研究者
J-GLOBAL ID:200901003505984690   更新日: 2020年07月15日

竹村 治雄

タケムラ ハルオ | Haruo Takemura
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 大阪大学  サイバーメディアセンター   教授
研究分野 (1件): ヒューマンインタフェース、インタラクション
論文 (429件):
  • The Effect of the Presence of an Embodied Agent in an AR Guiding System. 日本バーチャルリアリティ学会論文誌. 2020. 25. 2. 68-77
  • 3D Gesture Interface: Japan-Brazil Perceptions. 2019
  • 浦西 友樹, ホールドクロフト トレバー, 間下 以大, ラサミー ポチャラ, 竹村 治雄. 機械学習に基づくEpipolar Plane Imagesからの透明物体の屈折率推定. 2019
  • John Thomason, Photchara Ratsamee, Jason Orlosky, Kiyoshi Kiyokawa, Tomohiro Mashita, Yuki Uranishi, Haruo Takemura. A Comparison of Adaptive View Techniques for Exploratory 3D Drone Teleoperation. ACM Transactions on Interactive Intelligent Systems. 2019. 9. 2-3. 17:1-17:19
  • Evaluation of Pointing Interfaces with an AR Agent for Multi-section Information Guidance. 2019
もっと見る
MISC (131件):
  • 萓谷勇太, 大谷まゆ, Chenhui Chu, 中島悠太, 竹村治雄. コメディドラマにおける字幕と表情を用いた笑い予測. 2019年度人工知能学会全国大会. 2019
  • 下條 真司, 伊達 進, 清川 清, 安福 健祐, 竹村 治雄. 大阪大学サイバーメディアセンターでの可視化サービス. サイバーメディアHPCジャーナル. 2014. 4. 3-9
  • T. Yasunaga, A. Nakazawa, H. Takemura. Human-computer dance interaction with realtime accelerometer control. MM 2012 - Proceedings of the 20th ACM International Conference on Multimedia. 2012. 1157-1160
  • Christian Nitschke, Atsushi Nakazawa, Haruo Takemura. Image-based Eye Pose and Reflection Analysis for Advanced Interaction Techniques and Scene Understanding. 研究報告コンピュータビジョンとイメージメディア(CVIM). 2011. 2011. 31. 1-16
  • 遠隔協調作業支援のための装着型ProCamシステムを用いた三次元再構築. 電子情報通信学会 技術研究報告. 2011. MVE2010-75
もっと見る
受賞 (4件):
  • 2011 - ヒューマンインタフェース学会 学術奨励賞
  • 2009 - 日本バーチャルリアリティ学会 学術奨励賞
  • 2008 - ACM VRST 2009 Best Short Paper Award
  • 2007 - 日本バーチャルリアリティ学会 サイバースペース賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る