研究者
J-GLOBAL ID:200901019254871134   更新日: 2020年10月31日

佐野 茂樹

サノ シゲキ | Sano Shigeki
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): https://www.tokushima-u.ac.jp/ph/faculty/labo/che/
研究分野 (2件): 薬系化学、創薬科学 ,  薬系化学、創薬科学
研究キーワード (34件): 口臭検査 ,  揮発性チオール ,  絶対配置決定法 ,  ジケトピペラジン ,  イソリクイリチゲニン ,  脱共役エステル化反応 ,  システインプロテアーゼ阻害剤 ,  微小癌診断 ,  蛍光標識 ,  不斉リン原子 ,  フルオロオレフィン ,  軸性キラリティー ,  多置換オレフィン ,  HWE反応 ,  非天然型アミノ酸 ,  α-置換セリン ,  不斉合成 ,  Analysis of Oral Malodor ,  Volatile Thiols ,  Determination of Configuration ,  Diketopiperazine ,  Isoliquiritigenin ,  Deconjugative Esterification ,  Cysteine Protease Inhibitor ,  Diagnosis of Microcancers ,  Fluorescent Labeling ,  Stereogenic Phosphorus Atom ,  Fluoroolefin ,  Axsis of Chirality ,  Substituted Olefin ,  HWE Reaction ,  Unnatural Amino Acid ,  α-Substituted Serine ,  Asymmetric Synthesis
競争的資金等の研究課題 (39件):
  • 2020 - 2023 ケテンイミン誘導体のヘテロ-マイケル付加反応を起点とする新規分子変換法の開発
  • 2020 - 2023 リン原子上にオルガノチオ基を有する新規HWE型試薬の創製
  • 2020 - 2023 膵がん幹細胞を標的とした新たな光免疫療法の開発
  • 2018 - 2021 疫学研究に適用可能な,唾液の液体分析法による多検体自動処理の口臭検査法の開発
  • 2014 - 2017 ACFを標的とした新しい高感度分子イメージング法の開発
全件表示
論文 (210件):
  • Michiyasu Nakao, Munehisa Toguchi, Yuki Shimabukuro, Shigeki Sano. Tandem thia-Michael/Dieckmann condensation of allenyl esters for the regioselective synthesis of trisubstituted thiophenes. Tetrahedron Letters. 2020. 61. 36
  • Shota Fujimoto, Naoki Muguruma, Michiyasu Nakao, Hidenori Ando, Takanori Kashihara, Yoshihiko Miyamoto, Koichi Okamoto, Shigeki Sano, Tatsuhiro Ishida, Yasushi Sato, et al. Indocyanine green-labeled dasatinib as a new fluorescent probe for molecular imaging of gastrointestinal stromal tumors. Journal of Gastroenterology and Hepatology (Australia). 2020
  • Michiyasu Nakao, Ayumu Adachi, Syuji Kitaike, Shigeki Sano. Synthesis of three stereoisomers of erythrochelin, a hydroxamate-type tetrapeptide siderophore from saccharopolyspora erythraea. Heterocycles. 2020. 101. 1. 347-356
  • Fujimoto Shota, Muguruma Naoki, Nakao Michiyasu, Miyamoto Yoshihiko, Ishida Tatsuhiro, Sano Shigeki, Takayama Tetsuji. NEAR-INFRARED MOLECULAR IMAGING OF GASTROINTESTINAL STROMAL TUMORS USING A NOVEL FLUORESCENT PROBE INDOCYANINE GREEN (ICG)-LABELED DASATINIB. GASTROENTEROLOGY. 2018. 154. 6. S437
  • S. Sano, T. Matsumoto, M. Toguchi, M. Nakao. Facile Two-Step Synthesis of Methyl Bis(2,2,2-trifluoroethyl)phosphonoacetate by Exploiting Garegg-Samuelsson Reaction Conditions. Synlett,. 2018. 29. 11. 1461-1464
もっと見る
MISC (6件):
もっと見る
特許 (12件):
書籍 (5件):
  • 化学便覧 応用化学編 第7版 IV有機・高分子化学品/材料 16章医薬品 16.4.8アレルギー・喘息薬
    丸善 株式会社 2014
  • Electronic Encyclopedia of Reagents for Organic Synthesis: (S)-4-Isopropyl-1,3-thiazolidine-2-thione (http://www.mrw.interscience.wiley.com/eros/articles/rn00903/sect0-fs.html)
    John Wiley & Sons 2008
  • チュートリアル化学シリーズ7 入門 ヘテロ環の化学
    化学同人 2004
  • 第5版実験化学講座15巻 有機化合物の合成(III) 第4章ケテン
    丸善 2003
  • 有機薬科学実験講座第2巻 創薬化学の基礎となる不斉反応I 第5章カルボニル化合物ならびにその等価体への不斉付加反応
    廣川書店 1998
講演・口頭発表等 (250件):
  • マイクロ波を活用したイミダゾ[2,1-b][1,3,4]チアジアゾール誘導体の効率的合成
    (日本薬学会第134年会(熊本) 2014)
  • 立体保護効果により安定化されたイソインドール誘導体の合成
    (日本薬学会第134年会(熊本) 2014)
  • HWE反応による2-シクロペンチリデン-2-フルオロ酢酸誘導体の立体選択的合成
    (第39回反応と合成の進歩シンポジウム(福岡) 2013)
  • N-メチルジケトピペラジン型有機触媒によるヒドロキシアセトンと置換ベンズアルデヒドの不斉アルドール反応
    (第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会(松山) 2013)
  • マイクロ波を活用した2-アミノイミダゾチアジアゾール誘導体の効率的合成
    (第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会(松山) 2013)
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1990 京都大学 薬学
  • - 1990 京都大学
  • - 1983 京都大学 薬学科
  • - 1983 京都大学
学位 (3件):
  • Ph.D. (Kyoto University)
  • MS (Kyoto University)
  • BS (Kyoto University)
経歴 (12件):
  • 2017/04 - 現在 徳島大学薬学部長
  • 2017/03 - 現在 徳島大学大学院薬科学教育部長
  • 2015 - 現在 徳島大学大学院医歯薬学研究部 教授
  • 2014/04 - 2017/03 徳島大学教育研究評議会評議員
  • 2013/04 - 2015/03 徳島大学薬学部創製薬科学科長
全件表示
委員歴 (8件):
  • 2015/02 - 現在 日本薬学会代議員(中国四国支部選出)
  • 2012/02 - 2016/01 日本薬学会中国四国支部大学選出幹事
  • 2011/02 - 2012/01 日本薬学会中国四国支部庶務担当幹事
  • 2010/02 - 2012/01 日本薬学会代議員(中国四国支部選出)
  • 2009/02 - 2011/01 日本薬学会中国四国支部大学選出幹事
全件表示
受賞 (8件):
  • 2003 - 平成14年度康楽賞
  • 2003 - Miki Koraku-Kai Award
  • 2000 - 第12回有機合成化学協会山之内製薬研究企画賞
  • 2000 - Award in Synthetic Organic Chemistry, Japan
  • 1999 - 平成11年度日本薬学会奨励賞
全件表示
所属学会 (10件):
日本化学会 ,  国際癌治療感研究協会 ,  有機合成化学協会 ,  日本癌学会 ,  日本薬学会 ,  International Association for the Sensitization of Cancer Treatment ,  The Society of Synthetic Organic Chemistry, Japan ,  The Japanese Cancer Association ,  The Chemical Society of Japan ,  The Pharmaceutical Society of Japan
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る