研究者
J-GLOBAL ID:200901004706406178   更新日: 2019年04月23日

小畑 陽子

オバタ ヨウコ | OBATA Yoko
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (1件): 腎臓内科学
研究キーワード (3件): 腎臓 ,  透析 ,  内科一般
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2004 - 腎・腹膜線維化に対するメカニズム・治療
論文 (54件):
  • Kitamura M, Hisano S, Kurobe Y, Abe S, Ota Y, Sawayama Y, Uramatsu T, Obata Y, Fukuoka J, Miyazaki Y, Mukae H, Nishino T. Membranous Nephropathy with Crescent after Hematopoietic Cell Transplantation. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2019. 58. 1. 91-96
  • Kitamura M, Obata Y, Ota Y, Muta K, Yamashita H, Harada T, Mukae H, Nishino T. Significance of subepithelial deposits in patients diagnosed with IgA nephropathy. PloS one. 2019. 14. 2. e0211812
  • Kamijo M, Kitamura M, Muta K, Uramatsu T, Obata Y, Nozu K, Kaito H, Iijima K, Mukae H, Nishino T. A case of mild phenotype Alport syndrome caused by COL4A3 mutations. CEN case reports. 2017. 6. 2. 189-193
  • Oka S, Obata Y, Torigoe K, Torigoe M, Abe S, Muta K, Ota Y, Kitamura M, Kawasaki S, Hirose M, Uramatsu T, Yamashita H, Arai H, Mukae H, Nishino T. A Comparative Study of the Hemoglobin-Maintaining Effects Between Epoetin-β Pegol and Darbepoetin-α in Patients with Chronic Kidney Disease During 3 Months Before Dialysis Initiation. Drugs in R&D. 2017. 17. 3. 389-396
  • Oka S, Obata Y, Sato S, Torigoe K, Sawa M, Abe S, Muta K, Ota Y, Kitamura M, Kawasaki S, Hirose M, Uramatsu T, Mukae H, Nishino T. Serum Endocan as a Predictive Marker for Decreased Urine Volume in Peritoneal Dialysis Patients. Medical science monitor : international medical journal of experimental and clinical research. 2017. 23. 1464-1470
もっと見る
MISC (4件):
書籍 (6件):
  • 薬剤師がはじめるフィジカルアセスメントIII 異常所見から副作用を疑う 8 腎臓系の副作用
    南江堂 2011
  • 腹膜透析の疑問に答える
    2017
  • 患者さんの明るい未来のために~専門医とかかりつけ医の連携強化を~.
    2018
  • 腎と透析別冊 腹膜透析2018.
    2018
  • エビデンスに基づくCKD診療ガイドライン2018
    2018
もっと見る
講演・口頭発表等 (17件):
  • Small interferring RNA targeting heat shock protein 47 ameriolates renal tubulointerstitial fibrosis in unilateral obstruction
    (第38回アメリカ腎臓学会 2004)
  • カチオン化ゼラチン粒子を用いたHSP47 siRNA投与による腹膜肥厚抑制効果の検討
    (2004年日本腎臓学会総会 2004)
  • カチオン化ゼラチン粒子を用いた腹膜線維症における遺伝子治療の試み-HSP47 siRNA投与による検討-
    (第10回日本腹膜透析研究会 2004)
  • Suppression of Peritoneal Fibrosis by HSP47 siRNA conjugated with cationized gelatin microspheres.
    (第37回アメリカ腎臓学会 2004)
  • Angiotensin II-induced VEGF facilitates glomerular capillary repair in mouse mesangial proliferative glomerulonephritis model.
    (第38回アメリカ腎臓学会 2004)
もっと見る
Works (2件):
  • Japan Fluid Study
    2003 -
  • 腎・腹膜線維症における遺伝子治療の試み
    2004 -
学歴 (2件):
  • - 2000 長崎大学 医学部
  • - 2005 長崎大学 医学系研究科
学位 (1件):
  • 博士(医学) (長崎大学)
経歴 (4件):
  • 2005 - 2006 長崎大学医学部・歯学部附属病院第2内科 職員(医療系)
  • 2006 - 2008 北松中央病院 職員(医療系)
  • 2008 - 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科(医学系) 助教
  • 2008 - 長崎大学病院医療教育開発センター 助教
受賞 (5件):
  • 2018 - 第11回良順教育賞
  • 2012/05 - 第55回日本腎臓学会優秀演題賞
  • 2004 - 第11回バクスターPD研究基金 熊野賞
  • 2004 - 第10回日本腹膜透析研究会優秀ポスター賞
  • 2005 - EuroPD 2005 Best basic science oral
所属学会 (3件):
日本内科学会 ,  日本腎臓学会 ,  日本透析医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る