研究者
J-GLOBAL ID:200901012961745167   更新日: 2020年05月25日

中山 雅晴

ナカヤマ マサハル | Nakayama Masaharu
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://web.cc.yamaguchi-u.ac.jp/~nkymm/web/index.htmlhttp://web.cc.yamaguchi-u.ac.jp/~nkymm/web/index.html
研究分野 (2件): エネルギー化学 ,  無機物質、無機材料化学
研究キーワード (5件): 二酸化マンガン ,  エネルギー材料 ,  キャパシタ ,  電極触媒 ,  電析
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2019 - 2021 高度に規定された金属カルコゲナイドハイブリッド材料の設計とエネルギー関連機能
  • 2018 - 2019 二機能性バイレイヤー構造を有する塩素フリー電気防食用アノードの開発
論文 (58件):
  • Masaharu Nakayama, Kanon Suzuki, Kenta Fujii. Single-ion catalyst of Ni2+ anchored in the interlayer space of layered MnO2 for electro-oxidation of ethanol in alkaline electrolyte. Electrochemistry Communications. 2019. 105. 106492
  • Hikaru AbeTamie, KobayakawaHeishi MaruyamaToru WakabayashiMasaharu Nakayama. Thin Film Coating of Mg-Intercalated Layered MnO2 to Suppress Chlorine Evolution at an IrO2 Anode in Cathodic Protection. Electrocatalysis. 2019. 10. 2. 195-202
  • Daijiro Inohara, Heishi Maruyama, Yasuo Kakihara, Haruki Kurokawa, Masaharu Nakayama. Cobalt-Doped Goethite-Type Iron Oxyhydroxide (α-FeOOH) for Highly Efficient Oxygen Evolution Catalysis. ACS Omega. 2018. 3. 7840-7845
  • Kotaro Fujimoto, Takuya Okada, Masaharu Nakayama. Enhanced Oxygen Evolution Reaction Activity of Co Ions Isolated in the Interlayer Space of Buserite MnO2. Journal of Physical Chemistry C. 2018. 122. 8406-8413
  • Masaharu Nakayama, Koki Kaneshige, Kyohei Komine. Direct growth of birnessite-type MnO2on activated carbon cloth for a flexible supercapacitor. ECS Transactions. 2016. 75. 19-32
もっと見る
特許 (22件):
講演・口頭発表等 (245件):
  • 水系亜鉛イオン二次電池のフレキシブル正極としての層状二酸化マンガン薄膜被覆窒素ドープカーボンクロスの作製
    (2019年日本化学会中国四国支部大会徳島大会(徳島大学常三島キャンパス) 2019)
  • 二酸化マンガン/水酸化コバルト修飾電極の酸素発生特性に与える海水組成の影響
    (2019年日本化学会中国四国支部大会徳島大会(徳島大学常三島キャンパス) 2019)
  • ポリオール法により合成した遷移金属タングステン酸塩の酸素発生および還元特性
    (2019年日本化学会中国四国支部大会徳島大会(徳島大学常三島キャンパス) 2019)
  • 電解二酸化マンガンの熱処理による酸素還元反応特性への影響
    (2019年日本化学会中国四国支部大会徳島大会(徳島大学常三島キャンパス) 2019)
  • ブーゼライト型二酸化マンガン薄膜を被覆した電気防食アノードのバックフィル環境における酸素/塩素発生挙動
    (2019年電気化学秋季大会(山梨大学) 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1991 山口大学 工学研究科 工業化学
  • - 1989 山口大学 工学部 工業化学
学位 (1件):
  • 博士(工学) (山口大学)
経歴 (4件):
  • 2016/04 - 現在 山口大学 教授
  • 2010/05/18 - 2016/04/11 山口大学 大学院担当教授
  • 2010/04/07 - 2010/05/17 山口大学 大学院担当教授
  • 2010/02/24 - 2010/04/06 山口大学 大学院担当准教授
委員歴 (4件):
  • 2019/03 - 現在 日本分析化学会中国四国支部 副支部長
  • 2007/03 - 現在 日本分析化学会中国四国支部常任幹事
  • 2010/03 - 2012/02 Anal.Sci.誌編集委員会委員
  • 2005/03 - 2007/02 日本分析化学会中国四国支部幹事
所属学会 (3件):
日本分析化学会中国四国支部常任幹事 ,  日本分析化学会中国四国支部 常任幹事 ,  日本分析化学会中国四国支部の支部幹事
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る