研究者
J-GLOBAL ID:200901018415633860   更新日: 2020年06月04日

市川 善康

イチカワ ヨシヤス | Ichikawa Yoshiyasu
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 生物分子化学 ,  生物有機化学
研究キーワード (2件): 糖化学 ,  天然物有機化学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 窒素原子が結合した不斉四級炭素をもつ天然物の合成研究
  • アリルシアナートの転位反応を活用した生体機能分子の実用的合成
  • 生合成仮説に立脚した海洋天然物の合成研究
論文 (9件):
  • 市川 善康. Bioinspired Synthesis of the Central Core of Halichonadin H: The Passerini Reaction in a Hypothetical Biosynthesis of Marine Natural Products. Synthesis. 2019. 51. 2305-2310
  • 市川 善康. Chirality Transfer from a Chiral Primary Alcohol Equivalent Through Allyl Cyanate-to-Isocyanate Rearrangement: Synthesis of (+)-Geranyllinaloisocyanide. Synthesis. 2019. 51. 2959-2964
  • 市川 善康. THE DAWN, EVOLUTION AND PERSONAL REMINISCENCES IN STUDIES OF GLYCOSYL ISOCYANATES AND ISOCYANIDES,. Heterocycles. 2018. 96. 1691-1728
  • 市川 善康. Synthesis of trans-2,6-Piperidinedicarboxamide Using the Ugi Reaction. A Plausible Model for the Biosynthesis of Halichonadin P. Heterocycles. 2016. 92. 1040-1053
  • 市川 善康. A Biomimetic Approach to the Synthesis of Terpene-Amino Acid Conjugates. The Ugi Reaction in the Hypothetical Biosynthesis of Marine Natural Products. Heterocycles. 2016. 92. 1953-1961
もっと見る
MISC (4件):
  • 市川 善康. 海洋天然物アゲラスタチンAの合成. 有機合成化学協会誌. 2012. 70. 615
  • 市川 善康. Evolution, Development and Personal Experience of [3.3] Sigmatropic Rearrangement of Allyl Cyanate. Synlett. 2007. 2927-2936
  • 市川 善康. アリルシアナートの転位反応を活用した含窒素生理活性物質の合成. 有機合成化学協会誌. 2006. 64. 96-108
  • 市川 善康. シグマトロピー反応とRitter反応を新手法とした海洋生物由来含窒素テルペンの合成研究. 有機合成化学協会誌. 1997. 55. 281-289
学歴 (2件):
  • - 1985 名古屋大学大学院 農学研究科
  • - 1980 名古屋大学 農学部
学位 (1件):
  • 農学博士 (名古屋大学)
経歴 (4件):
  • 1992 - 2004 名古屋大学農学部 助教授
  • 2004 - - 高知大学理学部 教授
  • 1989 - 1992 三重大学教育学部 助教授
  • 1987 - 1989 三重大学教育学部 助手
委員歴 (3件):
  • 2001 - 2003 日本農芸化学 日本農芸化学中部支部庶務幹事
  • 1994 - 2001 有機合成化学協会 有機合成化学協会東海支部役員常任幹事
  • 1994 - 1995 有機合成化学協会 有機合成化学協会東海支部庶務幹事
所属学会 (4件):
日本農芸化学会 ,  日本化学会 ,  アメリカ化学会 ,  有機合成化学協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る