研究者
J-GLOBAL ID:200901021189542530   更新日: 2020年09月01日

松森 信明

マツモリ ノブアキ | Matsumori Nobuaki
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 生体分析化学研究室
ホームページURL (1件): http://www.scc.kyushu-u.ac.jp/BioanalChem/index.html
研究分野 (6件): 分析化学 ,  ケミカルバイオロジー ,  生体化学 ,  生物有機化学 ,  構造有機化学、物理有機化学 ,  生物分子化学
研究キーワード (8件): 膜タンパク質 ,  脂質ケミカルバイオロジー ,  脂質ラフト ,  生体膜 ,  NMR ,  ケミカルバイオロジー ,  生体分析化学 ,  生物有機化学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • Ion Channel
  • Analysis on mode of action of bioactive molecules
  • Determination of supramolecular structure formed by bioactive compounds.
論文 (125件):
  • Masataka Inada, Masanao Kinoshita, Nobuaki Matsumori. Archaeal Glycolipid S-TGA-1 Is Crucial for Trimer Formation and Photocycle Activity of Bacteriorhodopsin. ACS chemical biology. 2020. 15. 1. 197-204
  • Tomoya Yamamoto, Yuichi Umegawa, Hiroshi Tsuchikawa, Shinya Hanashima, Nobuaki Matsumori, Kosuke Funahashi, Sangjae Seo, Wataru Shinoda, Michio Murata. The Amphotericin B-Ergosterol Complex Spans a Lipid Bilayer as a Single-Length Assembly. Biochemistry. 2019. 58. 51. 5188-5196
  • Kusumi A, Fujiwara TK, Tsunoyama TA, Kasai RS, Liu AA, Hirosawa KM, Kinoshita M, Matsumori N, Komura N, Ando H, et al. Defining raft domains in the plasma membrane. Traffic (Copenhagen, Denmark). 2019
  • Kinoshita M, Tanaka K, Matsumori N. The influence of ceramide and its dihydro analog on the physico-chemical properties of sphingomyelin bilayers. Chemistry and physics of lipids. 2019. 226. 104835
  • Kinoshita M, Chitose T, Matsumori N. Mechanism of local anesthetic-induced disruption of raft-like ordered membrane domains. Biochimica et biophysica acta. General subjects. 2019. 1863. 9. 1381-1389
もっと見る
MISC (16件):
  • 松森信明. 天然物のNMR研究-立体化学決定および溶液中と膜中における配座解析. NMR (Web). 2019. 10. 76-81 (WEB ONLY)
  • 西村慎一, 掛谷秀昭, 松森信明. 生体膜を標的にする天然有機化合物 天然物による厳密な脂質認識とそれに基づく表現型. 化学と生物. 2018. 56. 10. 678-685
  • Yuichi Umegawa, Nobuaki Matsumori, Michio Murata. Recent Solid-State NMR Studies of Hydrated Lipid Membranes. Annual Reports on NMR Spectroscopy. 2018. 94. 41-72
  • 木下 祥尚, 松森 信明. 蛍光修飾したスフィンゴミエリン誘導体の脂質ラフト観察への応用. 生物物理. 2018. 58. 6. 321-323
  • Nobuaki Matsumori, Michio Murata. NMR studies on natural product-stereochemical determination and conformational analysis in solution and in membrane. Experimental Approaches of NMR Spectroscopy: Methodology and Application to Life Science and Materials Science. 2017. 383-414
もっと見る
特許 (4件):
  • 重原子化化合物、膜タンパク質の結晶化を促進するための組成物、および該組成物を用いた膜タンパク質の構造解析方法
  • 新規蛍光標識スフィンゴミエリン及びその利用
  • ポリエンマクロライド系抗生物質の多量体
  • Polyene macrolide antibiotic dimers
書籍 (5件):
  • 天然物の化学II(科学のとびら64): 自然からの贈り物
    東京化学同人 2018 ISBN:4807915053
  • Experimental Approaches of NMR Spectroscopy: Methodology and Application to Life Science and Materials Science
    Springer 2017
  • タンパク質結晶の最前線 監修 杉山成
    シーエムシー出版 2013 ISBN:9784781309293
  • ソレル有機化学〈上〉
    東京化学同人 2009 ISBN:4807907158
  • Stereochemistry Research Trends
    Nova publishers 2008
学歴 (3件):
  • 1994 - 1997 東京大学 化学専攻 博士課程
  • 1992 - 1994 東京大学 化学専攻 修士課程
  • 1988 - 1992 東京大学 化学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東京大学)
経歴 (8件):
  • 2014/07 - 現在 九州大学 大学院理学府化学専攻 教授
  • 1999 - 現在 Research associate, Department of Chemistry, Graduate School of Science, Osaka University
  • 2010/05 - 2014/06 大阪大学 大学院理学研究科化学専攻 准教授
  • 1999/03 - 2010/05 大阪大学 大学院理学研究科化学専攻 助手、助教
  • 2000/12 - 2001/11 マサチューセッツ工科大学 化学科 在外研究員
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2018/04 - 現在 日本分析化学会 代議員
  • 2015/04 - 現在 日本分析化学会 九州支部 幹事
  • 2012/04 - 2014/03 日本核磁気共鳴学会 学会機関紙編集委員
受賞 (4件):
  • 2006 - 大阪大学 大阪大学教育・研究功績賞
  • 2005 - 日本化学会 若い世代の特別講演
  • 1998 - 井上研究奨励賞
  • 1998 - Inoue Reserch Award for Young Scientists
所属学会 (6件):
日本分析化学会 ,  日本ケミカルバイオロジー学会 ,  Biophysical Society ,  日本核磁気共鳴学会 ,  アメリカ化学会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る