研究者
J-GLOBAL ID:200901018117634714   更新日: 2020年06月22日

眞田 幸俊

サナダ ユキトシ | Yukitoshi Sanada
所属機関・部署:
職名: 教授
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2019 - 2022 マルコフ連鎖モンテカルロ法を用いた多信号復調方式の検討
  • 2016 - 2019 非直交多元接続を用いたヘテロジニアスネットワークのスループット特性
論文 (98件):
  • Ishikawa Haruya, Sanada Yukitoshi. Effect of Joint Detection on System Throughput in Distributed Antenna Network. IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS. 2019. E102B. 3. 641-647
  • Sanada Yukitoshi. Non-orthogonal multiple access with joint maximum likelihood detection in heterogeneous network. EURASIP JOURNAL ON WIRELESS COMMUNICATIONS AND NETWORKING. 2018
  • Miyagi H, Sanada Y. Performance of MMSE interference rejection followed by joint MLD for DAN. IEICE Transactions on Communications. 2018. E101B. 12. 2471-2478
  • Gao P, Sanada Y. Downlink Performance of MRT-BD in Multiuser Massive MIMO with Low Resolution ADCs. IEEE 5G World Forum, 5GWF 2018 - Conference Proceedings. 2018. 52-59
  • Sanada Yukitoshi. Special Section on Communication Quality in Wireless Networks FOREWORD. IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS. 2018. E101B. 7. 1522-1522
もっと見る
MISC (2件):
  • Sanada Y. Special section on communication quality in wireless networks. IEICE Transactions on Communications. 2018. E101B. 7
  • 眞田 幸俊. 次世代ワイヤレス通信技術 UWBの魅力. Computerworld. 2004. pp. 130-133
特許 (42件):
もっと見る
書籍 (8件):
  • ソフトウェアで作る無線機の設計法担当
    科学情報出版 2016
  • 4G Mobile and Wireless Communications Technologies
    River Publishers 2008
  • MATLABマルチメディア信号処理
    2004
  • マルチメディア通信
    培風館 2002
  • Software Radio: Technologies and Services
    2001
もっと見る
講演・口頭発表等 (180件):
  • Complexity Reduction Schemes for Gibbs Sampling MIMO Detection with Maximum Ratio Combining
    (IEEE 87th Vehicular Technology Conference 2018)
  • Throughput Performance of Adaptive Frequency Offset Selection for Amplify-and-Forward Relay in Multiuser Environment
    (IEEE Vehicular Technology Conference 2018 Spring Workshop: TPoC5G 2018 2018)
  • Offloading Effect of Heterogeneous Network with Non-orthogonal Multiple Access
    (The 23rd Asia-Pasific Conference on Communications 2017)
  • MMSE Interference Rejection Followed by Joint Maximum Likelihood Detection for Distributed Antenna Network
    (The 23rd Asia-Pasific Conference on Communications 2017)
  • Cyclic Shift Resolution Effects on OFDM System Employing Cyclic-SLM with Delayed Correlation and Matched Filter
    (IEEE TENCON 2017 2017)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1997 - 慶應義塾 理工学研究科 電気工学専攻
  • 1995 - ビクトリア大学 工学部電気・計算機工学専修
  • 1992 - 慶應義塾 理工学部 電気工学科
学位 (1件):
  • 工学 (慶應義塾)
経歴 (33件):
  • 2018/04 - 現在 理工学概論部会委員
  • 2009/10 - 現在 学生交換・在外研修員会委員
  • 2015/10 - 2017/09 理工学部広報委員長
  • 2013/10 - 2015/09 理工学部広報委員(キャンパスキャンペーン委員長)
  • 2010/04 - 2014/03 学習指導副主任
全件表示
委員歴 (2,279件):
  • 2018/06 - 現在 電子情報通信学会無線通信システム研究専門委員会 委員
  • 2018/06 - 現在 電子情報通信学会無線通信システム研究専門委員会 委員
  • 2015/01 - 現在 IEEE東京支部 Student Activities Committee Chair
  • 2014/06 - 現在 電子情報通信学会 スマート無線研究専門委員会顧問
  • 2014/06 - 現在 電子情報通信学会 スマート無線研究専門委員会顧問
全件表示
受賞 (15件):
  • 2017/03/24 - 電子情報通信学会 電子情報通信学会フェロー
  • 2017/03/24 - 電子情報通信学会 電子情報通信学会フェロー
  • 2015/09 - 電子情報通信学会通信ソサイエティ活動功労賞
  • 2015/09 - 電子情報通信学会通信ソサイエティ活動功労賞
  • 2015/09 - 電子情報通信学会通信ソサイエティ活動功労賞
全件表示
所属学会 (1件):
電子情報通信学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る