研究者
J-GLOBAL ID:200901004282931471   更新日: 2020年06月09日

松浦 友亮

マツウラ トモアキ | Matsuura Tomoaki
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (2件): 生物物理学 ,  ケミカルバイオロジー
研究キーワード (5件): 無細胞タンパク質合成系 ,  膜タンパク質 ,  タンパク質工学 ,  実験進化学 ,  進化分子工学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • (1)分子進化工学的手法の開発・改良 (2)蛋白質の人工進化 (3)蛋白質翻訳機構の解明
論文 (23件):
  • Noba K, Ishikawa M, Uyeda A, Watanabe T, Hohsaka T, Yoshimoto S, Matsuura T, Hori K. Bottom-up Creation of an Artificial Cell Covered with the Adhesive Bacterionanofiber Protein AtaA. Journal of the American Chemical Society. 2019
  • Ogawa M, Uyeda A, Harada K, Sato Y, Kato Y, Watanabe H, Honda K, Matsuura T. Class III polyphosphate kinase 2 enzymes catalyze the pyrophosphorylation of adenosine-5'-monophosphate. Chembiochem : a European journal of chemical biology. 2019
  • Dwidar M, Seike Y, Kobori S, Whitaker C, Matsuura T, Yokobayashi Y. Programmable Artificial Cells Using Histamine-Responsive Synthetic Riboswitch. Journal of the American Chemical Society. 2019
  • Religia P, Kato Y, Fukushima EO, Matsuura T, Muranaka T, Watanabe H. Atrazine exposed phytoplankton causes the production of non-viable offspring on Daphnia magna. Marine environmental research. 2019. 145. 177-183
  • Ismail NIB, Kato Y, Matsuura T, Watanabe H. Generation of white-eyed Daphnia magna mutants lacking scarlet function. PloS one. 2018. 13. 11. e0205609
もっと見る
MISC (24件):
もっと見る
特許 (1件):
受賞 (4件):
  • 2016/09 - 日本生物工学会 第52回 日本生物工学会研究奨励賞(斎藤賞) 「セルフリータンパク質合成系を用いた進化分子工学技術の開発」
  • 2015/07 - 第4回 大阪大学総長奨励賞(研究部門)
  • 2014/07 - 第3回 大阪大学総長奨励賞(研究部門)
  • 2009/04 - 日本酵素工学研究会 酵素工学研究会奨励賞 「無細胞翻訳系を利用したタンパク質の機能改変に関する研究」
所属学会 (2件):
日本生物物理学会 ,  日本生物工学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る