研究者
J-GLOBAL ID:200901020417656099   更新日: 2021年02月24日

本九町 卓

モトクチョウ スグル | Motokucho Suguru
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): https://nagasaki-polymer.jimdo.com/staff/
研究分野 (7件): 機能物性化学 ,  有機機能材料 ,  有機合成化学 ,  高分子材料 ,  生物有機化学 ,  構造有機化学、物理有機化学 ,  高分子化学
研究キーワード (6件): 高分子化学 ,  リサイクル ,  環付加反応 ,  高分子反応 ,  二酸化炭素 ,  ポリウレタン
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2020 - 2021 ポリウレタンエラストマーの炭酸を用いたケミカルリサイクル法の開拓
  • 2020 - 2021 ポリウレタンの炭酸を用いた環境に優しいケミカルリサイクルの開拓
  • 2018 - 2021 加水分解反応を起こす高分子を用いた抗酸化物質の放出制御
  • 2020 - 2020 炭酸を用いた高分子材料の分解によるケミカルリサイクル法の開拓
  • 2017 - 2020 新規多分岐ポリカーボネートを用いたリチウムイオン二次電池へ応用可能なSPEの創製
全件表示
論文 (53件):
MISC (16件):
もっと見る
特許 (10件):
書籍 (3件):
  • 生分解,バイオマスプラスチックの開発と応用
    技術情報協会 2020 ISBN:9784861047824
  • プラスチックの資源循環に向けたグリーンケミストリーの要素技術
    シーエムシー出版 2019 ISBN:9784781314440
  • 逐次重合系プラスチックの資源循環のためのグリーンケミストリー
    シーエムシー出版社 2019
講演・口頭発表等 (312件):
  • マルチブロック型ポリウレタンエラストマーの炭酸による加水分解挙動
    (第30回エラストマー討論会 2019)
  • ポリウレタンを用いたエポキシドの開環反応による環状カーボネートの合成
    (第30回エラストマー討論会 2019)
  • ポリウレタンエラストマーの炭酸による加水分解における一次構造の影響
    (第30 回エラストマー討論会 2019)
  • ポリウレタンを用いたCO2とエポキシドとの環付加反応
    (第8回高分子学会グリーンケミストリー研究会シンポジウム第22回プラスチックリサイクル化学研究会研究討論会 2019)
  • ポリウレタンエラストマーの高圧二酸化炭素を用いた加水分解反応挙動
    (第68回高分子学会年次大会 2019)
もっと見る
Works (7件):
  • 超臨界二酸化炭素を利用したセルロース糖化に関する研究
    2010 - 2011
  • 超臨界二酸化炭素を利用したデンプンの糖化に関する研究
    2010 - 2011
  • 超臨界二酸化炭素を利用したセルロース糖化に関する研究
    2008 - 2009
  • 光可塑性架橋高分子の合成とその物性評価
    2008 - 2009
  • 超臨界二酸化炭素を利用したセルロース糖化に関する研究
    2007 - 2009
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1999 - 2002 東京工業大学 物質電子科学専攻
  • 1997 - 1999 宮崎大学 物質工学研究科
  • 1993 - 1997 宮崎大学 物質工学科
学位 (3件):
  • 博士(工学) (東京工業大学)
  • 修士(工学) (宮崎大学)
  • 学士(工学) (宮崎大学)
経歴 (5件):
  • 2007 - 現在 長崎大学 大学院工学研究科 助教
  • 2013/06 - 2014/03 オランダ・アイトフォーヘン工科大学
  • 2012/08 - 2012/09 フランス・ボルドー大学
  • 2005/04 - 2007/03 長崎大学 工学部材料工学科 助手
  • 2002/04 - 2005/03 近畿大学 分子工学研究所 研究員
委員歴 (4件):
  • 2020/04 - 現在 高分子学会 グリーンケミストリー研究会 副委員長
  • 2018/04 - 現在 高分子学会 グリーンケミストリー研究会 運営委員
  • 2018/09 - 2018/09 公益社団法人 高分子学会 高分子討論会セッションオーガナイザー
  • 2015/04 - 2018/03 高分子学会 グリーンケミストリー研究会 企画委員
受賞 (3件):
  • 2015/05 - 一般社団法人日本ゴム協会 第62回優秀論文賞 亜臨界または超臨界二酸化炭素中でのポリウレアのメタノールを用いた分解反応
  • 2007/08 - Poster Award of The 1st Thailand-japan Rubber Symposium Effect of Curing Agent Ratio of Diol to Triol on Microaggregation Structure and Adhesion Properties of Segmented Polyurethane
  • 2007 - 第19回エラストマー討論会「優秀発表賞」
所属学会 (4件):
高分子学会 ,  有機合成化学協会 ,  セルロース学会 ,  (社)日本ゴム協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る