研究者
J-GLOBAL ID:200901017150818697   更新日: 2020年07月06日

加来田 博貴

カクタ ヒロキ | Kakuta Hiroki
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 合成医薬品開発学
ホームページURL (2件): http://www.cc.okayama-u.ac.jp/~kakuta-h/kakuta_lab/index.htmlhttp://www.cc.okayama-u.ac.jp/~kakuta-h/kakuta_lab_english/index.html
研究分野 (2件): 生体化学 ,  薬系化学、創薬科学
研究キーワード (11件): 医薬化学 ,  ホウ素中性子捕捉療法 ,  潰瘍性大腸炎 ,  希少疾病 ,  鎮痛 ,  抗アレルギー ,  抗炎症 ,  アラキドン酸カスケード ,  核内受容体 ,  脂質代謝制御物質創製 ,  レチノイド
論文 (19件):
  • Yamada S, Kawasaki M, Fujihara M, Watanabe M, Takamura Y, Takioku M, Nishioka H, Takeuchi Y, Makishima M, Motoyama T, Ito S, Tokiwa H, Nakano S, Kakuta H. Competitive Binding Assay with an Umbelliferone-based Fluorescent Rexinoid for Retinoid X Receptor Ligand Screening. Journal of medicinal chemistry. 2019
  • Takamura Y, Takahashi M, Nishii M, Shibahara O, Watanabe M, Fujihara M, Kakuta H. 3H-Imidazo[4,5-b]pyridine-6-carboxylic acid derivatives as rexinoids with reduced teratogenicity. Bioorganic & medicinal chemistry letters. 2019. 29. 15. 1891-1894
  • Takamura Y, Shibahara O, Watanabe M, Fujihara M, Yamada S, Akehi M, Sasaki T, Hirano H, Kakuta H. Fluorine-18 (18F)-labeled retinoid x receptor (RXR) partial agonist whose tissue transferability is affected by other RXR ligands. Bioorganic & medicinal chemistry. 2019. 27. 14. 3128-3134
  • Shibahara O, Watanabe M, Takamura Y, Yamada S, Akehi M, Sasaki T, Akahoshi A, Hanada T, Hirano H, Nakatani S, Nishioka H, Takeuchi Y, Kakuta H. Correction to Synthesis of 11C-Labeled RXR Partial Agonist 1-[(3,5,5,8,8-Pentamethyl-5,6,7,8-tetrahydronaphthalen-2-yl)amino]benzotriazole-5-carboxylic Acid (CBt-PMN) by Direct [11C]Carbon Dioxide Fixation via Organolithiation of Tri. Journal of medicinal chemistry. 2019. 62. 9. 4780-4781
  • Itaba N, Kono Y, Watanabe K, Yokobata T, Oka H, Osaki M, Kakuta H, Morimoto M, Shiota G. Reversal of established liver fibrosis by IC-2-engineered mesenchymal stem cell sheets. Scientific reports. 2019. 9. 1. 6841
もっと見る
MISC (70件):
特許 (36件):
もっと見る
書籍 (2件):
  • 現代化学
    東京化学同人 2007
  • ファルマシア6月号
    社団法人日本薬学会 2004
講演・口頭発表等 (42件):
  • RXRアゴニスト NEt-3IPの抗アレルギー作用について
    (日本薬学会第129年会 2010)
  • チアゾリジンジオン骨格を有する新規選択的血管新生阻害剤GPU-4の開発 発表形式:ポスター
    (日本薬学会第129年会 2010)
  • 新規レチノイドX受容体アゴニスト NEt-3IP のラットにおける体内動態評価
    (日本薬学会第129年会 2010)
  • ヒドロキサム酸を有さない新規 MMP 阻害剤の開発研究 発表形式:ポスター
    (日本薬学会第129年会 2010)
  • パーミッシブ機構に着目したRXRパーシャルアゴニストの挙動検証
    (創薬懇話会2009 2009)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 2003 東京大学 薬学系研究科 分子薬学専攻
  • - 2003 東京大学 薬学系研究科
  • - 1997 岡山大学 薬学部 製薬科学科
学位 (2件):
  • Ph.D.
  • 博士(薬学) (東京大学)
経歴 (4件):
  • 2007 - 2008 岡山大学医歯薬学総合研究科 助教
  • 2008 - - 岡山大学医歯薬学総合研究科 准教授
  • 2004 - 2007 岡山大学医歯薬学総合研究科 助手
  • 2003 - 2004 岡山大学薬学部 助手
委員歴 (2件):
  • 2018/06 - 現在 日本ビタミン学会 代議員
  • 2014 - 現在 日本ビタミン学会 トピックス編集委員
受賞 (5件):
  • 2015/07 - 岡山工学振興会 岡山工学振興会 科学技術賞
  • 2015/06 - 日本ビタミン学会 日本ビタミン学会賞(奨励賞) レチノイドX受容体を標的とした創薬に関する研究
  • 2012/02 - 岡山大学 平成23年度トップリサーチャー賞
  • 2010/11 - 日本薬学会医薬化学部会 平成22年度 MCS優秀賞(共同受賞) 1型・2型糖尿病モデルで経口血糖降下作用を示すベンゾトリアゾール型レチノイドX受容体パーシャルアゴニスト
  • 2008/11 - 日本薬学会中国四国支部奨励賞
所属学会 (3件):
日本薬学会 ,  アメリカ化学会 ,  日本ビタミン学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る