研究者
J-GLOBAL ID:200901011897477556   更新日: 2020年05月16日

山城 昌志

ヤマシロ マサシ | Yamashiro Masashi
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (2件): 半導体、光物性、原子物理 ,  磁性、超伝導、強相関系
研究キーワード (3件): 数値シミュレーション ,  超伝導接合系 ,  強相関電子系
論文 (26件):
  • Masashi Yamashiro. Numerical Simulation Study of Surface reactions on the Organic Polymer Etching by Hydrogen-Nitrogen Ion Beam Injections. JOURNAL OF THE COLLEGE OF INDUSTRIAL TECHNOLOGY NIHON UNIVERSITY. 2018. 51. 2. 1-14
  • 山城昌志, 吉田亘克. Alteration of tunneling mechanism due to ferromagnetic insulator on Andreev spectroscopy for ferromagnet/superconductor junctions. Journal of Physics Communications. 2018. 2. 1. 015010
  • Masashi Yamashiro, Motohiko Tanaka. Destructions of Layered Structure of Graphite by First-principle Calculations. Annual Report of National Institute for Fusion Science April2008-March2009. 2009. 416
  • 山城昌志, 浜口智志. Generation of Dust Seeds by Sputtering of Carbon-based Plasma Facing Materials under Low-energy H/D/T Ion Bombardment. Proceedings of the 22nd IAEA Fusion Energy Conference. 2009
  • Masashi Yamashiro, Ayuta Suzuki, Michiro Isobe, Satoshi Hamaguchi. Molecular Dynamics Simulation on Plasma Surface Interaction-from Industrial Plasma Processing to Fusion Applications. Book of Contributed Papers: 17th Symposium on Application of PlasmaProcesses (SAPP) and Visegrad Workshop on Research of Plasma Physics. 2009. 71-73
もっと見る
講演・口頭発表等 (19件):
  • 強磁性体/超伝導体接合系におけるスピンフィルター効果の理論的研究
    (日本物理学会第73回年次大会 2018)
  • 遍歴電子強磁性体-超伝導接合におけるスピン流コンダクタンスの理論
    (日本大学生産工学部第48回学術講演会 2015)
  • 遍歴電子強磁性体-超伝導接合における電気伝導度の理論
    (日本大学生産工学部第45回学術講演会 2012)
  • 超伝導・磁性体接合系における伝導現象の理論的研究
    (日本大学生産工学部第44回学術講演会 2011)
  • 金属電子系における準古典近似 -古典的軌道の導入-
    (日本大学生産工学部第44回学術講演会 2011)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1999 新潟大学 自然科学研究科 エネルギー基礎科学専攻
学位 (2件):
  • 修士(理学) (琉球大学)
  • 博士(理学) (新潟大学)
経歴 (6件):
  • 2019/04 - 日本大学 教授
  • 2011/04 - 2019/03 日本大学 准教授
  • 2008/04 - 2011/03 日本大学 助教
  • 2007/05 - 2008/03 自然科学研究機構核融合科学研究所 研究員
  • 2004/04 - 2007/04 大阪大学 特任研究員
全件表示
所属学会 (2件):
応用物理学会 ,  日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る