研究者
J-GLOBAL ID:200901016862445882   更新日: 2019年11月26日

高橋 卓也

タカハシ タクヤ | TAKAHASHI Takuya
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (2件): 構造生物化学 ,  生物物理学
研究キーワード (1件): 構造生物学, 生物物理学、分子科学、計算機科学
論文 (29件):
  • Takuya Shimato, Kota Kasahara​​, Junichi Higo and Takuya Takahashi. Effects of number of parallel runs and frequency of bias-strength replacement in generalized ensemble molecular dynamics simulations. Peer J. Phys. Chem. 2019. 1:e4
  • Kota Kasahara​​, Yuki Takimoto,Ryoi Ashida, Takuya Takahashi. Effects of ion-water Lennard-Jones potentials on the hydration dynamics around a monovalent atomic ion in molecular dynamics simulations. Molecular Simulation. 2019. 45. 19. 1572-
  • Kota Kasahara​​, HirokiTerazawa, Takuya Takahashi, and Junichi Higo. Studies on Molecular Dynamics of Intrinsically Disordered Proteins and Their Fuzzy Complexes: A Mini-Review. Computational and Structural Biotechnology Journal. 2019. 17. 712-720
  • Ryosuke Iwai, Kota Kasahara​​, and Takuya Takahashi. Influence of various parameters in the replica-exchange molecular dynamics method: Number of replicas, replica-exchange frequency, and thermostat coupling time constant. Biophysics and Physicobiology. 2018. 15. 165-172
  • Naoki Ogasawara​, Kota Kasahara​​, Ryosuke Iwai, and Takuya Takahashi. Unfolding of α-helical 20-residue poly-glutamic acid analyzed by multiple runs of canonical molecular dynamics simulations. PeerJ. 2018. 6. e4769
もっと見る
書籍 (4件):
  • "イオンと水", 水と生命
    永山國昭監修 共立出版 2000
  • "ライフサイエンスと保健衛生", 保健衛生と健康スポーツ科学
    篠原出版新社 2006
  • 生命科学1 生物個体から分子へ
    コロナ社 2012 ISBN:978-4-339-06742-2
  • Practical Estimation of TCR-pMHC Binding Free-Energy Based on the Dielectric Model and the Coarse-Grained Model
    InTech - Open Access Company 2012
講演・口頭発表等 (91件):
  • 金属貯蔵タンパク質フェリチンの3回軸及び4回軸でのイオン透過における静電エネルギー障壁計算
    (日本生物物理学会第40回年会 2000)
  • Calculation of solvation free energy of biomolecules : Evaluation of numerical error of continuum model
    (日本生物物理学会第43回年会 2000)
  • 2面角系における溶媒効果を取り込んだ蛋白質エネルギー極小化アルゴリズムの開発
    (日本生物物理学会第41回年会 2003)
  • 溶媒効果を取り込んだ蛋白質エネルギー極小化アルゴリズムの2面角系への拡張
    (第26回溶液化学シンポジウム 2003)
  • Development of Energy-minimization and Molecular Simulation Algorithm Considering Solvation Effects in Dihedral Angle Space
    (The 1st Pacific-Rim International Conference on Protein Science 2004)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1985 東京大学 理学部 物理学科
  • - 1991 東京大学大学院 理学系研究科
学位 (1件):
  • 理学博士(東京大学) (東京大学)
経歴 (7件):
  • 1985/04/01 - 1986/03/31 シャープ(株)東京研究所・研究員
  • 1991/04/01 - 1994/01/31 新技術事業団(現・科学技術振興事業団)創造科学技術推進事業・研究員
  • 1994/02/01 - 1997/08/31 東京大学教養学部(現・大学院総合文化研究科)・助手
  • 1997/09/01 - 2003/03/31 岡崎国立共同研究機構(現・自然科学研究機構)生理研=>基生研=>分子研=>統合バイオ・助手
  • 2003/04/01 - 2008/03/31 立命館大学・理工学部・助教授
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2014/01 - 2016/01 日本学術振興会 科学研究費助成事業 第1段審査(書面審査)委員 平成27年度
所属学会 (2件):
日本生物物理学会 ,  日本蛋白質科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る