研究者
J-GLOBAL ID:200901006488986496   更新日: 2020年03月28日

印南 洋

インナミ ヨウ | Innami Yo
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): https://sites.google.com/site/yoinnami/https://sites.google.com/site/yoinnami/
研究分野 (1件): 外国語教育
研究キーワード (1件): 英語教育、言語テスト、教育評価
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2017 - 2020 第二言語における産出能力の構成要素の解明:メタ分析を用いた先行研究の包括的統合
  • 2016 - 2020 英語到達度指標CEFR-J準拠のCAN-DO指導タスクおよびテスト開発と公開(研究分担者)
  • 2016 - 2020 縦断的コーパスの構築と日本人高校生の英語スピーキング力の発達過程の解明(連携研究者)
  • 2014 - 2019 スピーキング能力測定に向けたロールプレイテストの開発と妥当性検証(研究分担者)
  • 2014 - 2017 英検・TOEFL・TOEICを用いた単位認定の実態調査
全件表示
論文 (38件):
  • Koizumi, R, Kaneko, E, Setoguchi, E, In’nami, Y, Naganuma, N. Examination of CEFR-J spoken interaction tasks using many-facet Rasch measurement and generalizability theory. Papers in Language Testing and Assessment: An international journal of the Association for Language Testing and Assessment of Australia and New Zealand. 2019. 8. 2. 1-33
  • Saito, K, Dewaele, J. M, Abe, M, In'nami, Y. Motivation, emotion, learning experience and second language comprehensibility development in classroom settings: A cross-sectional and longitudinal study. Language Learning. 2018. 68. 3. 709-743
  • In'nami, Y, Koizumi, R, Sawaki, Y, Watanabe, Y. Issues of language assessment in Japan: Past, present and future. Language Assessment Quarterly. 2017. 14. 3. 189-191
  • Pan, Y.-C, In'nami, Y. Does TOEIC as a university exit test ensure higher employability in Taiwan?. International Journal of Language Testing. 2017. 7. 1-27
  • Rie Koizumi, Yo In'nami, Makoto Fukazawa. Development of a paired oral test for Japanese university students. British Council New Directions in Language Assessment: JASELE Journal Special Edition. 2016. 103-121
もっと見る
MISC (8件):
  • 印南 洋. Q&A:より良いテストの作り方・使い方 第12回「テスト結果の使い方」. 英語教育 2015年3月号. 2015. 63. 13. 62-63
  • 印南 洋. Q&A:より良いテストの作り方・使い方 第7回「リスニングテストの作成方法」. 英語教育 2014年10月号. 2014. 63. 7. 54-55
  • 印南 洋. Q&A:より良いテストの作り方・使い方 第6回「リーディングテストの作成方法」. 英語教育 2014年9月号. 2014. 63. 6. 62-63
  • 印南 洋. Q&A:より良いテストの作り方・使い方 第3回「定期考査の作成方法」. 英語教育 2014年6月号. 2014. 62-63
  • 印南 洋. 試験での誤りから学び、対処するためにやるべきこと. 英語教育 2014年5月号. 2014. 16-17
もっと見る
書籍 (17件):
  • Meta-analysis in applied linguistics. In J. McKinley & H. Rose (Eds.), The Routledge handbook of research methods in applied linguistics (pp. 240-252).
    New York: Routledge. 2020
  • Understanding L2 proficiency: Theoretical and meta-analytic investigations: Components of L2 reading, writing, listening and speaking (under contract)
    Amsterdam, the Netherlands: John Benjamins 2020
  • 英語スピーキング力はどう伸びるのか-高校3年間のテスト調査結果-
    アルク 2019
  • Examining sources of variability in second language test scores with multilevel modeling. In In V. Aryadoust & M. Raquel (Eds.), Quantitative data analysis for language assessment volume II: Advanced methods (pp. 150-170).
    New York: Routledge. 2019
  • Using multilevel modeling to examine changes in second language test scores over time. In In V. Aryadoust & M. Raquel (Eds.), Quantitative data analysis for language assessment volume II: Advanced methods (pp. 171-189).
    New York: Routledge. 2019
もっと見る
講演・口頭発表等 (47件):
  • In’nami, Y., & Koizumi, R. (2019, December). Factor structure of the Aptis test. Paper presented at the New Directions in English Language Assessment organized by the British Council in East Asia, Yokohama, Japan.
    (2019)
  • In’nami, Y. (2019, November). A meta-analysis of L2 speaking proficiency and its features. Paper presented at the Assessing World Languages Conference 2019, Macau, China. (invited)
    (2019)
  • Koizumi, R., In’nami, Y., Fukazawa, M. (2019, March). Holistic and analytic scales of a paired oral test for Japanese learners of English. Poster presented at 41st annual Language Testing Research Colloquium, Atlanta, Georgia, USA.
    (2019)
  • Development and evaluation of spoken interaction tasks and a rating scale based on CEFR-J using multifaceted Rasch measurement: A pilot study. In Y. In’nami (Chair), Validation research using multifaceted Rasch measurement in second language testing.
    (Symposium conducted at the Pacific-Rim Objective Measurement Symposium (PROMS) 2018, Fudan University, Shanghai, China. (invited) 2018)
  • Vocabulary size and depth, and listening and reading skills
    (Paper presented at the 21st JLTA Annual Conference, Fukushima, Japan. 2017)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2002 - 2007 筑波大学 人文社会科学研究科 現代文化・公共政策専攻
  • 1999 - 2001 筑波大学 教育研究科 教科教育専攻 英語教育コース
  • 1995 - 1999 広島修道大学 人文学部 英語英文学科
  • 1992 - 1995 広島県立安芸府中高等学校
学位 (3件):
  • 修士(教育学) (筑波大学)
  • 修士(言語学) (筑波大学)
  • 博士(言語学) (筑波大学)
経歴 (20件):
  • 2018/04 - 中央大学 理工学部 教授
  • 2015/04 - 2018/03 中央大学 理工学部 准教授
  • 2016/09/21 - 早稲田大学 教育・総合科学学術院 非常勤講師
  • 2014/09 - 2015/03 法政大学 GIS (グローバル教養学部) 兼任講師
  • 2013/04 - 2015/03 中央大学 理工学部 兼任講師
全件表示
受賞 (4件):
  • 2013/09 - 日本言語テスト学会 JLTA (Japan Language Testing Association) delegate award to KELTA (Korean English Language Testing Association) 日本で使用されている言語テスト:大学入試に焦点を当てて
  • 2011/08 - 日本言語テスト学会 JLTA (Japan Language Testing Association) delegate award to KELTA (Korean English Language Testing Association) 多母集団分析による分析:新TOEICテストの因子構造
  • 2002/10 - SPSSおよび株式会社インテージ 株式会社インテージ協賛第2回 SPSS Open House 研究奨励賞優秀賞 テスト形式に対する反応とテスト不安がリスニングパフォーマンスに与える影響
  • 1998/07 - 広島修道大学 広島修道大学学長表彰賞 (1) 交換留学先の米国アリゾナ州立大学で、2学期間に渡り成績優秀者名簿 (Dean’s List) に名前が記載 (GPA 3.5以上 [4.0が上限])、(2) 広島修道大学主催第1回英語エッセイコンテストにおいて最優秀賞を受賞、(3) TOEFL607点を取得、の3点により授与。
所属学会 (9件):
大学英語教育学会 (JACET [Japan Association of College English Teachers]) ,  日本言語テスト学会 (JLTA [Japan Language Testing Association]) ,  全国英語教育学会 ,  関東甲信越英語教育学会 ,  International Language Testing Association ,  American Psychological Association, Division 5 ,  American Association of Applied Linguistics ,  American Educational Research Association ,  外国語教育メディア学会 (LET) 関西支部
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る