研究者
J-GLOBAL ID:200901014902748953   更新日: 2019年12月26日

豊田 淳

トヨダ アツシ | ATSUSHI TOYODA
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (2件): http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/00292483http://researchmap.jp/atsushitoyoda
研究分野 (5件): 獣医学 ,  家政・生活学一般 ,  応用分子細胞生物学 ,  神経生理学・神経科学一般 ,  統合動物科学
研究キーワード (33件): メタボローム ,  社会的敗北 ,  飼料 ,  側坐核 ,  BDNF ,  アクアポーリン ,  乳成分 ,  赤外線深度センサ ,  巣作り行動 ,  多飲症 ,  フクレミカン ,  モノアミン ,  アミノ酸 ,  精神疾患 ,  動物モデル ,  海馬 ,  栄養 ,  代謝 ,  消化管 ,  視床下部 ,  マロニル-CoA ,  包括脳ネットワーク ,  脳腸相関 ,  柑橘 ,  うつ病 ,  マウス ,  ラット ,  タウリン ,  質量分析 ,  ストレス ,  遺伝子 ,  プロテオーム ,  遊離脂肪酸
競争的資金等の研究課題 (29件):
  • 2014 - 2015 機能性成分タウリンによる海馬遺伝子、タンパク質発現変化の網羅的解析
  • 2014 - 2015 食肉の給与が海馬のタンパク質リン酸化および遺伝子発現におよぼす影響
  • 2014 - 次世代機能性農林水産物・食品の開発
  • 2013 - 2014 食肉の給与が海馬のタンパク質リン酸化および遺伝子発現におよぼす影響
  • 2013 - 2014 機能性成分タウリンが海馬神経成長因子関連遺伝子発現におよぼす影響
全件表示
論文 (57件):
  • Tsukahara T, Kawase T, Yoshida H, Bukawa W, Kan T, Toyoda A. Preliminary investigation of the effect of oral supplementation of Lactobacillus plantarum strain SNK12 on mRNA levels of neurotrophic factors and GABA receptors in the hippocampus of mice under stress-free and sub-chronic mild social defeat-stressing con. Bioscience, biotechnology, and biochemistry. 2019. 83. 12. 2345-2354
  • Sato M, Okuno A, Suzuki K, Ohsawa N, Inoue E, Miyaguchi Y, Toyoda A. Dietary intake of the citrus flavonoid hesperidin affects stress-resilience and brain kynurenine levels in a subchronic and mild social defeat stress model in mice. Bioscience, biotechnology, and biochemistry. 2019. 83. 9. 1756-1765
  • Maehata H, Kobayashi Y, Mitsuyama E, Kawase T, Kuhara T, Xiao JZ, Tsukahara T, Toyoda A. Heat-killed Lactobacillus helveticus strain MCC1848 confers resilience to anxiety or depression-like symptoms caused by subchronic social defeat stress in mice. Bioscience, biotechnology, and biochemistry. 2019. 83. 7. 1239-1247
  • Sato M, Goto T, Inoue E, Miyaguchi Y, Toyoda A. Dietary Intake of Immature Citrus tumida Hort. ex Tanaka Peels Suppressed Body Weight Gain and Fat Accumulation in a Mouse Model of Acute Obesity. Journal of nutritional science and vitaminology. 2019. 65. 1. 19-23
  • Koyama H, Tachibana Y, Takaura K, Takemoto S, Morii K, Wada S, Kaneko H, Kimura M, Toyoda A. Effects of housing conditions on behaviors and biochemical parameters in juvenile cynomolgus monkeys (Macaca fascicularis). Experimental animals. 2018. 68. 2. 195-211
もっと見る
MISC (35件):
  • Miyazaki T, Sasaki SI, Toyoda A, Shirai M, Ikegami T, Matsuzaki Y, Honda A. Influences of Taurine Deficiency on Bile Acids of the Bile in the Cat Model. Advances in experimental medicine and biology. 2019. 1155. 35-44
  • 宮崎照雄、佐々木誠一、豊田 淳、白井 睦、池上 正、松崎靖司、本多 彰. タウリンの胆汁酸代謝に及ぼす作用に評価におけるネコモデルの有用性. タウリンリサーチ. 2018. 4. 13-16
  • Toyoda A. Social defeat models in animal science: What we have learned from rodent models. Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho. 2017. 88. 7. 944-952
  • 飯尾 恒、塚原隆充、小川恭喜、長南 茂、豊田 淳. 社会的敗北ストレスモデルを用いた増体および摂食行動に関する研究. 栄養生理研究会報. 2017. 61. 1. 27-34
  • 宮崎照雄、佐々木誠一、豊田淳、白井睦、池上正、松﨑靖司、本多彰. タウリン欠乏モデルネコの作製. タウリンリサーチ. 2017. 3. 36-38
もっと見る
講演・口頭発表等 (217件):
  • 亜鉛欠乏がラットの脳内亜鉛濃度に与える影響
    (微量栄養素研究会 1993)
  • 孤束核ニューロンに対するアンギオテンシンII(AII)の作用機構
    (日本神経科学会 1994)
  • 視床下部温受容ニューロンの温度感受性カチオンコンダクタンス
    (第18回日本神経科学大会 1994)
  • PSD-95/SAP90に結合する新しい蛋白質のクローニングとその性状解析
    (第69回日本生化学会大会・第19回日本分子生物学会年会合同年会 1996)
  • PSD-95/SAP90関連遺伝子のクローニングとその性状解析
    (第69回日本生化学会大会・第19回日本分子生物学会年会合同年会 1996)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1989 - 1993 京都大学 農学部 畜産学科
  • 1993 - 1995 京都大学大学院 人間・環境学研究科 人間形成論
学位 (1件):
  • 博士(農学) (京都大学)
経歴 (9件):
  • 1990/04 - 1993/03 京都大学農学部畜産学科
  • 1993/04 - 1995/03 京都大学大学院
  • 1995/04 - 1997/03 新技術事業団 技術員
  • 1997/04 - 2006/06 茨城大学 農学部 助手
  • 2006/07 - 2010/03 茨城大学 農学部 講師
全件表示
委員歴 (10件):
  • 2017/04 - 現在 日本神経科学会 神経科学者SNS運営委員会
  • 2016/07 - 現在 茨城県畜産研究会 幹事
  • 2016/04 - 現在 家畜栄養生理研究会 幹事
  • 2015/04 - 現在 日本畜産学会 第17回AAAP大会組織委員会委員
  • 2014/09 - 現在 日本神経科学学会 神経科学教育委員会
全件表示
受賞 (3件):
  • 2019/06 - 国立大学法人茨城大学 令和元年度国立大学法人茨城大学学長学術表彰優秀賞 心理社会的ストレスモデル動物の栄養・代謝に関する研究
  • 2019/03 - 日本畜産学会 日本畜産学会賞 心理社会的ストレスモデル動物の栄養・代謝に関する研究
  • 2017/03 - 日本畜産学会 日本畜産学会Reviewers賞
所属学会 (8件):
家畜栄養生理研究会 ,  日本畜産学会 ,  日本農芸化学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本神経科学学会 ,  日本栄養・食糧学会 ,  北米神経科学会 ,  ルーメン研究会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る