生態環境リスクマネジメントの基礎
    オーム社 2007
  • 水環境ハンドブック
    朝倉書店 2006
講演・口頭発表等 (70件):
  • PAH分子種によるミジンコ繁殖毒性の差異
    (第60回大気環境学会年会 2019)
  • 越境大気に含まれるヘテロサイクリックアミン類の分析
    (第59回大気環境学会年会 2018)
  • 長崎県で観測された多環芳香族炭化水素の濃度と遺伝子毒性の季節変動と経年変化
    (第59回大気環境学会年会 2018)
  • 長崎大学における水銀系廃棄物の処理
    (第32回大学等環境安全協議会技術分科会 2016)
  • 越境大気のミジンコ急性および慢性毒性評価とPAHs濃度との相関
    (第57回大気環境学会年会 2016)
もっと見る
Works (2件):
  • PRTR対象化学物質の水生生物毒性データベース
    2003 - 2004
  • 身近な地域で出されている有害化学物質についての情報 使いやすいPRTR情報 (H13年度~H15年度データ)
    2003 -
学歴 (2件):
  • 1997 - 2002 横浜国立大学 大学院工学研究科 物質工学専攻
  • 1994 - 1997 横浜国立大学 工学部 物質工学科
学位 (2件):
  • 博士(工学) (横浜国立大学)
  • 修士(工学) (横浜国立大学)
経歴 (12件):
  • 2018 - 現在 長崎大学大学院水産・環境科学総合研究科 環境科学領域 助教
  • 2011 - 2018 長崎大学産学官連携戦略本部共同研究支援部門 助教
  • 2007 - 2011 長崎大学共同研究交流センター 助教
  • 2007 - 2011 長崎大学
  • 2006 - 2007 長崎大学共同研究交流センター 助手
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2013 - 現在 公益社団法人 大気環境学会 九州支部役員
  • 2002 - エコケミストリー研究会 運営委員
受賞 (4件):
  • 2011/09 - 第20回日本工学教育協会賞著作賞 長崎大学工学部安全安心工学入門編集委員会編「安全安心工学入門~安全安心は長崎から~」
  • 2011/08 - クリタ水・環境科学研究優秀賞
  • 2009/03 - 平成20年度日本水環境学会九州支部研究発表会 優秀講演者賞
  • 2003/12 - 平成15年度ベンチャー・プラン・コンテスト優秀賞
所属学会 (4件):
日本環境化学会 ,  日本水環境学会 ,  エコケミストリー研究会 ,  大気環境学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る