研究者
J-GLOBAL ID:200901005574525144   更新日: 2019年11月28日

田村 和夫

タムラ カズオ | TAMURA Kazuo
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 内科学一般(含心身医学) ,  血液内科学
研究キーワード (5件): がん化学療法 ,  支持療法 ,  老年腫瘍学 ,  日和見感染症 ,  臨床試験
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2006 - 2007 Am80による細胞遊走および転移関連蛋白CXCR4の調節機構
論文 (132件):
  • Toshihiro Tanaka, Hiromi Yamada, Masahide Kuroki, Shohta Kodama, Kazuo Tamura and Yasushi Takamatsu. A Modified Adenovirus Vector-Mediated Antibody Screening Method Identifies EphA2 as a Cancer Target1. Translational Oncology. 2017. 10. 4. 476-484
  • H. Sasaki1 · K. Tamura2 · Y. Naito1 · K. Ogata3 · A. Mogi1 · T. Tanaka1 · Y. Ikari1 · M. Masaki1 · Y. Nakashima1 · Y. Takamatsu1. Patient perceptions of symptoms and concerns during cancer chemotherapy: ‘affects my family’ is the most important. Int J Clin Oncol. 2017. 22. 793-800
  • Yoshida Y, Mogi A, Aisu N, Yamada T, Matsuoka T, Kojima D, Mera T, Koganemaru T, Kiyomi F, Noda K, Takamatsu Y, Tamura K, Yamashita Y, Hasegawa S. Objective evaluation of oxaliplatin-induced vascular pain secondary to peripheral vein administration. Springerplus. 2016
  • 緒方 憲太郎、田村 和夫、清見 文明、髙松 泰、神村 英利. 高齢者への多剤投与ががん化学療法に影響を及ぼす因子に関する後方視的探索研究. Jpn J Cancer Chemother. 2016. 43. 13. 2523-2529
  • Togawa, A., Toh, H., Onozawa, K., Yoshimura, M., Tokushige, C., Shimono, N., Takata, Y., Tamura, K. Influence of the bacterial phenotypes on the clinical manifestations in Klebsiella pneumoniae bacteremia patients: A retrospective cohort study. J. Infect. Chemother. 2015. 21. 531-537
もっと見る
書籍 (27件):
  • 癌治療ハンドブック第2版
    文光堂 2003
  • がん治療副作用対策マニュアル(編著)
    南江堂 2003
  • がん看護 『外来化学療法のすすめ』
    南江堂 2003
  • 医学のあゆみ『アントラサイクリン系抗腫瘍性抗生物質』
    医歯薬出版 2005
  • 悪性腫瘍のとらえかた-眼でみるベッドサイドの病態生理
    文光堂 2005
もっと見る
講演・口頭発表等 (35件):
  • 血液学と臨床腫瘍学の接点を求めて
    (第68回日本血液学会・第48回日本臨床血液学会合同総会 パネルディスカッション 2006)
  • 当院緩和ケアチームの問題点
    (日本緩和医療学会総会第12回 2007)
  • 化学療法におけるdose intensityの重要性
    (第70回日本血液学会総会 2008)
  • 福岡大学病院における慢性骨髄性白血病の治療評価
    (第19回日本医療薬学会年会 2009)
  • 発熱性好中球減少症のマネージメント
    (第84回日本感染症学会学術講演会 2010)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1974 九州大学 医学部 医学
学位 (1件):
  • 博士(医学) (九州大学)
経歴 (7件):
  • 1975/07/01 - 1978/06/30 マウントサイナイ病院系エルムハースト総合病院内科インターン、レジデント
  • 1978/07/01 - 1980/06/30 ロズウェルパーク記念研究所腫瘍内科学フェローシップ
  • 1980/08/11 - 1981/04/15 宮崎県立宮崎病院内科副医長
  • 1981/04/16 - 1981/12/31 宮崎医科大学第二内科助手
  • 1982/01/01 - 1991/12/31 宮崎県立宮崎病院内科医長
全件表示
所属学会 (17件):
日本内科学会 ,  日本臨床腫瘍学会 ,  日本リンパ網内系学会 ,  日本血液学会 ,  日本感染症学会 ,  日本乳癌学会 ,  日本癌治療学会 ,  日本癌学会 ,  日本造血細胞移植学会 ,  日本肺癌学会 ,  日本輸血・細胞治療学会 ,  日本医真菌学会 ,  日本化学療法学会 ,  European Society for Medical Oncology ,  American Society of Clinical Oncology ,  American Association for Cancer Research ,  International Gynecologic Cancer Society
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る