研究者
J-GLOBAL ID:200901015451702616   更新日: 2020年08月29日

志垣 賢太

Shigaki Kenta
所属機関・部署:
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2018 - 2022 クォーク階層とハドロン階層を繋ぐ動的機構
  • 2015 - 2018 極致エネルギー原子核衝突による解放クォーク挙動解明の第二跳躍:硬散乱事象選択測定
  • 2014 - 2016 原子核偏芯衝突を用いた宇宙最高強度磁場の実験的検出と非線形量子電磁力学への挑戦
  • 2011 - 2014 人類未到エネルギーにおける粒子生成機構と非束縛クォーク間相互作用解明への王道敷設
  • 2011 - 2012 仮想光子偏極測定によるカイラル磁場生成の直接的検出
全件表示
論文 (210件):
もっと見る
書籍 (1件):
  • パリティ
    丸善出版
講演・口頭発表等 (13件):
  • Heavy Ion Physics in the Future in the Highest Energy Regime
    (韓国物理学会シンポジウム 2018)
  • sqrt(s_NN) = 200 GeVの原子核衝突を用いたハドロン質量発現機構の探究
    (日本物理学会シンポジウム「カイラル対称性と核物質中のハドロン質量測定」 2007)
  • Physics at ALICE built upon the RHIC Outcomes
    (名古屋大学国際研究会「Strongly Coupled Quark-Gluon Plasma: SPS, RHIC and LHC」 2007)
  • 直接生成光子測定の物理、現状、展望
    (高エネルギー重イオン実験の現象論的解析 2004)
  • 初期パートン衝突起源の現象とパートン非束縛系生成の予兆
    (日本物理学会シンポジウム「超高温QCD研究の最前線」 2004)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1992 - 1995 東京大学 物理学専攻
  • 1990 - 1992 東京大学 物理学専攻
  • 1986 - 1990 東京大学 物理学科
学位 (2件):
  • 博士(理学) (東京大学)
  • 修士(理学) (東京大学)
経歴 (4件):
  • 2019/04/01 - 広島大学 大学院理学研究科 教授
  • 2007/04/01 - 2019/03/31 広島大学 理学研究科 准教授(職名変更)
  • 2003/04/01 - 2007/03/31 広島大学 理学研究科 助教授
  • 2001/01/01 - 2003/03/31 日本原子力研究所 研究員
委員歴 (8件):
  • 2018/04 - 2019/03 長崎総合科学大学 客員研究員
  • 2018/04 - 2019/03 国立研究開発法人理化学研究所 客員研究員
  • 2018/04 - 2019/03 名古屋大学大学院理学研究科 非常勤講師
  • 2017/06 - 2018/03 長崎総合科学大学 客員研究員
  • 2017/04 - 2018/03 国立研究開発法人理化学研究所 客員研究員
全件表示
受賞 (1件):
  • 2015/07/31 - 独立行政法人日本学術振興会理事長 平成26年度特別研究員等審査会専門委員(書面担当)及び国際事業委員会書面審査員の表彰
所属学会 (2件):
日本加速器学会 ,  日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る