研究者
J-GLOBAL ID:200901006219034314   更新日: 2022年07月27日

瀬田 広明

セタ ヒロアキ | Seta Hiroaki
所属機関・部署:
職名: 特任教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 清水水先区水先人会  外部監事 / 顧問
研究分野 (4件): 船舶海洋工学 ,  社会システム工学 ,  安全工学 ,  教育工学
研究キーワード (4件): 海上交通工学 ,  操船シミュレータ ,  航海学 ,  海事教育
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2021 - 2025 船位決定時における作業手順の機序解明と海事教育の技術評価手法に関する開発
  • 2019 - 2024 A study on Maritime Safety Management in Japan and Turkey
  • 2019 - 2023 海上交通管理の持続可能性に配慮したVTSオペレータのための意思決定支援システム
  • 2017 - 2019 操船視点の違いによる教育効果の検証:実船と操船シミュレータの相互補完機能の開発
  • 2019 - イスタンブル海峡南口における海上交通の安全性評価に関する研究
全件表示
論文 (33件):
MISC (29件):
書籍 (3件):
  • 航海学概論
    成山堂書店 2017 ISBN:4425423739
  • 航海学概論
    成山堂書店 2012 ISBN:4425423720
  • 航海学概論
    成山堂書店 2007 ISBN:4425423712
講演・口頭発表等 (96件):
  • 伊勢湾における10年分のAISデータ分析
    (日本航海学会 第144回講演会・研究会 2021)
  • 小型船舶操縦時の見張りと安全確認に関する研究-I-自動車運転時との比較-
    (日本航海学会講演予稿集(Web) 2020)
  • 航海計画立案時における紙海図とECDISの功罪検証-視線計測装置による作業負荷の比較-
    (日本航海学会講演予稿集(Web) 2020)
  • 英語検定試験受験者に対するCEFR 準拠のリスニング試験の実施
    (日本教育工学会 2020秋期全国大会 2020)
  • 舶用機関運転実習への携帯端末の導入による学習効果
    (日本教育工学会 2020年秋期全国大会 2020)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 2005 神戸大学 海上輸送システム科学
経歴 (8件):
  • 2021/06 - 現在 清水水先区水先人会 監事 / 顧問
  • 2020/04 - 現在 東海大学 海洋学部 特任教授
  • 2006/04 - 2020/03 鳥羽商船高等専門学校 商船学科 助教授・准教授
  • 2018/11 - 2019/02 イスタンブル工科大学 海事学部 客員教授
  • 2013/04 - 2014/03 イスタンブル工科大学 海事学部 客員教授
全件表示
委員歴 (7件):
  • 2021 - 現在 RIN SIG: Professional Marine Navigation
  • 2020 - 現在 日本航海学会 代議員
  • 2019/09 - 現在 大阪市港湾審議会 委員
  • 2019/07 - 現在 Istanbul University Press Reviewer of academic journal articles
  • 2009 - 現在 伊勢湾海難防止協会 特別専門委員
全件表示
受賞 (2件):
  • 2009/05 - 日本航海学会 論文賞
  • 1993/09 - 日本航海学会奨学褒賞、日本造船学会奨学褒賞
所属学会 (5件):
日本沿岸域学会 ,  日本教育工学会 ,  国際航路協会 ,  The Royal Institute of Navigation ,  日本航海学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る