研究者
J-GLOBAL ID:200901008395150625   更新日: 2018年11月15日

横田 匡俊

ヨコタ マサトシ | Yokota Masatoshi
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (2件): 商学 ,  スポーツ科学
研究キーワード (3件): スポーツマネジメント ,  スポーツ社会学 ,  スポーツ政策
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 公共スポーツサービスのマーケティング
  • -
論文 (1件):
  • 横田 匡俊. 運動部活動の継続及び中途退部にみる参加動機とバーンアウトスケールの変動. 体育学研究. 2002. 47. 5. 427-437
MISC (22件):
  • 横田 匡俊. 卓球「Tリーグ開幕」に漂う大ブームの予感 ~日本の卓球人口「1000万人」も夢物語ではない. 東洋経済オンライン. 2017
  • 横田 匡俊. 「東京パラリンピック」が真にスゴいその理由 ~五輪を超える「レガシー」生む巨大な可能性. 東洋経済オンライン. 2017
  • 横田 匡俊. スポーツ・フィットネスを活用した地方創生. Fitness Business. 2017
  • 横田 匡俊. スポーツと地方創生 ~ゴールデン・スポーツイヤーズが地方創生を加速する. 地銀協月報. 2017
  • 横田 匡俊. 日本の「健康ブーム」が、実は本物でない理由 ~「東京マラソン」も「皇居ラン」も大盛況だが. 東洋経済オンライン. 2017
もっと見る
書籍 (6件):
  • 奇跡の3年 2019・2020・2021 ゴールデン・スポーツイヤーズが地方を変える
    徳間書店 2015
  • スポーツ白書~スポーツの使命と可能性
    笹川スポーツ財団 2014
  • オリンピック・レガシー
    ポプラ社 2013
  • スポーツ白書~スポーツが目指すべき未来
    2011
  • 徹底予測 これが新成長ビジネスだ!-日本をリードする55のフロンティア
    日本経済新聞出版社 2007
もっと見る
講演・口頭発表等 (2件):
  • スポーツを活かした地方創生へのアプローチ
    (スポーツを活かした地方創生シンポジウム 2016)
  • スマート・べニューの事例紹介
    (スポーツを活用したまちづくりシンポジウム 2014)
Works (57件):
  • パラリンピック競技団体運営モデル事業(日本財団パラリンピックサポートセンター)
    横田 匡俊 2018 - 2018
  • ラグビーワールドカップ2019を通じた地域活性化についての調査研究(総務省)
    三菱総合研究所 2017 - 2017
  • 関西スポーツビジネス活性化に関する検討業務(大阪商工会議所)
    三菱総合研究所 2017 - 2017
  • 埼玉県スポーツ推進計画(仮称)策定支援等業務(埼玉県)
    三菱総合研究所 2016 - 2016
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会開催に伴い整備する新規恒久施設の施設運営計画策定支援等業務(東京都)
    三菱総合研究所 2016 - 2016
もっと見る
学歴 (5件):
  • 2000 - 2004 東京大学大学院 総合教育科学専攻身体教育学コース
  • 1998 - 2000 東京大学大学院 総合教育科学専攻身体教育学コース
  • - 2000 東京大学
  • 1994 - 1998 横浜国立大学 小学校教員養成課程体育専攻
  • - 1998 横浜国立大学
学位 (1件):
  • 教育学修士 (東京大学大学院)
経歴 (2件):
  • 2006/06 - 2018/03 株式会社三菱総合研究所 主任研究員
  • 2004/04 - 2006/06 早稲田大学 スポーツ科学学術院 助手
委員歴 (11件):
  • 2018/09 - 現在 東京都 東京パラスポーツスタッフ認定委員会
  • 2018/08 - 現在 東御市 東御市スポーツ推進審議会 会長
  • 2018/07 - 現在 千代田区 千代田区新スポーツセンター基本構想検討会 副委員長
  • 2018/06 - 現在 大阪商工会議所 スポーツ産業振興委員会
  • 2018/04 - 現在 東京都障害者スポーツ協会 障害者アスリートビクトリーノート開発WG 座長
全件表示
所属学会 (3件):
日本スポーツマネジメント学会 ,  日本体育学会 ,  日本スポーツ産業学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る