研究者
J-GLOBAL ID:200901008328188677   更新日: 2018年11月02日

岡田 毅

オカダ タケシ | Okada Takeshi
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (2件): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/3a2ca533e0396fd0382e964dcbf9d581.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/3a2ca533e0396fd0382e964dcbf9d581.html
研究分野 (3件): 外国語教育 ,  英語学 ,  教科教育学、初等中等教育学
研究キーワード (3件): 英語統語論 ,  CALLシステム開発研究 ,  英語コーパス研究
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2000 - 現在 e-ラーニングシステム開発研究
  • 1990 - 現在 英語コーパス研究
  • 1985 - 現在 英語統語論
論文 (30件):
  • Takeshi Okada, Somayeh Fathali. A Blended EFL Reading Course Based on the Idea of the Learner-Annotated Corpus. 日本e-Learning学会論文誌. 2018. 18. 19-28
  • Somayeh Fatahli, Takeshi Okada. Technology Acceptance Model in Technology-Enhanced OCLL Contexts: A Self-Determination Theory Approach. Australasian Journal of Educational Technology. 2018. 34. 4. 138-154
  • Somayeh Fatahli, Takeshi Okada. On the Importance of Out-of-Class Language Learning Environments: A Case of a Web-Based E-Portfolio System Enhancing Reading Proficiency. IntInternational Journal on Studies in English Language and Literatureernational Journal on Studies in English Language and Literature. 2016. 4. 8. 77-85
  • Somayeh Fathali, Takeshi Okada. On the Importance of Out-of-Class Language Learning Environments: A Case of a Web-Based E-Portfolio System Enhancing Reading Proficiency. International Journal on Studies in English Language and Literature. 2016. 4. 8. 77-85
  • Somayeh Fathali, Takeshi Okada. A Self-Determination Theory Approach to Technology-Enhanced Out-of-Class Language Learning Intention: A Case Study of Japanese EFL Learners. International Journal of Research Studies in Language Learning. 2016. 6. 4. 53-64
もっと見る
書籍 (10件):
  • The Handbook of English Writing System
    Routledge 2016
  • 大学における「学びの転換」と言語・思考・表現
    東北大学出版会 2009 ISBN:9784755302381
  • 英語の書記体系
    音羽書房鶴見書店 2008 ISBN:9784755302381
  • 初めてのビデオ英語
    音羽書房鶴見書店 2002
  • 見る、知る、アメリカ
    音羽書房鶴見書店 1999
もっと見る
講演・口頭発表等 (17件):
  • Corpus Analysis Technology and a New Blended EFL e-Learning
    (The 46th Annual Meeting of the British Association for Applied Linguistics 2014)
  • The LMS Development for a Blended EFL e-Learning: Open Questions
    (Eurocall 2014 2014)
  • モバイル端末を利用する新しいブレンディッドe ラーニングの構想
    (e-ラーニング教育学会第12回大会 2014)
  • EFL Reading Instruction Based on Information Sharing among Multi-purpose Corpus System Users
    (The 45th Annual Conference of British Association for Applied Linguistics 2013)
  • 私のコーパス利用
    (英語コーパス学会シンポジウム 2013)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1980 青山学院大学 文学研究科 英米文学専攻
  • - 1978 青山学院大学 文学部 英米文学科
学位 (2件):
  • 文学修士 (青山学院大学)
  • 文学士 (青山学院大学)
経歴 (7件):
  • 2004/04 - 現在 東北大学 大学院 国際文化研究科 教授
  • 1986/10 - 現在 日本英語検定協会 面接委員
  • 1996/04 - 2004/03 山形大学教育学部 助教授
  • 2001/10 - 2003/02 ロンドン大学バークベックカレッジ 客員教授
  • 1990/04 - 1996/03 山形大学教養部 助教授
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2005/10 - 現在 英語コーパス学会 理事・機関誌編集委員
  • 2009/04 - 2014/03 英語コーパス学会 編集委員長
受賞 (1件):
  • 2015/10/23 - 日本e-Learning学会 日本e-Learning学会2016年度学術奨励賞
所属学会 (8件):
日本eラーニング学会 ,  言語処理学会 ,  Digital Humanities国際学会連合 ,  British Association for Applied Linguistics ,  Eurocall ,  e-Learning教育学会 ,  日本英語学会 ,  英語コーパス学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る