研究者
J-GLOBAL ID:200901012170008380   更新日: 2020年08月30日

北村 登史雄

キタムラ トシオ | Kitamura Toshio
所属機関・部署:
職名: グループ長
ホームページURL (1件): http://www.naro.affrc.go.jp/karc/index.html
研究分野 (2件): 植物保護科学 ,  植物保護科学
研究キーワード (4件): トマト黄化葉巻病 ,  タバココナジラミ ,  応用昆虫 ,  トマトサビダニ
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2014 - 2019 持続可能な農業生産のための新たな植物保護技術の開発
  • 2006 - 2008 トマトサビダニの土着天敵トマトツメナシコハリダニの実用化
  • 土着天敵を有効活用した害虫防除システムの開発(露地野菜類(キャベツ、ネギ、ナス)におけるチョウ目害虫の有望土着天敵の生態解明の天敵保護利用システムの開発)
論文 (27件):
もっと見る
MISC (27件):
  • 水谷 信夫, 北村 登史雄, 田中 彩友美, 安達 修平, 冨高 保弘. オクラのミナミアオカメムシに対する寄主植物としての好適性. 日本応用動物昆虫学会. 2019
  • 田中彩友美, 冨高保弘, 北村登史雄, 大西純. 黄色粘着板から回収したタバココナジラミ1個体からのマルチプレックスRT-PCR法によるトマト黄化葉巻ウイルス及びトマト退緑ウイルスの同時検出. 日本応用動物昆虫学会. 2019
  • 水谷信夫, 田中彩友美, 北村登史雄, 安達修平, 冨高保弘. 光反射シートがスナップエンドウのウラナミシジミの産卵数と卵寄生蜂Trichogramma の寄生率に与える影響. 第97回九州病害虫研究会. 2019
  • 田中彩友美, 冨高保弘, 北村登史雄, 大西純. Multiplex RT-PCR 法によるタバココナジラミ1 個体からのトマト黄化葉巻ウイルスとトマト退緑ウイルスの同時検出. 第97回九州病害虫研究会. 2019
  • 水谷信夫, 北村登史雄, 柿元一樹, 尾松直志, 井上栄明, 大田泉, 浦入千宗, 安部順一朗, 大野和朗. 熊本におけるオクラのワタアブラムシとその土着天敵類の発生消長. 九州病害虫研究会報. 2017. 63. 124-125
もっと見る
講演・口頭発表等 (24件):
  • アセチル化グリセリドによるタバココナジラミの吸汁行動に対する影響
    (日本応用動物昆虫学会大会講演要旨 2016)
  • 各種インセクタリープランツ候補植物による各種土着天敵の増強効果
    (日本応用動物昆虫学会大会講演要旨 2015)
  • 露地ナス圃場における光反射資材による害虫侵入防止効果
    (九州病害虫研究会報 2014)
  • 露地ナス圃場におけるタマゴコバチ類によるオオタバコガ密度抑制効果
    (日本応用動物昆虫学会大会講演要旨 2014)
  • 露地ナス圃場におけるオオタバコガの土着天敵の探索
    (日本応用動物昆虫学会大会講演要旨 2013)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1993 - 1995 岡山大学大学院 資源生物学専攻
  • 岡山大学 総合農業科学科
経歴 (6件):
  • 2020/04 - 現在 農研機構西日本農業研究センター 生産環境研究領域 虫害管理グループ グループ長
  • 2016/04 - 2020/03 農研機構九州沖縄農業研究センター 生産環境研究領域 野菜病害虫管理グループ 上級研究員
  • 2004/04 - 2016/03 農研機構野菜茶業研究所 野菜病害虫・品質研究領域 野菜IPM研究グループ 主任研究員
  • 2001/04 - 2004/03 農研機構野菜茶業研究所 果菜研究部 虫害研究室 研究員
  • 1997/08 - 2001/03 野菜・茶業試験場 久留米支場病害虫研究室 研究官
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2018/03 - 2019/02 九州病害虫研究会 庶務会計幹事
  • 2017/03 - 2018/02 九州病害虫研究会 編集幹事
  • 2011/04 - 2015/03 日本応用動物昆虫学会 電子広報委員
  • 関西病虫害研究会 庶務会計幹事
所属学会 (3件):
関西病虫害研究会 ,  九州病害虫研究会 ,  日本応用動物昆虫学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る