研究者
J-GLOBAL ID:200901008841716263   更新日: 2021年02月12日

井上 高良

イノウエ タカヨシ | Inoue Takayoshi
所属機関・部署:
職名: 室長
ホームページURL (1件): https://www.ncnp.go.jp/nin/guide/r6/index-lab2/
研究分野 (6件): 神経形態学 ,  発生生物学 ,  医化学 ,  進化生物学 ,  発生生物学 ,  分子生物学
研究キーワード (30件): トランスジェニックマウス ,  発生・分化 ,  ゲノム ,  細胞接着 ,  神経実験形態学 ,  脳・神経 ,  後脳分節 ,  神経冠細胞 ,  エレクトロポレーション ,  全胚培養 ,  遺伝子発現制御 ,  カドヘリン ,  細胞・組織 ,  脳神経疾患 ,  高次構造 ,  BACトランスジェニックマウス ,  遺伝学 ,  分子遺伝学 ,  アルブミン ,  ストレス ,  プロテオミクス ,  プロテオーム解析 ,  酸化 ,  神経科学 ,  進化 ,  発生 ,  大脳皮質 ,  evolution ,  development ,  neocortex
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2012 - 2016 マウス大脳皮質バレル領野構築に関わる細胞・分子機序の解明
  • 2009 - 2011 マウス前脳コンパートメント形成に関わる分子機序の解明
  • 2004 - 2005 マウス後脳分節化過程に発現するカドヘリンの機能解析
  • Elucidation of mechanisms of development and evolution assembling the mammal specific cytoarchitecture of cerebral cortex
論文 (46件):
  • Yoneko Hayase, Shigeru Amano, Koichi Hashizume, Takashi Tominaga, Hiroyuki Miyamoto, Yukie Kanno, Yukiko Ueno-Inoue, Takayoshi Inoue, Mayumi Yamada, Shigehiro Ogata, et al. Down syndrome cell adhesion molecule like-1 (DSCAML1) links the GABA system and seizure susceptibility. Acta Neuropathologica Communications. 2020. 8. 1
  • Yasunari Matsuzaka, Jun Tanihata, Yoshiko Ooshima, Daisuke Yamada, Masayuki Sekiguchi, Shouta Miyatake, Yoshitsugu Aoki, Mika Terumitsu, Ryu Yashiro, Hirofumi Komaki, et al. The nSMase2/Smpd3 gene modulates the severity of muscular dystrophy and the emotional stress response in mdx mice. BMC medicine. 2020. 18. 1. 343-343
  • Kou Hiraga, Yukiko U Inoue, Junko Asami, Mayuko Hotta, Yuki Morimoto, Shoji Tatsumoto, Mikio Hoshino, Yasuhiro Go, Takayoshi Inoue. Redundant type II cadherins define neuroepithelial cell states for cytoarchitectonic robustness. Communications biology. 2020. 3. 1. 574-574
  • Nariko Arimura, Mako Okada, Shinichiro Taya, Ken-ichi Dewa, Akiko Tsuzuki, Hirotomo Uetake, Satoshi Miyashita, Koichi Hashizume, Kazumi Shimaoka, Saki Egusa, et al. DSCAM regulates delamination of neurons in the developing midbrain. Science Advances. 2020. 6. 36. eaba1693-eaba1693
  • Yuko Hara, Yoshitaka Mizobe, Yukiko U Inoue, Yasumasa Hashimoto, Norio Motohashi, Yoshiaki Masaki, Kohji Seio, Shin'ichi Takeda, Tetsuya Nagata, Matthew J A Wood, et al. Novel EGFP reporter cell and mouse models for sensitive imaging and quantification of exon skipping. Scientific reports. 2020. 10. 1. 10110-10110
もっと見る
MISC (45件):
特許 (1件):
  • トランスジェニック非ヒト動物
書籍 (10件):
  • 動物の事典
    朝倉書店 2020
  • 動物の事典
    朝倉書店 2020
  • 発生生物学 : 基礎から応用への展開
    培風館 2019 ISBN:9784563078232
  • Bacterial Artificial Chromosome
    InTech 2011
  • From Molecular Basis to Disease
    Wiley-VCH 2008
もっと見る
講演・口頭発表等 (22件):
  • 3. Visualization and humanization of oxytocin receptor expressions in mice; towards the clinical application of oxytocin to autism spectrum disorders
    (第9回 武田科学振興財団薬科学シンポジウム Genome Editing Towards Medicinal Applications)
  • 「個性」創発研究のための『ゲノム編集マウス』作製と解析
    (次世代脳プロジェクト 冬のシンポジウム2017)
  • CRISPR/Cas9を用いた Musculocontractural Ehlers-Danlos Syndrome-CHST14ノックアウト マウスの作製と病態解析
    (第40回日本分子生物学会年会)
  • Analyses of Cyclin D2 mRNA transportation mechanism in radial glial cells during corticogenesis using CRISPR/Cas9 genome editing system
    (第40回日本分子生物学会年会)
  • 核酸医薬の網羅的スクリーニングを可能にするEGFP-レポーターアッセイ系の開発
    (第40回日本分子生物学会年会)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1993 - 1997 京都大学 大学院理学研究科
  • 1991 - 1993 京都大学 大学院理学研究科
  • - 1991 京都大学
学位 (1件):
  • 博士(理学) (京都大学)
経歴 (6件):
  • 2010/08 - 現在 国立精神・神経医療研究センター 神経研究所 疾病研究第六部 独立研究室長
  • 2010/04 - 2010/07 国立精神・神経医療研究センター 神経研究所 病態生化学研究部 分子機能研究室長
  • 2003/01 - 2010/03 国立精神・神経センター 神経研究所 診断研究部 微量定量研究室長
  • 2001/01 - 2002/12 米国Stowers Institute for Medical Research (Robb Krumlauf Lab.) Research Associate (HFSP Long term fellowship)
  • 2000/01 - 2000/12 科学技術振興事業団 科学技術特別研究員
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る