研究者
J-GLOBAL ID:200901019407693524   更新日: 2019年12月24日

増子 富美

マスコ フミ | MASUKO Fumi
所属機関・部署:
職名: 研究員
研究分野 (2件): 家政・生活学一般 ,  高分子・繊維材料
研究キーワード (3件): 被服整理学 洗浄 ,  染色 ,  繊維加工
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 繊維からの熱分解ガスに関する研究
  • 防炎加工に関する研究
  • さくらの染色に関する研究
論文 (52件):
  • 森田みゆき、谷道子、鬼城万由子、間瀬清美、増子富美. 洗剤用酵素存在下におけるペルオキシターゼによるオレンジIIに及ぼす退色反応への効果. オレオサイエンス. 2018. 67. 315-319
  • 森田みゆき・鬼越万由子・小川睦木・横山理恵・谷道子・増子富美・間瀬清美・松林真奈美・小川育子. 洗濯用水の硬度成分分析ーカルシウムイオン、マグネシウムイオン濃度の年間変動と地域差ー. 北海道教育大学紀要(自然科学編). 2018. 68. 2. 61-67
  • 有永和織・安倍澄子・美谷千鶴・増子富美. 高等学校家庭科における衣分野での伝統教育等の取組みについて-「家庭」に関する学科設置高等学校への配票調査から-. 日本女子大学大学院紀要家政学研究科人間生活学研究科. 2014. 20. 117-124
  • 増子富美. 繊維加工研究委員会の50年の歩み. 繊維学会誌. 2013. 69. 441
  • 榎本一郎・武田浩司・長尾梨沙・添田心・星幸則・高橋芳郎・渋谷良一・増子富美・美谷千鶴. オゾンマイクロバブルによる綿布の漂白効果. 東京都産業技術研究センター研究報告. 2013. 8. 84-87
もっと見る
書籍 (10件):
  • 改訂 被服学概説(共著)
    建帛社 1988
  • 家政学事典(共著)
    朝倉書店 1990
  • 被服整理学(共著)
    朝倉書店 1990
  • 家政学概論(共著)
    誠信書房(株) 1994
  • 第2版 繊維便覧(分担)
    丸善(株) 1994
もっと見る
講演・口頭発表等 (76件):
  • 樹脂加工布の遊離ホルムアルデヒド含有量と防しわ・防縮性
    (日本家政学会第26回総会 1973)
  • panty-stockingの変形とづれについて
    (日本家政学会第25回総会 1973)
  • 繊維製品より溶出する遊離するホルムアルデヒド測定に関する一つの試み(第2報)
    (日本家政学会第25回大会 1973)
  • 樹脂加工布から遊離するホルムアルデヒドに対する洗たくの影響と洗たく後の経時変化
    (日本家政学会第26回総会 1974)
  • アセチルアセトン法とトリアゾール法によるホルムアルデヒド定量の検討
    (日本家政学会第27回大会 1975)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1973 日本女子大学 家政学部 被服学科
学位 (1件):
  • 博士(学術) (日本女子大学)
経歴 (4件):
  • 1988 - 1998 日本女子大学専任講師
  • 1998 - 2003 日本女子大学助教授
  • 2003 - 2018 日本女子大学教授
  • 2018 - 日本女子大学学術研究員
委員歴 (19件):
  • 2013,2015,2017 岐阜県研究開発外部評価委員
  • 2018- 日本家政学会代議員
  • 2011-2015 日本家政学会代議員
  • 2011-2013 日本家政学会被服整理学部会部会長
  • 2003-2005 日本家政学会編集委員
全件表示
受賞 (1件):
  • 1990 - 日本繊維製品消費科学会奨励賞
所属学会 (13件):
日本家政学会 ,  日本繊維製品消費科学会 ,  繊維学会 ,  高分子学会 ,  日本化学会 ,  日本油化学会 ,  繊維学会 ,  日本繊維製品消費科学会 ,  日本繊維製品消費科学会 ,  日本家政学会 ,  日本家政学会 ,  日本家政学会 ,  セルロース学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る