研究者
J-GLOBAL ID:200901004667725554   更新日: 2020年06月09日

林 祥剛

ハヤシ ヨシタケ | Hayashi Yoshitake
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 人体病理学
研究キーワード (5件): 血液病学 ,  循環器病学 ,  肝臓病学 ,  新興再興感染症 ,  病理学
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2016 - 2019 インドネシアにおける肝疾患の早期診断治療への教育システムの確立
  • 2014 - 2017 肺腺癌浸潤における癌幹細胞の役割についてのiPS細胞技術を用いた研究
  • 2014 - インドネシアにおける新興・再興感染症の国際共同研究拠点形成
  • 2013 - インドネシアにおける新興・再興感染症の国際共同研究拠点形成
  • 2012 - インドネシアにおける新興・再興感染症の国際共同研究拠点形成
全件表示
論文 (222件):
  • Liang Y, Yano Y, Putri WA, Mardian Y, Okada R, Tanahashi T, Murakami Y, 林 祥剛. Early changes in quasispecies variant after antiviral therapy for chronic hepatitis B. Mol Med Rep. 2018. 17. 4. 5528-5537
  • Hatazawa Y, Yano Y, Okada R, Tanahashi T, Hayashi H, Hirano H, Minami A, Kawano Y, Tanaka M, Fukumoto T, Murakami Y, Yoshida M, 林 祥剛. Quasispecies variant of pre-S,S gene in HBV-related hepatocellular carcinoma with HBs antigen positive and occult infection. Infect Agent Cancer. 2018. 13. 7
  • LiangY, YanoY, PutriWA, MardianY, OkadaR, TanahashiT, MurakamiY, HayashiY. Early changes in quasispecies variant after antiviral therapy for chronic hepatitis B. Mol Med Rep. 2018
  • Yamamoto K, Yakushijin K, Inui Y, Kawamoto S, Kajimoto K, 林 祥剛, Matsuoka H, Minami H. Megakaryoblastic transformation of therapy-related myeloid neoplasms with concomitant MYC amplification on double minute chromosomes. Int J Hematol. 2017. 106. 6. 729-731
  • Yamani LN, Yano Y, Utsumi T, Wasityastuti W, Rinonce HT, Widasari DI, Juniastuti, Lusida MI, Soetjipto, 林 祥剛. Profile of Mutations in the Reverse Transcriptase and Overlapping Surface Genes of Hepatitis B Virus (HBV) in Treatment-Naïve Indonesian HBV Carriers. Jpn J Infect Dis. 2017. 70. 6. 647-655
もっと見る
MISC (13件):
  • Kim SK, Kim SR, Imoto S, Kim CW, Matsuoka T, Sasaki M, Nakashima O, Kumabe T, 林 祥剛. Confluent hepatic fibrosis in alcohol liver cirrhosis with elevated pivkaii value - usefulness of immunostaining for EZH2 and p16INK4a in differentiating it from cholangiolocellular carcinoma. Confluent hepatic fibrosis. 2016
  • Yano Y, Utsumi T, Lusida MI, 林 祥剛. Hepatitis B virus infection in Indonesia. World J Gastroenterol. 2015. 21. 38. 10714-20
  • YanoY, UtsumiT, LusidaMI, HayashiY. Hepatitis B virus infection in Indonesia. World J Gastroenterol. 2015. 21. 38. 10714-20
  • 内海孝子, 清水一史, 小瀧将裕, 亀岡正典, 白川利朗, 堀田博, 林祥剛. 【「感染症研究国際ネットワーク推進プログラム(J-GRID)」10年のあゆみ】 神戸大学インドネシア拠点のあゆみと実績. 最新医学. 2015. 70. 4号. 745-753
  • Yano Y, Azuma T, Hayashi Y. Variations and mutations in the hepatitis B virus genome and their associations with clinical characteristics. World J Hepatol. 2015. 7. 3. 583-92
もっと見る
書籍 (3件):
  • はじめの一歩のイラスト病理学 第2版 / 7章 感染症
    羊土社 2017
  • はじめの一歩のイラスト病理学 / はじめの一歩のイラスト病理学 7章 感染症
    はじめの一歩のイラスト病理学 / はじめの一歩のイラスト病理学 7章 感染症 2012
  • はじめの一歩のイラスト病理学
    羊土社 2012
講演・口頭発表等 (200件):
  • A crude extract from Cananga odorata exhibits antiviral activity against hepatitis B virus
    (日本薬学会第139年会 2019)
  • CRISPR/Cas9 System Targeting Regulatory Genes of HIV-1 Inhibits Viral Replication in Infected T-Cell Cultures
    (第41回日本分子生物学会年会 2018)
  • 進行肝疾患おけるHBVウイルス多様性の変化-インドネシア人の次世代シークエンサーを用いた解析から
    (第54回日本肝臓学会総会 2018)
  • Reduced muscle (radio) density and Barcelona Clinic Liver Cancer (BCLC) staging are independently survival prognostic of Indonesia hepatocellular carcinoma (HCC) patients
    (Internatinal Digestive Disease Forum (IDDF) 2018 2018)
  • Profile of HBx variation in relation to HCC development among Indonesian patients
    (第25回アジア太平洋 肝臓学会シングルトピックカンファレンス横浜(APASL STC Yokohama) 2018)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1985 神戸大学 大学院医学研究科博士課程病理学系専攻単位修得退学
学位 (1件):
  • 医学博士 (東京大学)
委員歴 (2件):
  • 日本臨床細胞学会 指導医
  • 日本病理学会 評議員
受賞 (5件):
  • 2016/12 - The Asian Pacific Association for the Study of the Liver (APASL) Single Topic Conference, 6th HBV Conference Best-Poster Presentation Award Single-Nucleotide Polymorphism in HLA DPA1 Gene Associates with Occult Hepatitis B Infection (OBI) in Indonesian Blood Donors.
  • 2011/09 - 日本臨床分子形態学会 平成23年度日本臨床分子形態学会論文賞 Novel assessment of hepatic iron distribution by synchrotron radiation X-ray fluorescence microscopy MMM43(1):19-25.
  • 2011/09 - 日本臨床分子形態学会 平成23年度日本臨床分子形態学会論文賞 Novel assessment of hepatic iron distribution by synchrotron radiation X-ray fluorescence microscopy MMM43(1):19-25
  • 2008/10 - 日本肝臓学会大会 秀逸ポスター 在日日本人、在日コリアン、在中国中国人、在中国コリアンにおけるE型肝炎ウイルス感染率に関する疫学的研究
  • 2008/04 - The 43rd European association for the study of the liver (EASL) Poster award SUPERIORITY OF CT ARTERIOPORTAL ANGIOGRAPHY TO CONTRAST- ENHANCED CT AND MRI IN THE DIAGNOSIS OF HEPATOCELLULAR CARCINOMA IN NODULES SMALLER THAN 2 CM
所属学会 (11件):
American Association for the Study of Liver Diseases ,  United States and Canadian Academy of Pathology ,  American Association for Cancer Research ,  国際病理アカデミー ,  分子病理研究会 ,  日本肝癌研究会 ,  日本肝臓学会 ,  日本臨床細胞学会 ,  日本癌学会 ,  日本細胞血液学会 ,  日本病理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る