研究者
J-GLOBAL ID:200901018866238558   更新日: 2020年01月10日

齋藤 豪

サイトウ タケシ | SAITO Takeshi
所属機関・部署:
職名: 助手
研究分野 (4件): 救急医学 ,  麻酔科学 ,  脳神経外科学 ,  生理学一般
研究キーワード (2件): 手綱核 ,  脚間核
論文 (68件):
  • The risk factors for the occurrence of acute brain swelling in acute subdural hematoma. Brain Edema XII(Acta Neurochirurgica, Suppl. 86). 2003. 351-354
  • Neuronal damage in pericontusional edema zone. Brain Edema XII(Acta Neurochirurgica, Suppl. 86). 2003. 339-342
  • IL-8 is key mediator of neuroinflammation in severe head injuries. Brain Edema XII(Acta Neurochirurgica, Suppl. 86). 2003. 347-350
  • Hidehiko Kushi, Takahiro Miki, Jun Nakahara, Kazuhiko Okamoto, Takeshi Saito, Katsuhisa Tanjo. Hemoperfusion with an Immobolized Polymyxin B Column Reduces the Blood Level of Neutrophil Elastase. Blood Purification. 2006. 24. 212-217
  • Hidehiko Kushi, Jun Nakahara, Takahiro Miki, Kazuhiko Okamoto, Takeshi Saito, Katsuhisa Tanjo. Hemoperfusion With an Immobilized polymyxin B Fiber ColumnnInhibits Activation of Vascular Endothelial Cells. Therapeutic Apheresis and Dialysis. 2005. 9. 4. 303-307
もっと見る
講演・口頭発表等 (284件):
  • 髄液pH持続測定用センサ-の開発と血管内ガス連続測定モニタ-の脳循環代謝測定への応用
    (第1回脳代謝モニタリング研究会 1995)
  • 重症頭部外傷の脳循環代謝動態の特徴
    (第54回日本脳神経外科学会総会 1995)
  • 頭部外傷を伴う多発外傷の治療の問題点
    (第23回日本救急医学会総会 1995)
  • Pericontusional edema zoneの循環代謝と脳組織pH
    (第8回日本神経救急研究会 1995)
  • 重症頭部外傷の脳循環動態の検討(フォ-ラムセッション)
    (第23回日本救急医学会総会 1995)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1989 日本大学 医学部
学位 (1件):
  • 医科学修士
所属学会 (9件):
日本神経救急研究会 ,  日本神経外傷研究会 ,  日本脳卒中の外科研究会 ,  日本集中治療医学会 ,  意識障害の治療研究会 ,  日本救急医学会関東地方会 ,  日本救急医学会 ,  日本脳神経外科コングレス ,  日本脳神経外科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る