研究者
J-GLOBAL ID:200901009778120084   更新日: 2019年12月03日

長谷川 岳史

ハセガワ タケシ | Hasegawa Takeshi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 中国哲学、印度哲学、仏教学 ,  中国哲学、印度哲学、仏教学
研究キーワード (1件): 中国仏教
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2015 - 2019 南北朝~隋代における造像銘の調査及び史料集成とその総合的研究
  • 2008 - 2010 仏教と医療
  • 2006 - 2010 南北朝~隋代における石刻造像銘の調査及びその地域史的宗教環境の研究
  • 2006 - 2009 同時代的視座からみた隋代仏教の教学形成過程の解明
論文 (36件):
  • 長谷川 岳史. "盧舎那"与"釈迦"的異同問題-以『梵網経』的佛身解釋為中心-. 華厳仏身論研究/呂建福主編(陝西師範大学宗教学集刊之二『華厳研究』第2輯). 2019. 108-134
  • 長谷川 岳史. 玄奘における『仏地経論』と『成唯識論』の翻訳意図. 首届玄奘与絲路文化国際検討会論文集. 2018. 上. 160-173
  • 長谷川 岳史. 玄奘の仏身観. 第二届慈宗国際学術論壇論文集. 2018. 39-45
  • 長谷川 岳史. 「盧舎那」と「釈迦」の一・異の問題ー『梵網経』の仏身解釈を中心としてー. 第二届中国華厳国際学術研討会論文集. 2015. 148-165
  • 長谷川 岳史. 唐代唯識諸師の著作にみられる「無性両釈」について. 仏教学研究. 2010. 66. 1-22
もっと見る
MISC (20件):
  • 長谷川 岳史. 学生はシラバスを見ているのか~学生に必要な学修時間を考える~. 大学時報. 2017. 66. 376. 32-35
  • 長谷川 岳史. 中国に残る曇鸞・道綽・善導の足跡. 京都女子大学宗教・文化研究所だより. 2017. 65. 2-5
  • 長谷川 岳史. 「真の仏教」と「仏教もどき」. 学びの友. 2016. 44. 9. 10-13
  • 長谷川 岳史. 中国の仏教・善導大師(仏教 インドから日本への道). 本願寺新報. 2016. 3229. 4-4
  • 長谷川 岳史. 中国の仏教・道綽禅師(仏教 インドから日本への道). 本願寺新報. 2016. 3228. 4-4
もっと見る
書籍 (4件):
  • 龍谷大学仏教学レクチャーシリーズ「仏教と人生の課題」3祇園精舎の鐘の声
    探求社 2014 ISBN:9784884839451
  • 唯識 さとりの智慧 -『仏地経』を読む-
    春秋社 2011
  • 釈尊と親鸞ーインドから日本への軌跡ー
    法蔵館 2011 ISBN:9784831860156
  • 龍谷大学仏教学叢書1 唯識こころの仏教
    自照社出版 2008 ISBN:9784903858227
講演・口頭発表等 (26件):
  • 教育講演:仏教の哲学・宗教視点による治療論
    (第26回多文化間精神医学会学術総会(龍谷大学和顔館B201) 2019)
  • 事例発表:学生はシラバスを見ているかー学生に必要な学修時間を考えるー
    (日本私立大学連盟令和元年度教学担当理事者会議(ANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋) 2019)
  • 玄奘における『仏地経論』と『成唯識論』の翻訳意図
    (首届玄奘与絲路文化国際検討会(金台書院 多功能庁三楼 ・陝西省商洛市鎮安県) 2018)
  • 玄奘の仏身観
    (第二届慈宗国際学術論壇(香港青年協会大廈25楼) 2018)
  • 宗教の精神と大学の発展
    (2017佛光山大學校長論壇(高雄佛光山・台湾) 2017)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1993 - 1997 龍谷大学 文学研究科博士後期課程 仏教学専攻
  • 1991 - 1993 龍谷大学 文学研究科修士課程 仏教学専攻
  • 1987 - 1991 龍谷大学 文学部 仏教学科仏教学専攻
学位 (1件):
  • 文学修士 (龍谷大学)
委員歴 (9件):
  • 2007 - 現在 大学教育学会 会員
  • 2006/04 - 現在 日本私立大学連盟・教育研究委員会 FD推進ワークショップ運営委員
  • 1998 - 現在 日本仏教学会 会員
  • 1995 - 現在 日本密教学会 会員
  • 1995 - 現在 種智院大学密教学会 会員
全件表示
所属学会 (8件):
大学教育学会 ,  仏教史学会 ,  龍谷仏教学会 ,  日本西蔵学会 ,  日本仏教学会 ,  日本密教学会 ,  日本印度学仏教学会 ,  種智院大学密教学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る