研究者
J-GLOBAL ID:200901017354910541   更新日: 2020年06月11日

楠美 嘉晃

クスミ ヨシアキ | Kusumi Yoshiaki
所属機関・部署:
職名: 専任講師
研究分野 (3件): 人体病理学 ,  人体病理学 ,  人体病理学
研究キーワード (4件): 浸潤 ,  早期発見 ,  腺癌 ,  子宮頸部腫瘍
論文 (27件):
  • Particular gene upregulation and p53 heterogeneous expression in TP53-mutated maxillary carcinoma. Oncology Letters. 2017. 14. 4. 4633-4640
  • Hasegawa H, Kusumi Y, Asakawa T, Maeda M, Oinuma T, Furusaka T, Oshima T, Esumi M. Expression of von Hippel-Lindau tumor suppressor protein (pVHL) characteristic of tongue cancer and proliferative lesions in tongue epithelium. BMC Cancer. 2017. 17. 381
  • Nakanishi Y, Shimizu T, Tsujino I, Obana Y, Seki T, Fuchinoue F, Ohni S, Oinuma T, Kusumi Y, Yamada T, Takahashi N, Hashimoto S, Nemoto N. Semi-nested real-time reverse transcription polymerase chain reaction methods for the successful quantitation of cytokeratin mRNA expression levels. Acta Histochem Cytochem. 2013. 330. 46. 85-96
  • Nakanishi Y, Shimizu T, Tsujino I, Obana Y, Seki T, Fuchinoue F, Ohni S, Oinuma T, Kusumi Y, Yamada T, Takahashi N, Hashimoto S, Nemoto N. Semi-nested real-time reverse transcription polymerase chain reaction methods for the successful quantitation of cytokeratin mRNA expression levels. Acta Histochem Cytochem. 2013. 330. 46. 85-96
  • A lipid peroxidation-derived inflammatory mediator: identification of 4-hydroxy-2-nonenal as a potential inducer of cyclooxygenase-2 in macrophages. J Biol Chem. 2004. 279. 46. 48389-96
もっと見る
書籍 (1件):
  • 第18章 腫瘍性疾患に関連した尿細管間質病変と血管病変
    東京医学社 2005
講演・口頭発表等 (18件):
  • 気管支原性嚢胞の一例
    (第108回日本病理学会総会 2019)
  • 直腸腺神経内分泌癌(MANEC)の1例
    (第108回日本病理学会総会 2019)
  • 免疫染色ガイドによる病理診断支援のためのアプリ開発の検討
    (第108回日本病理学会総会 2019)
  • 子宮頸部上皮内腫瘍とHLA class I発現の関連
    (第108回日本病理学会総会 2019)
  • 乳腺化生癌の発生機序に関する研究
    (第108回日本病理学会総会 2019)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1979 防衛医科大学校 医学部 病理
学位 (1件):
  • 医学博士 (日本大学)
所属学会 (2件):
日本病理学会 ,  日本腎臓学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る