研究者
J-GLOBAL ID:200901008894297947   更新日: 2020年06月04日

森 元幸

モリ モトユキ | Mori Motoyuki
所属機関・部署:
職名: 所長
ホームページURL (1件): https://www.calbee-potato.co.jp/index.html
研究分野 (1件): 遺伝育種科学
研究キーワード (3件): ばれいしょ ,  育種 ,  農業
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2014 - 2016 寒地畑作地域における省力技術体系とICT活用を基軸としたスマート農業モデルの実証
論文 (10件):
  • 森 元幸. 北海道の栽培に適したジャガイモシストセンチュウ抵抗性,生食・調理加工用品種「キタアカリ」「とうや」「さやか」の育成. 育種学研究. 2018. 20. 2. 164-170
  • 津田昌吾, 森元幸, 小林晃, 高田明子, 高田憲和, 西中未央, 浅野賢治. バレイショのマイクロチューバーを種イモとする圃場栽培において 種イモの大きさおよび栽植密度が塊茎数と平均一個重に及ぼす影響. 日本作物学会紀事. 2011. 80. 3. 292-301 (J-STAGE)
  • 津田昌吾, 森元幸, 小林晃, 高田明子. バレイショのマイクロチューバーを種イモとする圃場栽培における 収量形質の品種間差異の作用機作. 日本作物学会紀事. 2011. 80. 2. 165-173 (J-STAGE)
  • 森 元幸. Breeding new potato cultivars to meet processing needs and increase the contents of functional ingedients. Gamma Field Symposia. 2010. 47. 49-57
  • 森 元幸, 高田 明子, 小林 晃, 津田 昌吾, 遠藤 千絵, 梅村 芳樹, 高田 憲和, 米田 勉, 木村 鉄也, 中尾 敬, 吉田 勉, 百田 洋二, 串田 篤彦, 植原 健人, 椎名 隆次郎, 林 一也. 有色バレイショ品種「キタムラサキ」, 「ノーザンルビー」および「シャドークイーン」の育成. 育種学研究 = Breeding research. 2009. 11. 4. 145-153
もっと見る
MISC (20件):
もっと見る
特許 (4件):
  • 馬鈴薯より抽出したアポトーシス誘導物質、及び上記誘導物質を含む馬鈴薯食材並びにその加工品
  • バレイショアントシアニンに含まれるアポトーシス誘導物質、バレイショ食材及び加工品
  • カロチノイド含有馬鈴薯に含まれるアポトーシス誘導物質、馬鈴薯由来の胃癌細胞増殖抑制作用又は胃癌発生阻害作用を有する抗癌剤
  • インフルエンザウイルスの増殖抑制剤
書籍 (3件):
  • ジャガイモの大百科
    農山漁村文化協会 2020 ISBN:9784540191558
  • ジャガイモ事典
    全国農村教育協会 2012
  • 品種改良の世界史-作物編-
    悠書館 2010
学歴 (1件):
  • - 1982 岐阜大学 農学部 農学科
学位 (1件):
  • 博士(農学) (神戸大学)
経歴 (9件):
  • 2018/04 - 現在 カルビーポテト株式会社 所長
  • 2016/04 - 2018/03 農研機構北海道農業研究センター 部長
  • 2014/10 - 農研機構北海道農業研究センター
  • 2011/04 - 農研機構北海道農業研究センター 研究調整役(芽室担当)
  • 2006/04 - 農研機構北海道農業研究センター バレイショ栽培技術研究チーム長
全件表示
受賞 (4件):
  • 2018/03 - 日本育種学会 日本育種学会賞 北海道の栽培に適したジャガイモシストセンチュウ抵抗性,生食・調理加工用品種「キタアカリ」「とうや」「さやか」の育成
  • 2010/12 - (財)北農会 北農賞(品種育成) ばれいしょカラフルポテト(インカのめざめ、キタムラサキ、ノーザンルビー)
  • 2009/12 - (財)北農会 北農賞(論文) 日本におけるジャガイモシストセンチュウ抵抗性品種の育成
  • 2004/01 - つくばサイエンス・アカデミー 第3回つくばテクノロジー・ショーケース ベスト・インデクシング 新たな機能性や加工適性を高めたバレイショ品種
所属学会 (1件):
日本育種学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る