研究者
J-GLOBAL ID:200901010977243584   更新日: 2019年11月14日

渡辺 哲

ワタナベ サトシ | WATANABE Satoshi
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 化工物性・移動操作・単位操作
研究キーワード (3件): ナノサイズ粒子 ,  規則配列構造 ,  自己組織化
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • メゾスケール粒子の自律的規則構造形成手法の開発とそのモデル化
論文 (51件):
  • San San Maw, Satoshi Watanabe, Minoru T. Miyahara. Flow synthesis of silver nanoshells using a microreactor. CHEMICAL ENGINEERING JOURNAL. 2019. 374. 674-683
  • 藤原 篤史, 渡邉 哲, 宮原 稔. コアシェル型多孔性配位錯体粒子の合成と吸着特性評価. 粉体工学会誌. 2019. 56. 4. 181-186
  • 岩﨑 智宏, 飯島 志行, 荻 崇, 白井 孝, 渡邉 哲. 「機能性粒子合成の新展開」解説小特集について. 粉体工学会誌. 2019. 56. 7. 397-397
  • 鈴木 淳也, 新井 希, 山根 佑一, 渡邉 哲, 宮原 稔. 水平型移流集積を用いたサブミクロン粒子の単層膜形成手法の検討. 粉体工学会誌. 2018. 55. 11. 582-587
  • Satoshi Watanabe, Shuji Ohsaki, Akiko Fukuta, Tatsuya Hanafusa, Kento Takada, Hideki Tanaka, Taisuke Maki, Kazuhiro Mae, Minoru Miyahara. Characterization of mixing performance in a microreactor and its application to the synthesis of porous coordination polymer particles. Advanced Powder Technology. 2017. 28. 11. 3104-3110
もっと見る
MISC (7件):
特許 (1件):
  • 金属ナノ粒子の製造方法
書籍 (3件):
  • 新機能微粒子材料の開発とプロセス技術(第5章1の執筆担当)
    技術情報協会 2006
  • マイクロリアクター技術の最前線(第2章12の執筆担当)
    シーエムシー出版 2012
  • 分散・塗布・乾燥の基礎と応用 プロセスの理解からものづくりの革新へ(第3章第7節2-3の執筆担当)
    テクノシステム 2014
講演・口頭発表等 (12件):
  • 蒸発が誘起する自己組織化を利用した多様な粒子配列膜の形成
    (平成21年度第1回乾燥分科会 2009)
  • 移流集積法を利用した多様な自己組織化粒子膜の発現とその構造制御
    (化学工学会第41会秋季大会 2009)
  • パターン状粒子膜の自己組織化構造制御
    (第1回自己組織化プロセスサロン 2010)
  • 自己組織化を利用したコロイドナノ粒子の多様なパターン構造形成とその応用展開
    (平成22年度第2回微粒子ナノテクノロジー分科会 2011)
  • マイクロリアクターを用いた機能性微粒子の合成
    (平成23年度 第1回晶析研究会 2011)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 2000 京都大学 工学部 工業化学科
  • - 2002 京都大学 工学研究科 化学工学専攻
  • - 2005 京都大学 工学研究科 化学工学専攻
学位 (1件):
  • 博士(工学) (京都大学)
所属学会 (3件):
化学工学会 ,  粉体工学会 ,  コロイドおよび界面化学部会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る