研究者
J-GLOBAL ID:200901004996742583   更新日: 2019年10月07日

高須 夫悟

タカス フウゴ | TAKASU Fugo
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (3件):
ホームページURL (2件): http://gi.ics.nara-wu.ac.jp/~takasuhttp://gi.ics.nara-wu.ac.jp/~takasu
研究分野 (1件): 生物物理学
研究キーワード (1件): 生物集団の構造並びに進化に関する数理的研究
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2010 - 空間個体群動態ならびに空間進化動態
  • 鳥類の育児寄生における共進化の理論的研究
  • 動物の分散に関する理論的研究
  • 進化動態に関する数理的研究
論文 (29件):
  • 高須夫悟, Hamada Miki and Fugo Takasu. Equilibrium properties of the spatial SIS model as a point pattern dynamics - How is infection distributed over space?. 2019. 468. 12-26
  • 高須夫悟. マツ枯れ進展における潜在感染木の役割に関する数理的研究. 日本森林学会誌101巻1号30-34. 2019. 101. 1. 30-34
  • 高須夫悟. How can distinct egg polymorphism be maintained in the rufescent prinia (Prinia rufescens) - plaintive cuckoo (Cacomantis merulinus) interaction - a modeling approach. 2017. 1-8
  • 高須夫悟. Ancient origin and maternal inheritance of blue cuckoo eggs. 2016. 7. 10272
  • 高須夫悟. Modeling the cuckoo's brood parasitic behavior in the presence of egg polymorphism. 2016. 34. 127-132
もっと見る
MISC (22件):
  • 高須夫悟. How many eggs should be laid in one's own nest and others' in intra-specific brood parasitism?. 2004. 46. 221-229
  • 高須夫悟. Survival and anti-parasite defense in a host metapopulation under heavy brood parasitism: a source-sink dynamic model (co-author). 2004. 22. 143-151
  • 高須夫悟. How does spatio-temporal disturbance influence species diversity in a hierarchical competitive system? Prospective order of species coexistence and extinction (共著). 2003. 45. 239-247
  • 高須夫悟. Modeling biological invasions into periodically fragmented environments(共著). 2003. 64. 291-302
  • 高須夫悟. Co-evolutionary dynamics of egg appearance in avian brood parasitism. 2003. 5. 345-362
もっと見る
書籍 (13件):
  • 新人口論-生態学的アプローチ¥nHow many people can the earth support? Joel. E. Cohen¥n共訳
    新人口論-生態学的アプローチ¥n農山漁村文化協会, 656 pages 1998
  • 数理生態学と鳥類学-托卵を題材にして- 第8章執筆(191-222)
    これからの鳥類学¥n山岸哲・樋口広芳 共編 裳華房 2002
  • Biological invasion into periodically fragmented environments: a diffusion-reaction model(共著)
    2003
  • 持続不可能性 - 環境保全のための複雑系理論入門(共訳)¥nFragile Dominion by Simon Levin (1999) Perseus Publishing, Cambridge, Massachusetts
    持続不可能性 - 環境保全のための複雑系理論入門 文一総合出版 2003
  • リンデンマイヤー・システムとしての植物根系の形態(共著)
    生物の形の多様性と進化 - 遺伝子から生態系まで -¥n関村利朗・野地澄晴・森田利仁 共編 裳華房 第14章 2003
もっと見る
講演・口頭発表等 (37件):
  • 連続空間上の個体ベース個体群動態とその数理的取り扱いについて
    (第21回日本数理生物学会(明治大学 9月13- 15日)企画シンポジウム「空間的制約下におけるダイナミクス」 2011)
  • 個体の視点から組み立てる個体群動態モデル
    (個体群生態学会 第27回大会(岡山大学 10月14- 16日) 企画シンポジウム「個体ベースで考える集団の争い」 2011)
  • 鳥類育児寄生における卵色多型の集団遺伝モデル
    (日本鳥学会員近畿地区懇談会第103回例会 2011)
  • Individual-based models of spatial population/evolutionary dynamics
    (2012)
  • An individual-based stochastic population dynamics of the Rock Ptarmigan in Japan
    (2012)
もっと見る
Works (6件):
  • Evolution of host defense in avian brood parasitism
    2002 -
  • Coevolution of avian brood parasites and their hosts
    2003 - 2005
  • Brood parasitism in arctic area
    2005 -
  • Avian brood parasitism
    2005 -
  • Evolution of competition
    2005 - 2005
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1990 京都大学 理学部 生物物理学
  • 1990 - 1994 京都大学 理学研究科 生物物理学
学位 (1件):
  • 博士(理学) (京都大学)
経歴 (5件):
  • 1994/04 - 1994/08 日本学術振興会特別研究員 DC
  • 1994/09 - 1996/12 奈良女子大学理学部助手
  • 1997/01 - 2000/11 奈良女子大学理学部講師
  • 2000/11 - 2006/12 奈良女子大学理学部助教授
  • 2007/01 - 奈良女子大学理学部教授
委員歴 (3件):
  • 日本鳥学会 英文誌編集委員、広報委員
  • 日本数理生物学会 運営委員
  • 2002 - 2003 日本生態学会 近畿地区会事務局幹事
受賞 (2件):
  • 2007/07 - The Akira Okubo Prize
  • 2007/03 - 日本生態学会 Ecological Research 論文賞(2007年度)
所属学会 (3件):
日本鳥学会 ,  日本数理生物学会 ,  日本生態学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る