研究者
J-GLOBAL ID:200901005916352018   更新日: 2019年04月05日

田川 泰久

タガワ ヤスヒサ | Tagawa Yasuhisa
研究分野 (1件): 建築構造、材料
論文 (44件):
  • 山口千尋, 加納和麻, 田川泰久, 今村しおり. 合成梁における頭付きスタッドの押抜き試験と小梁曲げ試験の相関. 鋼構造年次論文報告集. 2015. 23
  • 小田達彦, 柳橋卓也, 田川泰久, 今村しおり. 二相ステンレス鋼摩擦接合部のすべり係数に関する実験的研究. 鋼構造年次論文報告集. 2015. 23
  • 加納和麻, 堀田洋志, 山口千尋, 田川泰久. デッキプレートを用いた合成梁における太径スタッドの押抜き試験. 鋼構造年次論文報告集. 2014. 22. 666-671
  • 堀田洋志, 田川泰久, 加納和麻. デッキプレートを用いた合成梁における頭付きスタッドの押抜き試験. 鋼構造年次論文報告集. 2013. 21. 398-403
  • 加納和麻, 堀田洋志, 田川泰久. Push-out test of headed stud connectors in composite girder using steel deck - Relationship between φ25 studs length and deformation state -. 2013. Paper ID.224
もっと見る
MISC (4件):
  • 田川泰久. 頭付きスタッドのせん断の復元力特性評価法に関する研究 についての評論. 日本建築学会技術報告集. 2016. 22. 51. 837
  • 田川泰久. 規基準の数値は「何でなの」を探る 第3巻 Q368 補強ブレースの細長比. 建築技術・規基準の数値は「何でなの」を探る 第3巻. 2015. 3. 3,109-110
  • 田川泰久. 規基準の数値は「何でなの」を探る 第1巻 Q10 剛性増大率の慣用値. 建築技術・規基準の数値は「何でなの」を探る 第1巻. 2015. 1. 1,25-26
  • 田川泰久. 鉄骨構造の接合部を設計する 鉄骨ハイブリット構造のディテール. 建築技術 2012年11月号. 2012. 754. 142〜143
書籍 (16件):
  • 溶接技能者のためのスタッド溶接施工の手引き
    スタッド協会 2012
  • 建築構造用アンカーボルトを用いた露出柱脚設計施工指針・同解説
    日本鋼構造協会 2011
  • 各種合成構造設計指針・同解説
    日本建築学会 2010
  • ダイヤモンドシェル体育館の耐震診断・耐震改修マニュアル
    東京都防災・まちづくりセンター 2010
  • わかりやすい鉄骨の構造設計[第4版]
    日本鉄鋼連盟・技報堂出版 2009
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 1981 東京大学 工学系研究科 建築学専攻
  • - 1978 横浜国立大学 工学研究科 建築学専攻
  • - 1976 横浜国立大学 工学部 建築学科
学位 (1件):
  • 工学博士 (東京大学)
経歴 (11件):
  • 2011/04 - 現在 横浜国立大学 大学院 都市イノベーション研究院 教授
  • 2001/04 - 2011/03 横浜国立大学 大学院 工学研究院 建築学 教授
  • 2001/03 - 横浜国立大学 工学部 建設学科(現理工学部建築都市・環境系学科) 教授
  • 1996/04 - 2001/02 横浜国立大学 工学部 建設学科 助教授
  • 1999/02 - 1999/12 U. C. Berkeley PEER Center 客員研究員
全件表示
委員歴 (20件):
  • 2016/04 - 現在 鋼構造設計規準改定小委員会 主査
  • 2014/04 - 現在 鋼構造関連規準・指針英訳小委員会 委員
  • 2005/04 - 現在 耐震改修計画評定委員会(東京都防災・まちづくりセンター) 委員
  • 2005/04 - 現在 技術委員会(エコウェル協会) 理事・技術委員会委員長
  • 2002/06 - 現在 ステンレス鋼構造技術者等審査委員会 主査
全件表示
所属学会 (5件):
日本建築学会 ,  日本鋼構造協会 ,  日本コンクリート工学協会 ,  日本溶接学会 ,  日本免震構造協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る