研究者
J-GLOBAL ID:200901023759845739   更新日: 2020年11月24日

緒方 広明

オガタ ヒロアキ | Ogata Hiroaki
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (3件):
ホームページURL (2件): https://sites.google.com/site/hiroakiogata/https://sites.google.com/site/hiroakiogata/
研究分野 (4件): 認知科学 ,  ヒューマンインタフェース、インタラクション ,  学習支援システム ,  教育工学
研究キーワード (32件): 教育データサイエンス ,  教育ビッグデータ ,  ラーニングアナリティクス ,  コラボレーション ,  語学学習 ,  アウェアネス ,  ユビキタス学習 ,  協調学習環境 ,  ソフトウェアエージェント ,  ユビキタスラーニング ,  モバイル学習 ,  教育・学習支援システム ,  ビデオオンデマンド ,  Awareness ,  インタラクション ,  協調学習支援システム ,  Context-Aware Computing ,  学習コミュニティ ,  モバイルラーニング ,  ユビキタス学習環境 ,  ネットワークロボット ,  オブジェクト指向データベース ,  知識ウェアネス ,  仮想クラスルーム ,  知識コミュニティ ,  学習コミュニティ支援 ,  応用情報システム ,  教育工学 ,  グループウェア ,  Applied Information Systems ,  EducationalEngneering ,  Group Ware
競争的資金等の研究課題 (28件):
  • 2020 - 2022 学習者の自己説明とAI の説明生成の共進化による教育学習支援環境EXAITの研究開発
  • 2016 - 2021 教育ビッグデータを用いた教育・学習支援のためのクラウド情報基盤の研究
  • 2013 - 2016 ライフログ技術を用いた学習体験共有活用支援システムに関する研究
  • 2009 - 2011 ネットワークロボットを用いた教育・学習支援環境に関する研究
  • 2009 - 2010 SNSを用いた知識アウェアネスユビキタス協調学習環境
全件表示
論文 (395件):
  • Vijayanandhini Kannan, Hiroyuki Kuromiya, Sai Preeti Gouripeddi, Rwitajit Majumdar, Jayakrishnan Madathil Warriem, Hiroaki Ogata. Flip & Pair - a strategy to augment a blended course with active-learning components: effects on engagement and learning. Smart Learning Environments. 2020. 7. 1
  • Louis Lecailliez, Brendan Flanagan, Mei-Rong Alice Chen, Hiroaki Ogata. Smart Dictionary for E-book Reading Analytics. Companion Proceedings of the 10th International Conference on Learning Analytics and Knowledge (LAK2020). 2020
  • Patrick Ocheja, Brendan Flanagan, Louis Lecailliez, Hiroaki Ogata. Improving Learning Analytics and Student Performance through Connected Lifelong Learning on the Blockchain. Proceedings of the 10th International Conference on Learning Analytics and Knowledge (LAK2020). 2020
  • Abu Abu, Owoeye Oluwaseyi, Patrick Ocheja, Brendan Flanagan, Hiroaki Ogata. Learning Engagement - Clustering Analysis based on Student Interaction with Digital Textbooks. Companion Proceedings of the 10th International Conference on Learning Analytics and Knowledge (LAK2020). 2020
  • Rwitajit Majumdar, Hiroyuki Kuromiya, Kiriko Komura, Brendan Flanagan, Hiroaki Ogata. LA Platform in Middle School: Trends of Usage and Student’s Performance,. Companion Proceedings of the 10th International Conference on Learning Analytics and Knowledge (LAK2020). 2020
もっと見る
MISC (261件):
  • 久徳泰知, 西岡千文, 緒方広明. 学生向け論文推薦システムにおける説明インタフェースの評価. 情報処理学会研究報告(Web). 2019. 2019. CLE-27. Vol.2019-CLE-27,No.22,1-8 (WEB ONLY)
  • Li Chen, Hirokazu Uemura, Hao Hao, Yoshiko Goda, Fumiya Okubo, Yuta Taniguchi, Misato Oi, Shin'ichi Konomi, Hiroaki Ogata, Masanori Yamada. Relationships between Collaborative Problem Solving, Learning Performance and Learning Behavior in Science Education. Proceedings of 2018 IEEE International Conference on Teaching, Assessment, and Learning for Engineering, TALE 2018. 2019. 17-24
  • 上田浩, 緒方広明, 山田恒夫. 高等教育機関における教育・学習データの利活用に関する方針の検討. 情報処理学会研究報告(Web). 2018. 2018. DPS-176. Vol.2018-DPS-176,No.21,1-6 (WEB ONLY)
  • 緒方広明. ラーニングアナリティクス 1)ラーニングアナリティクスの研究動向-エビデンスに基づく教育の実現に向けて-. 情報処理. 2018. 59. 9. 796-799
  • 毛利考佑, 島田敬士, 殷成久, 魚崎典子, 金子敬一, 緒方広明. 非負値行列因子分解を用いたデジタル教科書におけるスクラッチ機能の閲覧パターン分析. 情報処理学会研究報告(Web). 2018. 2018. CLE-25. Vol.2018-CLE-25,No.10,1-6 (WEB ONLY)
もっと見る
特許 (4件):
書籍 (6件):
  • Smart Sensors at the IoT Frontier
    Springer 2017
  • Collaboration and Technology
    Springer 2016
  • Supporting Seamless Learning Using Ubiquitous Learning Log System
    Springer 2015
  • The role of technology in CSCL : studies in technology enhanced collaborative learning
    Springer 2007 ISBN:9780387711355
  • Mediator: Supporting Negatiations with Common Use of Personal Connections -Exploitation of Common Personal Connections-
    Proceedings ofAPORS'94 1994
もっと見る
講演・口頭発表等 (74件):
  • これからの教育の在り方~GIGAスクール構想を見据えて~
    (大阪府高槻市教育委員会研修会 2020)
  • Toward Data and Evidence Driven Education
    (AIVR2020: 4th International Conference on Artificial Intelligence and Virtual Reality 2020)
  • ビッグデータ時代の教育
    (滋賀県教育委員会研修会 2020)
  • 日本学術会議からの提言『教育のデジタル化を踏まえた学習データの利活用に関する提言~エビデンスに基づく教育に向けて~』の報告
    (【第18回】4月からの大学等遠隔授業に関する取組状況共有サイバーシンポジウム(オンライン開催) 2020)
  • International Technical Standards and Learning Analytics
    (IMS Japan Conference 2020 2020)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1994 - 1995 徳島大学
  • 1992 - 1994 徳島大学 知能情報工学専攻 博士前期課程
  • 1988 - 1992 徳島大学 知能情報工学科
学位 (2件):
  • 博士(工学) (徳島大学)
  • 修士(工学) (徳島大学)
経歴 (10件):
  • 2020/06 - 現在 国立情報学研究所 客員教授
  • 2017/04 - 現在 京都大学 学術情報メディアセンター/大学院情報学研究科 教授
  • 2016/02 - 2017/03 九州大学 ラーニングアナリティクスセンター センター長・主幹教授
  • 2013/10 - 2017/03 九州大学 基幹教育院 教授
  • 2011/04 - 2013/09 徳島大学 大学院・ソシオテクノサイエンス研究部 准教授
全件表示
委員歴 (20件):
  • 2017 - 現在 情報処理学会 教育学習支援情報システム(CLE)研究会 主査
  • 2015 - 現在 RPTEL(Research and Practice in Technology Enhanced Learning Journal) Associate Editor
  • 2015/01 - 現在 IEEE Transaction on Learning Technologies Associate Editor
  • 2012/07 - 現在 2012 NMC Horizon Report STEM+ Advisory Board
  • 2012/05 - 現在 SOLAR(Society for Learning Analytics and Research) Eexcutive Committee
全件表示
受賞 (24件):
  • 2019/05 - The 23rd Global Chinese Conference on Computers in Education(GCCCE 2019) Best Teacher Forum Paper Award
  • 2018/03 - 山下記念研究賞
  • 2016/10 - IMS Japan 第1回IMS Japan 最優秀賞/第13回日本e-Learning大賞 教育ビッグデータ特別部門賞
  • 2015/07 - IEEE ICALT 2015 Best Paper Award
  • 2014/11 - ICCE 2014 Best Student Paper Award
全件表示
所属学会 (8件):
日本教育工学会 ,  International Artificial Intelligence in Education Society ,  Asian Pacific Society for Computers in Education ,  教育システム情報学会 ,  IEEE ,  電子情報通信学会 ,  情報処理学会 ,  米国ACM学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る