研究者
J-GLOBAL ID:200901008822805573   更新日: 2020年11月26日

長﨑 ひとみ

ナガサキ ヒトミ | Hitomi Nagasaki
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (1件): 臨床看護学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2017 - 2020 臨床看護師による頭頚部がん患者のセルフマネジメント強化のための食生活指導への提言
  • 2014 - 2017 臨床看護師のための頭頸部がん患者の治療過程別食生活指導ガイドラインの提言
  • 2011 - 2014 頭頸部がん患者の治療経過に伴う”食”の認識・行動・健康状態と看護の展開
  • 2009 - 2010 喉頭全摘出術を受けた頭頸部がん患者の社会復帰促進につながる看護モデルの構築
  • 2007 - 2008 喉頭がんのために喉頭全摘出術を受けた患者の日常生活上の困難体験とその対処法
論文 (6件):
  • 長崎 ひとみ, 中村 美知子. 頭頸部がん患者の放射線・化学療法による食の認識の変化と食事指導の課題. 第39回日本看護科学学会学術集会抄録. 2019
  • 中村美知子, 長崎ひとみ. 頭頸部がん患者の放射線・化学療法中の食事摂取と血清アルブミンの特徴-第10回アジア・パシフィック臨床栄養学会 於アデレード・オーストラリア-. 共立女子大学看護学雑誌. 2019. 6. 6. 43-46
  • Hitomi Nagasaki, Michiko Nakamura. Characteristics of dietary intake and serum albumin in head and neck cancer patients undergoing radiotherapy and chemotherapy. 10th Asia Pacific Congress on Clinical Nutrition in Adelaide of Australia. 2017
  • 西田頼子, 古屋洋子, 長崎ひとみ, 大日向陽子, 坂本文子. 臨床看護技術演習における動画教材による事前学習と相互評価の取り組みと課題. 山梨大学看護学会誌. 2017. 15. 2. 1-7
  • 長崎ひとみ, 中村美知子. 頭頚部がん患者の放射線・化学療法時の看護師による食生活指導の課題. 日本看護科学学会学術集会講演集第36回. 2016. 36. 204-204
もっと見る
書籍 (1件):
  • 感覚器系の障害を有する人とその家族への援助
    株式会社 南江堂 2019 ISBN:9784524250790
講演・口頭発表等 (3件):
  • 頭頸部がん患者の放射線・化学療法による食の認識の変化と食事指導の課題
    (第39回日本看護科学学会学術集会 2019)
  • Characteristics of dietary intake and serum albumin in head and neck cancer patients undergoing radiotherapy and chemotherapy
    (10th Asia Pacific Conference on Clinical Nutrition 2017)
  • 頭頚部がん患者の放射線・化学療法時の看護師による食生活指導の課題
    (第36回日本看護科学学会学術集会 2016)
学歴 (4件):
  • - 2016 山梨大学
  • - 2016 山梨大学
  • - 2006 山梨大学
  • - 2006 山梨大学
学位 (3件):
  • 学士(看護学) (山梨医科大学)
  • 修士(看護学) (山梨大学)
  • 博士(看護学) (山梨大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る