研究者
J-GLOBAL ID:200901008955853155   更新日: 2020年10月28日

中島(神戸) 敏明

ナカジマ(カンベ) トシアキ | Nakajima-Kambe Toshiaki
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://researchmap.jp/nakajimatoshiaki/http://researchmap.jp/nakajimatoshiaki/
研究分野 (1件): 応用微生物学
競争的資金等の研究課題 (22件):
  • 2018 - 2022 テレフタル酸分解性実用菌株の機能解明とその利用
  • 2014 - 2017 プラスチック分解酵素のポリマー分解機構の解明と機能強化
  • 2014 - 2016 メタンガスを発酵原料とした有用物質生産菌取得法の開発
  • 2012 - 2015 微生物によるバイオディーゼル廃グリセロールからの燃料生産
  • 2012 - 2014 微生物由来のプラスチック分解酵素の生産とモノマーリサイクルへの利用
全件表示
論文 (187件):
MISC (13件):
もっと見る
書籍 (5件):
  • 微生物酵素による生分解性プラスチックのモノマーリサイクル
    リサイクル・廃棄物事典 (産業調査会) 2012
  • 酵素利用技術大系
    NTS 2010
  • 微生物の辞典
    朝倉書店 2008
  • 生物工学ハンドブック
    コロナ社 2005
  • 機能性ポリウレタンの基礎と応用
    シーエムシー 2000
講演・口頭発表等 (50件):
  • 油脂資化性酵母Meyerozyma guilliermondii TY-89の培養における初期pHの影響
    (日本農芸化学会関東支部2019年度大会 2019)
  • 油脂資化性酵母Meyerozyma guilliermondii TY-89の生育に及ぼす初期pHの影響
    (米及び加工食品の新市場創出に向けたマッチングフォーラム 2019)
  • 新規回転振盪培養機構による微生物培養について
    (第71回日本生物工学会大会 2019)
  • Pseudomonas sp. TB-97 株によるテレフタル酸からの有用物質生産
    (第71回日本生物工学会大会 2019)
  • Functional Analysis of a Gene-Encoding Region of an Aliphatic-Aromatic Polyester Type Plastic Degrading Enzyme from Roseateles depolymerans strain TB-87
    (The 14th Asian Congress on Biotechnology (ACB2019) 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1992 筑波大学 応用生物化学(バイオテクノロジー学際カリキュラム)
  • - 1987 筑波大学 生物学類
学位 (3件):
  • 博士(学術) (筑波大学)
  • Ph. D. (University of Tsukuba)
  • 農学修士 (筑波大学)
経歴 (6件):
  • 2014/04/01 - 現在 筑波大学 生命環境系(生命産業) 教授
  • 2014/04 - 現在 筑波大学 生命環境系(生命産業)、微生物サステイナビリティ研究センター【MiCS】 教授
  • 2004/10/01 - 2014/03/31 筑波大学 准教授
  • 1996/04/01 - 2004/09/30 筑波大学 講師
  • 2000/10/01 - 2003/09/30 独)科学技術振興機構 研究員(兼業)
全件表示
受賞 (1件):
  • 2000 - 発酵と代謝研究奨励金
所属学会 (4件):
日本微生物生態学会 ,  American Society for Microbiology ,  日本生物工学会 ,  日本農芸化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る