研究者
J-GLOBAL ID:200901009031663461   更新日: 2020年06月08日

川村 隆一

カワムラ リュウイチ | Kawamura Ryuichi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://fujin.geo.kyushu-u.ac.jp/tropo-labo/ja/labo.html
研究分野 (2件): 防災工学 ,  大気水圏科学
研究キーワード (22件): 中緯度海洋と気候 ,  新学術"hot spot" ,  気候変動 ,  テレコネクション ,  温暖化 ,  アジアモンスーン ,  データレスキュー ,  降水量 ,  豪雨 ,  大気海洋相互作用 ,  オンセット ,  準二年振動 ,  大気海洋結合モデル ,  大気陸面相互作用 ,  遠隔伝播 ,  標高改変 ,  オホーツク海高気圧 ,  植生改変 ,  ENSO ,  台風 ,  モンスーン ,  エルニーニョ
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2013 - 2015 爆弾低気圧がもたらす気象・海象災害の軽減に関する総合的研究
  • 2010 - 2014 東アジアモンスーン変動と黒潮・黒潮続流との双方向作用のメカニズム
  • 2010 - 2014 中緯度大気海洋結合系研究の推進と統括
  • 2010 - 2012 日本近海の爆弾低気圧活動の変動機構と気象・海象災害発生プロセスの研究
  • 2009 - 2011 世界の亜熱帯収束帯の特性と形成のメカニズム
全件表示
論文 (71件):
  • Hidetaka Hirata, Ryuichi Kawamura, Masami Nonaka, Kazuhisa Tsuboki. Significant Impact of Heat Supply From the Gulf Stream on a “Superbomb” Cyclone in January 2018. Geophysical Research Letters. 2019. 46. 7718-7725
  • Hidetaka Hirata, Ryuichi Kawamura, Mayumi K. Yoshioka, Masami Nonaka, Kazuhisa Tsuboki. Key Role of the Kuroshio Current in the Formation of Frontal Structure of an Extratropical Cyclone Associated with Heavy Precipitation. Journal of Geophysical Research: Atmospheres. 2019. 124. 6143-6156
  • Tsukijihara Takumi, Kawamura Ryuichi, Kawano Tetsuya. Influential role of inter-decadal explosive cyclone activity on the increased frequency of winter storm events in Hokkaido, the northernmost island of Japan. INTERNATIONAL JOURNAL OF CLIMATOLOGY. 2019. 39. 3. 1700-1715
  • Akihiko Shimpo, Kazuto Takemura, Shunya Wakamatsu, Hiroki Togawa, Yasushi Mochizuki, Motoaki Takekawa, Shotaro Tanaka, Kazuya Yamashita, Shuhei Maeda, Ryuta Kurora, Hirokazu Murai, Naoko Kitabatake, Hiroshige Tsuguti, Hitoshi Mukougawa, Toshiki Iwasaki, Ryuichi Kawamura, Masahide Kimoto, Izuru Takayabu, Yukari N, Takayabu, Youichi Tanimoto, Toshihiko Hirooka, Yukio Masumoto, Masahiro Watanabe, Kazuhisa Tsuboki, Hisashi Nakamura. Primary factors behind the Heavy Rain Event of July 2018 and the subsequent heat wave in Japan. Scientific Online Letters on the Atmosphere. 2019. 15. 13-18
  • Hidetaka Hirata, Hidetaka Hirata, Ryuichi Kawamura, Masaya Kato, Taro Shinoda. A positive feedback process related to the rapid development of an extratropical cyclone over the Kuroshio/Kuroshio Extension. Monthly Weather Review. 2018. 146. 417-433
もっと見る
MISC (8件):
  • 中村尚, 中村尚, 磯辺篤彦, 立花義裕, 早坂忠裕, 川村隆一, 野中正見, 川合義美, 見延庄士郎, 三寺史夫, 吉田聡. 気候系のHotspot:中緯度の暖流や水温前線が及ぼす気候系への影響. 天気. 2019. 66. 1. 32-38
  • 川村隆一. 強風をもたらす様々な空間スケールの渦 冬季に急発達する温帯低気圧と暴風・突風. 日本風工学会誌. 2017. 150. 5-14
  • 平田英隆, 川村隆一. 海洋変動と熱・物質循環 グローカルな大気海洋相互作用:海と空をつなぐもの-2015年度大槌シンポジウム-西部黒潮-親潮混合水域の海面水温変動が急発達する温帯低気圧へ与える影響. 月刊海洋. 2016. 48. 5. 213-219
  • 川村隆一, 大塚成徳, 吉田聡, 柳瀬亘, 森正人, 小坂優, 竹村和人, 榎本剛. 研究集会「急発達する低気圧の実態・予測・災害軽減に関する研究集会」の報告. 天気. 2015. 62. 6. 533-538
  • 藤部文昭, 越田智喜, 釜堀弘隆, 川村隆一. 気候学的にみた日本の渇水. 気象研究ノート. 2015. 231. 37-63
もっと見る
書籍 (2件):
  • トコトン図解 気象学入門 (KS自然科学書ピ-ス)
    講談社 2018 ISBN:4061552392
  • Water-Related Disasters, Climate Variability and Change: Results of Tropical Storms in East Asia
    Transworld Research Network 2007 ISBN:8178952602
講演・口頭発表等 (300件):
  • 黒潮の潜熱フラックス増加実験でみられた秋台風の発達抑制
    (日本気象学会大会講演予稿集(CD-ROM) 2019)
  • 北陸冬季雷の数値シミュレーション
    (日本気象学会大会講演予稿集(CD-ROM) 2019)
  • 戦略的イノベーション創造プログラム「国家レジリエンス(防災・減災)の強化」における線状降水帯に関する包括的観測および予測実験プロジェクトの概要
    (日本気象学会大会講演予稿集(CD-ROM) 2019)
  • ice-ice collisionsによる二次氷晶生成過程の数値モデルへの導入と夏季積乱雲におけるその効果
    (日本気象学会大会講演予稿集 2018)
  • 秋季における台風の発達・構造変化に対する黒潮の遠隔影響:Chaba(2010)の事例
    (日本気象学会大会講演予稿集 2018)
もっと見る
学位 (1件):
  • 理学博士
経歴 (4件):
  • 2012 - 現在 九州大学 大学院理学研究院 教授
  • 2006 - 2012 富山大学 大学院理工学研究部 教授
  • 2004 - 2006 富山大学 理学部 教授
  • 1998 - 2004 富山大学 理学部 助教授
所属学会 (2件):
American Meteorological Society ,  日本気象学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る