研究者
J-GLOBAL ID:200901004960055369   更新日: 2022年01月22日

松川 弘明

マツカワ ヒロアキ | Hiroaki Matsukawa
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 安全工学 ,  社会システム工学
研究キーワード (4件): 生産管理 ,  物流管理 ,  在庫管理 ,  サプライチェーンマネジメント
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2021 - 2024 組み立てラインと部品加工の同期化を考慮したスケジューリング手法に関する研究
  • 2013 - 2018 SC途絶リスクマネジメントの方法論およびシステム構築に関する研究
論文 (83件):
MISC (10件):
  • 松川弘明. サプライチェーン情報バンク -「情報共有」という最適解 --. リスクマネジメント TODAY. 2021. 128. 128. 10-13
  • 松川弘明. 主張/日本型スマート工場で勝つ. 日刊工業新聞. 2020
  • Matsukawa H, Minner S, Nakashima K. Industry4.0 and Production Economics. International Journal of Production Economics. 2020. 226
  • 松川弘明. "次世代スマート工場の エンジニアリング手法の確立に向けて". ENAAレポート. 2020. 154. 24-25
  • Matsukawa H, Minner S, Nakashima K. Editorial. International Journal of Production Economics. 2020
もっと見る
書籍 (11件):
  • サプライチェーン情報バンク:協力が競争力を創生する
    日本マネジメント研修センター 2021
  • "サプライチェーン情報バンク 研究会報告書"
    JMFI 2019
  • サプライチェーンリスク管理と人道支援ロジスティクス
    近代科学社 2015
  • サプライチェーンマネジメント入門
    朝倉書店 2008
  • 現代生産管理
    2003
もっと見る
講演・口頭発表等 (68件):
  • DX方法論
    (JMFI新春賀詞交換会 2022)
  • サプライチェーン見える化システムによる途絶リスク対策
    (経団連「サプライチェーンDXウェビナー」 2021)
  • サプライチェーン情報データバンク構想について
    (JMFI会員企業交流会 2019)
  • サプライチェーンのデータ連携を可能にする〝SC情報バンク構想′′について
    (JMFI年次総会 2019)
  • サプライチェーン情報バンク
    (アジアシームレス物流展 2019)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1989 - 1992 東京工業大学 経営工学専攻
学位 (2件):
  • 博士(工学) (東京工業大学)
  • 博士(工学) (Tokyo Institute of Technology)
経歴 (16件):
  • 2017/04/01 - 現在 慶應義塾大学理工学部研究奨励・交流委員会 理工学部管理工学科 研究奨励・交流委員会
  • 2006/04 - 現在 東京工業大学特任教授
  • 2006/04 - 現在 慶應義塾大学理工学部管理工学科教授
  • 2017/04/01 - 2019/09/30 慶應義塾大学理工学部研究奨励・交流委員会 理工学部管理工学科 研究奨励・交流委員会
  • 2008/01 - 2016/03/31 慶應義塾大学理工学部国際交流委員会委員
全件表示
委員歴 (58件):
  • 2021/06/01 - 現在 JMFI事業開発推進会議 議長
  • 2021/06/01 - 現在 JMFI事業開発推進会議 議長
  • 2018/04/01 - 現在 ENAA次世代スマート工場のエンジニアリング手法研究会 主査
  • 2018/04/01 - 現在 ENAA次世代スマート工場のエンジニアリング手法研究会 主査
  • 2013/01 - 現在 Information Editor
全件表示
受賞 (2件):
  • 2015/05/16 - 日本経営工学会 学会賞(学術) 生産物流研究における顕著な功績
  • 1993/05 - 日本経営工学会 研究奨励賞 1992年度論文賞(若手)
所属学会 (5件):
スケジューリング学会 ,  日本経営工学会 ,  日本オペレーションズリサーチ学会 ,  Informs ,  Asian Association of Management Science and Application
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る