研究者
J-GLOBAL ID:200901005356434684   更新日: 2020年09月01日

椛島 健治

カバシマ ケンジ | Kabashima Kenji
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.kuhp.kyoto-u.ac.jp/~skin/http://cabio.cocolog-nifty.com/blog/
研究分野 (4件): 皮膚科学 ,  皮膚科学 ,  免疫学 ,  薬理学
研究キーワード (36件): 皮膚免疫 ,  樹状細胞 ,  脂質メディエーター ,  ホーミング ,  ケモカイン ,  プロスタグランジン ,  自己免疫疾患 ,  T細胞 ,  抗体産生細胞 ,  皮膚 ,  ライブイメージング ,  FTY720 ,  免疫 ,  制御性T細胞 ,  T細胞サブセット ,  外的刺激 ,  データベース ,  形質細胞 ,  紫外線 ,  免疫抑制 ,  薬剤 ,  移植片対宿主反応 ,  好酸球 ,  接触過敏反応 ,  紅斑 ,  抗原提示 ,  発癌 ,  接触皮膚炎 ,  ランゲルハンス細胞 ,  光線過敏 ,  薬理学一般 ,  免疫学 ,  皮膚科学 ,  Dermatology ,  Immunology ,  Phomacology
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2015 - 2019 皮膚を場とする外的刺激に対する生体応答機構の包括的解明
  • 2015 - 2017 誘導型皮膚関連リンパ様組織(iSALT)の役割の解明
  • 2015 - 2016 新規に同定した血管周囲脂肪組織による代謝と免疫のクロストーク
  • 2015 - 2016 皮膚を場とした血管と免疫システム間のインターフェイスの理解
  • 2014 - 2014 偏光感受型光コヒーレンストモグラフィーを用いた非侵襲的皮膚疾患診断機器の開発
全件表示
論文 (476件):
  • Teruki Dainichi, Saeko Nakajima, Masashi Iwata, Kenji Kabashima. Net Effects of NETs: New Concepts. The Journal of investigative dermatology. 2020. 140. 5. 939-941
  • Saeko Nakajima, Hiroki Kabata, Kenji Kabashima, Koichiro Asano. Anti-TSLP antibodies: Targeting a master regulator of type 2 immune responses. Allergology international : official journal of the Japanese Society of Allergology. 2020. 69. 2. 197-203
  • So-Ichiro Hirata, Takahiro Nagatake, Kento Sawane, Koji Hosomi, Tetsuya Honda, Sachiko Ono, Noriko Shibuya, Emiko Saito, Jun Adachi, Yuichi Abe, et al. Maternal ω3 docosapentaenoic acid inhibits infant allergic dermatitis through TRAIL-expressing plasmacytoid dendritic cells in mice. Allergy. 2020
  • Azusa Saika, Takahiro Nagatake, Shigenobu Kishino, Si-Bum Park, Tetsuya Honda, Naomi Matsumoto, Michiko Shimojou, Sakiko Morimoto, Prabha Tiwari, Eri Node, et al. 17(S),18(R)-epoxyeicosatetraenoic acid generated by cytochrome P450 BM-3 from Bacillus megaterium inhibits the development of contact hypersensitivity via G-protein-coupled receptor 40-mediated neutrophil suppression. FASEB BioAdvances. 2020. 2. 1. 59-71
  • Sachiko Ono, Gyohei Egawa, Takashi Nomura, Akihiko Kitoh, Teruki Dainichi, Atsushi Otsuka, Saeko Nakajima, Masayuki Amagai, Fumi Matsumoto, Mami Yamamoto, et al. Abl family tyrosine kinases govern IgG extravasation in the skin in a murine pemphigus model. Nature Communications. 2019. 10. 1
もっと見る
MISC (127件):
  • Jumpei Tahara, Yo Kaku, Riko Takimoto Ito, Hiroyuki Irie, Yuichiro Endo, Gyohei Egawa, Teruki Dainichi, Kenji Kabashima. Amelanotic melanoma of the nail apparatus with regression previously diagnosed as melanoma of unknown primary site with a lymph node metastasis: A case report. Journal of Dermatology. 2020. 47. 2. e36-e38
  • T. Komatsu-Fujii, T. Dainichi, Y. Kaku, T. Murata, T. Nomura, K. Kabashima. Anti-laminin γ1 pemphigoid with IgE autoantibodies. Journal of the European Academy of Dermatology and Venereology. 2020
  • 足立 剛也, 岡野 光博, 椛島 健治, 近藤 健二, 今野 哲, 佐伯 秀久, 園部 まり子, 長尾 みづほ, 檜澤 伸之, 福島 敦樹, et al. 免疫アレルギー疾患研究10か年戦略2030:「見える化」による安心社会の醸成. アレルギー. 2020. 69. 1. 23-33
  • T. Komatsu-Fujii, T. Honda, J. Tahara, C. Yamashita, T. Oguma, T. Dainichi, K. Kabashima. Efficacy of intravenous immunoglobulins for laryngopharyngeal lesions and upper airway obstruction in epidermolysis bullosa acquisita. Journal of the European Academy of Dermatology and Venereology. 2019
  • 堀口 亜有未, 楠葉 展大, 石田 雄大, 加来 洋, 平田 勝啓, 遠藤 雄一郎, 大日 輝記, 椛島 健治. G-CSF産生臀部有棘細胞癌の1例. 臨床皮膚科. 2018. 72. 12. 993-998
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1996 京都大学 医学科
  • - 1996 京都大学
学位 (1件):
  • 医学博士 (京都大学 大学院医学研究科)
経歴 (1件):
  • 2014 - 2015 京都大学 医学(系)研究科(研究院) 准教授
所属学会 (3件):
日本免疫.再生医学会 ,  日本免疫学会 ,  日本皮膚科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る