研究者
J-GLOBAL ID:200901010819337610   更新日: 2022年06月06日

山本 一博

ヤマモト カズヒロ | Yamamoto Kazuhiro
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする理論
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2020 - 2024 量子を機軸として重力と宇宙、素粒子・原子核研究を繋ぐ新しい学際領域の開拓
  • 2017 - 2020 量子場の非局所相関に起源をもつ量子放射の研究
  • 2016 - 2019 宇宙大規模構造の2点・3点統計量にもとづく精密宇宙論データ解析法の開発と応用
  • 2015 - 2019 究極理論からの加速宇宙の解明
  • 2001 - 2019 高赤方偏移宇宙における構造形成と暗黒成分に関する研究
全件表示
論文 (131件):
  • Koki Yamashita, Yue Nan, Yuuki Sugiyama, Kazuhiro Yamamoto. Large-scale structure with superhorizon isocurvature dark energy. Physical Review D. 2022. 105. 8
  • Yue Nan, Kazuhiro Yamamoto. Dark energy model with very large-scale inhomogeneity. Physical Review D. 2022. 105. 6
  • Daisuke Miki, Akira Matsumura, Kazuhiro Yamamoto. Non-Gaussian entanglement in gravitating masses: The role of cumulants. Physical Review D. 2022. 105. 2
  • Ar Rohim, Kazuhiro Yamamoto. Effects of chiral MIT boundary conditions for a Dirac particle in a box. Progress of Theoretical and Experimental Physics. 2021. 2021. 11
  • Ar Rohim, Kazushige Ueda, Kazuhiro Yamamoto, Shih Yuin Lin. Relativistic quantum bouncing particles in a homogeneous gravitational field. International Journal of Modern Physics D. 2021. 30. 13
もっと見る
MISC (1件):
書籍 (1件):
  • 量子力学 ー 現代的アプローチ ー
    裳華房 2017 ISBN:9784785322533
講演・口頭発表等 (4件):
  • Fluctuation-dissipation and correlation-propagation relations in (1+3)D moving detector- quantum field systems
    (The 29th Workshop on General Relativity and Gravitation in Japan 2019)
  • 2019 年ノーベル物理学賞解説セミナー「James Peeblesの解説」
    (2019)
  • 曲がった時空上の場の量子論と一般化された揺動散逸関係
    (量子情報と宇宙 2019)
  • Vacuum state as entangled state between left, right, future and past
    (Quantum Entanglement in Cosmology 2019)
委員歴 (4件):
  • 2021/03 - 2022/03 九州大学 先導的人材フェローシップ量子分野実施委員会委員
  • 2020/04 - 2021/03 九州大学 部門長
  • 2020/04 - 2021/03 九州大学 学科長
  • 2020/04 - 2021/03 九州大学 専攻長
受賞 (1件):
  • 2017/03 - 日本物理学会 日本物理学会第2回論文賞(1997年)
所属学会 (2件):
日本天文学会 ,  日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る