研究者
J-GLOBAL ID:200901011589878612   更新日: 2020年06月07日

清川 昌一

キヨカワ ショウイチ | Kiyokawa Shoichi
所属機関・部署:
職名: 講師
ホームページURL (1件): https://www.archean.jp
研究分野 (2件): 地球生命科学 ,  固体地球科学
研究キーワード (6件): 熱水地域 ,  初期生命 ,  付加体 ,  太古代 ,  グリーンストーン帯 ,  大陸成長
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2005 - 薩摩硫黄島の熱水系と鬼界カルデラの構造
  • 2004 - 海洋底熱水循環
  • 2002 - 熱水活動と初期生物の生息場の関連について
  • 2000 - 九州西縁地域のテクトニクス
  • 熱水活動と初期生命の発生・生活場の復元
全件表示
MISC (13件):
もっと見る
書籍 (2件):
  • テクトニクスと地球環境の変遷(7章)(共著)
    岩波講座 地球惑星科学13巻 地球進化論 岩波書店 1998
  • 造山帯と大陸の成長(3章)(共著)
    岩波講座 地球惑星科学13巻 地球進化論 岩波書店 1998
講演・口頭発表等 (6件):
  • DXCL-ドリリングプロジェクト:32億年前の海底堆積物を調べる
    (地球惑星連合大会 2008)
  • 薩摩硫黄島長浜湾の鉄酸化物堆積作用と熱水チムニーの発見
    (地球惑星連合大会 2008)
  • 3.2 Ga hydrothermal sedimentary sequence: DXCL drilling Project, West Pilbara, Australia,
    (AGU 2008)
  • DXCL掘削計画:ピルバラ海岸グリーンストーン帯,32億年前のクリバービル層群の掘削報告1
    (日本地質学会 2008)
  • 3.2 Ga Island arc oceanic sedimentary sequence: Preliminary result of the Dixon island-Cleaverville Drilling (DXCL-Dri) Project
    (Australian earth sciences convention (AESC) 2008)
もっと見る
Works (12件):
  • 原生代の海洋底を探る(ガーナ,カナダ 19億年前の衝突帯)
    2007 - 2009
  • DXCL-ドリリングプロジェクト:32億年前の海底堆積物を調べる (ピルバラ・オーストラリア)
    2006 - 2009
  • 太古代・海底熱水系断面の復元 初期生物生息場所解明への地質学的・化学的アプローチ
    2002 -
  • ナミビア雪玉地球仮説地域の地質調査(予察)
    2002 -
  • 四国秩父帯・四万十帯境界の地質構造発達史
    2002 -
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 1993 東京大学 理学研究科 地質学
  • - 1989 筑波大学 理工学研究科 地球科学
  • - 1987 高知大学 理学部 地学
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東京大学)
受賞 (1件):
  • 2008 - 日本地質学会論文賞 べリース国に分布する白亜紀・第三紀境界周辺層,アルビオン層:チチュルブクレータに近接したイジェクタとその堆積層, 2006年, 地質学雑誌 第112巻 第12号 730-748.
所属学会 (4件):
IAS ,  GSA ,  AGU ,  日本地質学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る