研究者
J-GLOBAL ID:200901014902748953   更新日: 2021年04月30日

豊田 淳

トヨダ アツシ | TOYODA ATSUSHI
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (2件): http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/00292483http://researchmap.jp/atsushitoyoda
研究分野 (5件): 動物生命科学 ,  実験動物学 ,  動物生理化学、生理学、行動学 ,  神経科学一般 ,  家政学、生活科学
研究キーワード (18件): ストレス ,  質量分析 ,  マウス ,  うつ病 ,  柑橘 ,  脳腸相関 ,  視床下部 ,  消化管 ,  代謝 ,  栄養 ,  動物モデル ,  精神疾患 ,  フクレミカン ,  多飲症 ,  巣作り行動 ,  赤外線深度センサ ,  飼料 ,  メタボローム
競争的資金等の研究課題 (29件):
  • 2014 - 2015 機能性成分タウリンによる海馬遺伝子、タンパク質発現変化の網羅的解析
  • 2014 - 2015 食肉の給与が海馬のタンパク質リン酸化および遺伝子発現におよぼす影響
  • 2013 - 2014 脳腸相関視点における精神的ストレスの脳内影響解析
  • 2014 - 次世代機能性農林水産物・食品の開発
  • 2013 - 2014 食肉の給与が海馬のタンパク質リン酸化および遺伝子発現におよぼす影響
全件表示
論文 (67件):
  • Toyoda A, Shionome N, Kohari D, Iida S, Masato H, Namae N, Nakamura S, Tsukahara T. Metabolic and Microbial Characterizations for the Gastrointestinal Digesta of the Zoo Colobus guereza. Journal of Bacteriology and Mycology. 2021. 8. 1. 1162
  • Naoko Moriya, Naoko Yamagishi, Tatsuhiko Goto, Hikari Otabi, Hiromi Nira-Kimoto, Atsushi Toyoda, Chise Suzuki. The effects of chronic social defeat stress on solid gastric epmtying and defecation in C57BL/6J mice. Japan Agriculture Research Quarterly. 2021. 55. 1. 77-83
  • Takamitsu Tsukahara, Atsushi Toyoda, Takahiro Kawase, Shin-Ichi Nakamura, Kuniyasu Ochiai. Consecutive intra-gingival injections of lipopolysaccharide and butyric acid to mice induce abnormal behavior and changes in cytokine concentrations. Journal of neuroinflammation. 2020. 17. 1. 331-331
  • Masami Kojima, Hikari Otabi, Haruko Kumanogoh, Atsushi Toyoda, Masahito Ikawa, Masaru Okabe, Toshiyuki Mizui. Reduction in BDNF from Inefficient Precursor Conversion Influences Nest Building and Promotes Depressive-Like Behavior in Mice. International journal of molecular sciences. 2020. 21. 11
  • Teruo Miyazaki, Sei-Ich Sasaki, Atsushi Toyoda, Fan-Yan Wei, Mutsumi Shirai, Yukio Morishita, Tadashi Ikegami, Kazuhito Tomizawa, Akira Honda. Impaired bile acid metabolism with defectives of mitochondrial-tRNA taurine modification and bile acid taurine conjugation in the taurine depleted cats. Scientific reports. 2020. 10. 1. 4915-4915
もっと見る
MISC (43件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (224件):
  • 情動と巣作りに対する飼育ストレスの影響:BDNF一塩基多型モデルマウスの研究
    (第43回日本神経科学大会 2020)
  • 3次元深度カメラによる急性社会的敗北ストレスモデルマウスにおける巣作りと社会行動の解析
    (第43回日本神経科学大会 2020)
  • ヘスペリジンの給与はリポ多糖投与モデルマウスの血中白血球数と脳内キヌレニンレベルの増加を抑制する
    (第43回日本神経科学大会 2020)
  • 飼料の違いが慢性社会的敗北ストレスモデルマウスのレジリエンスと脳のキヌレニン経路におよぼす影響
    (第43回日本神経科学大会 2020)
  • 慢性社会的敗北ストレスモデルマウスを用いたビフィズス菌Bifidobacterium bifidum TMC3115株給与の評価
    (日本農芸化学会2020年度大会 2020)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1993 - 1995 京都大学大学院 人間形成論
  • 1989 - 1993 京都大学 畜産学科
学位 (1件):
  • 博士(農学) (京都大学)
経歴 (10件):
  • 2019/04 - 現在 東京農工大学大学院連合農学研究科 教授(併任)
  • 2019/04 - 現在 茨城大学 農学部 教授
  • 2010/07 - 2019/03 東京農工大学大学院連合農学研究科 准教授(併任)
  • 2010/04 - 2019/03 茨城大学農学部 准教授
  • 2006/07 - 2010/03 茨城大学 農学部 講師
全件表示
委員歴 (12件):
  • 2017/04 - 現在 日本神経科学会 神経科学者SNS運営委員会
  • 2016/07 - 現在 茨城県畜産研究会 幹事
  • 2016/04 - 現在 家畜栄養生理研究会 幹事
  • 2015/04 - 現在 日本畜産学会 第17回AAAP大会組織委員会委員
  • 2011/03 - 現在 ルーメン研究会 評議員
全件表示
受賞 (3件):
  • 2019/06 - 国立大学法人茨城大学 令和元年度国立大学法人茨城大学学長学術表彰優秀賞 心理社会的ストレスモデル動物の栄養・代謝に関する研究
  • 2019/03 - 日本畜産学会 日本畜産学会賞 心理社会的ストレスモデル動物の栄養・代謝に関する研究
  • 2017/03 - 日本畜産学会 日本畜産学会Reviewers賞
所属学会 (9件):
ヘスペリジン研究会 ,  ルーメン研究会 ,  北米神経科学会 ,  日本栄養・食糧学会 ,  日本神経科学学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本農芸化学会 ,  日本畜産学会 ,  家畜栄養生理研究会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る