研究者
J-GLOBAL ID:200901006464473340   更新日: 2020年09月03日

河合 隆史

カワイ タカシ | Kawai Takashi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.tkawai-lab.com/http://www.tkawai-lab.com/
研究分野 (1件): ヒューマンインタフェース、インタラクション
研究キーワード (1件): 人間工学
競争的資金等の研究課題 (15件):
  • 2020 - 2021 バーチャルリアリティ構築環境に関する人間工学的設計・評価
  • 2018 - 2021 VR空間における拡張クロスモダリティの概念実証
  • 2018 - 2020 バーチャルリアリティ構築環境に関する人間工学的設計・評価
  • 2014 - 2017 3次元仮想現実感による胆膵外科手術支援システムの構築と評価
  • 2013 - 2016 立体視映像コンテンツの情緒表現と機能性
全件表示
論文 (76件):
  • R. Mitsuya, K. Kato, N. Kou, T. Nakamura, K. Sugawara, H. Dobashi, T. Sugita, T. Kawai. Analysis of body pressure distribution on car seats by using deep learning. Applied Ergonomics. 2019. 75. 283-287
  • Y. Masuoka, H. Morikawa, T. Kawai, T. Nakagohri. Use of smartphone-based head-mounted display devices to view a three-dimensional dissection model in a virtual reality environment: Pilot questionnaire study. JMIR Medical Education. 2019. 5. 1. e11921-e11921
  • 伴地芳啓, 盛川浩志, 河合隆史. スマートフォンを用いた没入型立体視映像のスケーラブル変換とユーザ体験への影響. 映像情報メディア学会誌. 2018. 72. 11. J201-J207
  • 平尾悠太朗, 三家礼子, 河合隆史. VR空間におけるクロスモーダルを用いた重さ感覚提示手法の提案と評価. 日本バーチャルリアリティ学会論文誌. 2018. 23. 4. 263-270
  • Y. Hirao, T. Kawai. Augmented cross-modality: translating the physiological responses, knowledge and impression to audio-visual information in virtual reality. Journal of Imaging Science and Technology. 2018. 62. 2. 060402-1-060402-8
もっと見る
特許 (22件):
  • 衝突感覚提示システム及びプログラム
  • ナビゲーション装置およびナビゲーション制御プログラム
  • 運転支援装置及び運転支援方法
  • 経路案内装置及び経路案内プログラム
  • 立体映像制作装置およびプログラム
もっと見る
書籍 (6件):
  • バーチャルリアリティ映画制作
    カットシステム 2018 ISBN:4877834419
  • 3D立体映像表現の基礎
    オーム社 2010 ISBN:4274068161
  • 医学3Dコンテンツの最先端
    カットシステム 2007 ISBN:4877831894
  • 先端メディアと人間の科学
    トランスアート 2006 ISBN:4887522967
  • 次世代メディアクリエータ入門2 バーチャルリアリティ制作
    カットシステム 2003 ISBN:4877831010
もっと見る
講演・口頭発表等 (86件):
  • Ergonomics in virtual reality: Guidance and PoC
    (IMID 2019 DIGEST,pp.65 2019)
  • Stand-alone, wearable system for full body VR avatars: towards physics-based 3D interaction
    (IEEE Conference on Virtual Reality and 3D User Interfaces 2019)
  • Effects of binocular parallax in 360-degree VR images on viewing behavior
    (Electronic Imaging, Stereoscopic Displays and Applications XXX 2019)
  • An ergonomic evaluation of elevating the work desk: the relationship of sitting work with standing work
    (Proceedings of the AHFE 2018 International Conference on Human Factors in Transportation 2019)
  • Feature classification of skilled and unskilled persons in car driving operation
    (Proceedings of the AHFE 2018 International Conference on Human Factors in Transportation 2019)
もっと見る
学位 (2件):
  • 博士(人間科学) (早稲田大学)
  • Ph.D. in Human Sciences (Waseda University)
受賞 (6件):
  • 2019 - Society for Imaging Science and Technology Charles E. Ives Journal Award Time course of sickness symptoms with HMD viewing of 360-degree videos
  • 2014 - Asian Conference on Ergonomics and Design Best Paper Award Cognitive characteristics of directional judgement through binocular disparity on a virtual tilted screen
  • 2009 - 日本人間工学会 日本人間工学会研究奨励賞 光学補正を用いた立体映像による眼精疲労の回復効果
  • 2004 - Stereoscopic Displays and Applications The best use of stereoscopic presentation tools Development and evaluation of amusement machine using autostereoscopic 3D display
  • 2001 - モバイル・コンテンツ・フォーラム mobile VISUAL 2001 モバイルムービー部門最優秀作品賞 ガラスの王国見学
全件表示
所属学会 (6件):
日本バーチャルリアリティ学会 ,  映像情報メディア学会 ,  日本人間工学会 ,  Stereoscopic Displays and Applications (SD&A) ,  先進映像協会(Advanced Imaging Society:AIS) ,  International Ergonomics Association (IEA:国際人間工学連合)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る