研究者
J-GLOBAL ID:200901012202817943   更新日: 2020年01月20日

徳間 伸一

Tokuma Shin'ichi
研究キーワード (1件): 聴覚音声学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2008 - 2010 L1(母語)とL2(外国語)の音声知覚の差異:英語と日本語の場合
論文 (27件):
  • Shinichi Tokuma. CROSS-LINGUISTIC PERCEPTION OF ENGLISH /p/-/b/ IN NOISE BY TWO LEVELS OF JAPANESE LEARNERS OF ENGLISH. Proceedings of Phonetics Teaching Learning Conference, UCL, London, August 2015. 2015. 97-100
  • Shinichi Tokuma. Perception of English minimal pairs in noise by Japanese listeners: does clear speech for L2 listeners help?. Proceedings of Interspeech 2013. 2013. 2086-2090
  • Shinichi Tokuma. L2 perception of English minimal pairs in different types of clear speech. Proceedings of Phonetics Teaching Learning Conference, UCL, London, August 2013. 2013. 95-98
  • 英語語強勢のL1/L2知覚におけるF0の役割:聴覚トレーニングは役に立つか?. Walpurgis 2013. 2013. 1. 15-26
  • Shinichi Tokuma, Yi Xu. L1 / L2 perception of lexical stress with F0 peak-delay: effect of an extra syllable added. Proceedings of Interspeech 2011, Florence, Italy. 2011. 1881-1884
もっと見る
MISC (3件):
  • 曽根田憲三, 曽根田純子, M.G.Brashear. シャーロックホームズ『秘密の武器』(大学語学教材). 1999
  • 田中弘樹, 広実義人. 紀伊半島山間部の母音:十津川村、龍神村、本宮町を中心として. 上智大学音声学研究論集. 1993
  • Syllabic Nasal のdurationとその聴覚. 上智大学音声学研究論集. 1991
書籍 (1件):
  • 荒井隆行、菅原勉編『言語・聴覚のための信号とシステム』
    海文堂出版 1998
講演・口頭発表等 (2件):
  • The effect of F0 peak-delay on the L1 & L2 perception of English lexical stress: a progress report
    (Speech Science Forum, Research Department of Speech, Hearing & Phonetic Sciences,University College London 2009)
  • Target missed: how does undershoot affect vowel quality
    (Phonetics, Phonology, Speech and Hearing Science Seminars and Talks 1994)
学歴 (1件):
  • 1991 - 1994 英国ロンドン大学大学院 ユニヴァーシティ・カレッジ音声言語学科
学位 (2件):
  • 文学修士 (上智大学)
  • 音声学博士 (ロンドン大学)
経歴 (8件):
  • 2007/04 - 中央大学商学部教授
  • 2002/04 - 2007/03 中央大学商学部助教授
  • 2001/04 - 2002/03 相模女子大学学芸学部英米文学科助教授
  • 1995/04 - 2002/03 國學院大学文学部非常勤講師
  • 1998/04 - 2001/03 相模女子大学学芸学部英米文学科専任講師
全件表示
所属学会 (3件):
日本音声学会 ,  International Speech Communication Association ,  Acoustical Society of America
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る