研究者
J-GLOBAL ID:200901017391027046   更新日: 2021年02月26日

村松 陸雄

ムラマツ リクオ | Muramatsu Rikuo
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://muramatsu-lab.com/
研究分野 (5件): その他 ,  その他 ,  社会心理学 ,  環境政策、環境配慮型社会 ,  循環型社会システム
研究キーワード (4件): 越境論・異分野融合 ,  未来の学び ,  行動科学 ,  環境心理学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2017 - 2019 異分野融合を志向する越境研究者ネットワークによる社会問題解決の実践研究
  • 2006 - 2007 平成18年度サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト講座型学習活動プランA[武蔵野大学で学ぼう!-ぼくらは環境探偵団 in 武蔵野大学]
  • 2003 - 2006 環境実践プロジェクトに対する主体的な参画が環境意識、環境配慮行動等に及ぼす影響
  • 2001 - 2003 光と音の複合環境に関する研究
  • 1997 - 1998 照明社会表象(Lighting Social Representation) に基づく都市不安感に関する検討
論文 (27件):
もっと見る
MISC (28件):
  • 村松陸雄, 伊藤通子, 石井雅章, 勝浦信幸, 小林久美子, 小山田健, 田中優, 長岡素彦, 畑正夫, 村山史世, et al. 「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損々」は大学PBLでもいえるのか、学生と教員のエンゲージメントをアンカンファレンスで考える150分。あなたもこの企画セッションに巻き込まれてみては!?. 第26回大学教育研究フォーラム発表論文集. 2020
  • 村松陸雄, 葛西妃南, 眞弓愛里沙, 出塚益弘, 加藤要, 椎名悠斗. 環境学に対するイメージと期待に関する探索的検討. 日本環境教育学会第30回年次大会(山梨)研究発表要旨集. 2019
  • 村松 陸雄, 滝口 直樹, 高橋 朝美, 村山 史世, 長岡 素彦, 石井 雅章. 報告 企画セッション報告2「SDGs の地域社会との接合可能性を探るーマルチステイクホルダー・パートナーシップの観点から. 環境情報科学. 2019. 48. 1. 99-100
  • 村松陸雄, 滝口直樹, 高橋朝美, 村山史世, 長岡素彦, 石井雅章. 企画セッション報告(1)「SDGsの地域社会との接合可能性を探るーマルチステイクホルダー・パートナーシップの観点から」. 第32回環境情報科学学術研究論文発表会. 2019
  • 村山史世, 長岡素彦, 早川公, 石井雅章, 長岡素彦, 村松陸雄, 陣内雄次. 未来のプロフェッショナルを育むために大学教育に求められる変容とは?. 第25回大学教育研究フォーラム論文集. 2019
もっと見る
書籍 (12件):
  • 建築環境心理生理用語集[和英・英和]
    彰国社 2013 ISBN:4395100481
  • 「環境心理学特講」資料集
    武蔵野大学大学院通信教育部 2010
  • 心理学実験実習(中級)-2009年改訂版
    角川学芸出版 2009
  • 心理学実験実習(初級)-2009年改訂版
    角川学芸出版 2009
  • 心理測定法
    武蔵野大学通信教育部 2008
もっと見る
講演・口頭発表等 (33件):
  • 趣旨説明:「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損々」は大学PBLでもいえるのか、学生と教員のエンゲージメントをアンカンファレンスで考える150分。あなたもこの企画セッションに巻き込まれてみては!?
    (第26回大学教育研究フォーラム 2020)
  • ワークショップ「お先真っプラ」-プラスチックごみ問題を理解を深める新ワークショップ提案
    (未来の先生展2019 2019)
  • 環境学に対するイメージと期待に関する探索的検討
    (日本環境教育学会第30回年次大会(山梨) 2019)
  • 社会情報学とSDGs
    (社会情報学会社員総会シンポジウム 2019)
  • 指定討論:未来のプロフェッショナルを育むために大学教育に求められる変容とは?
    (第25回大学教育研究フォーラム 2019)
もっと見る
Works (3件):
  • 人間・環境学会研究委員会「人間環境系倫理研究会」 2009 年度報告書
    2010 -
  • 「環境心理学の何を教えるか?いかに教えるか」 環境心理教材SWG報告書
    著者, 渡辺秀俊, 高橋正樹, 木多道宏, 橘弘志, 実, 隼田尚彦, 土田義郎, 共同研究につき, 本人担当部分抽出不 2007 -
  • 多属性問題として捉えた光環境評価
    2002 -
学歴 (1件):
  • 1996 - 2002 東京工業大学大学院 人間環境システム専攻, 博士(工学)
経歴 (9件):
  • 2020/06 - 現在 学校法人武蔵野大学 評議員
  • 2020/04 - 現在 武蔵野大学 別科長
  • 2020/04 - 現在 武蔵野大学 教務部長
  • 2018/04 - 現在 武蔵野大学大学院環境学研究科 環境システム専攻博士課程 教授
  • 2015/04/01 - 現在 武蔵野大学工学部 環境システム学科 教授
全件表示
委員歴 (19件):
  • 2019/06 - 現在 一般社団法人環境情報科学センター 行事委員会 委員
  • 2019/04 - 現在 日本建築学会 環境工学委員会 環境心理生理運営委員会 人類学的アプローチ小委員会 委員
  • 2019/04 - 現在 日本建築学会環境工学委員会 環境心理生理運営委員会 人類学的アプローチ小委員会 「文化・社会WG] 委員
  • 2016/04 - 現在 未来の学びと持続可能な開発・発展研究会(みがくSD研) 共同代表
  • 2005/03 - 現在 環境省 環境カウンセラー[市民部門]
全件表示
受賞 (1件):
  • 2002/08 - 平成14年度照明学会論文賞
所属学会 (7件):
未来の学びと持続可能な開発・発展研究会(みがくSD研) ,  日本質的心理学会 ,  日本環境心理学会 ,  人間・環境学会 ,  日本環境教育学会 ,  環境情報科学センター ,  日本建築学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る