研究者
J-GLOBAL ID:200901023795463516   更新日: 2020年06月29日

片山 健太郎

カタヤマ ケンタロウ | Katayama Kentaro
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (6件): 遺伝学 ,  動物生理化学、生理学、行動学 ,  獣医学 ,  獣医学 ,  獣医学 ,  実験動物学
研究キーワード (6件): 糖尿病性腎症 ,  糖尿病 ,  遺伝性疾患 ,  軟骨形成 ,  ゴルジ体 ,  疾患モデル動物
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2014 - 2016 軟骨基質の細胞内輸送機構の解明
  • 2009 - 2011 ゴルジ体タンパクgiantinの発生過程における機能の解析
  • 2008 - 2009 骨軟骨形成不全症(OCD)ラットの原因遺伝子の探索および骨軟骨形成機構の解析
論文 (1件):
  • Katayama K, Yasuda H, Tochigi Y, Suzuki H. The microtubule-associated protein astrin transgenesis rescues spermatogenesis and renal function in hypogonadic (hgn/hgn) rats. Andrology. 2013. 1. 2. 301-307
書籍 (1件):
  • 原書13版 デュークス獣医生理学
    2020
講演・口頭発表等 (24件):
  • 腎実質の増加を呈する新規糖尿病モデルラットにおける糖尿病発症機序に関する研究 :sglt2阻害剤投与と腎臓摘出術の影響
    (第34回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会 2020)
  • Delayed spermatogenesis and increased apoptotic spermatocytes in Wwox deficient rats
    (第162回日本獣医学会学術集会 2019)
  • 微小管結合蛋白質Astrinの精巣内分布と細胞内局在
    (第162回日本獣医学会学術集会 2019)
  • 骨軟骨形成不全症(OCD)ラット脊髄にみられる髄鞘低形成
    (第162回日本獣医学会学術集会 2019)
  • The immunohistological localization of Wwox protein during spermatogenesis in rats
    (第161回日本獣医学会学術集会 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2007 岡山大学 自然科学研究科 生命分子科学専攻
  • - 2002 日本獣医生命科学大学 獣医畜産学部 動物科学科
学位 (1件):
  • 博士(学術) (岡山大学)
経歴 (4件):
  • 2016/04 - 現在 日本獣医生命科学大学 准教授
  • 2012/04 - 2016/03 日本獣医生命科学大学 講師
  • 2007/12 - 2012/03 日本獣医生命科学大学 助教
  • 2007/10 - 2007/11 岡山大学大学院 博士研究員
委員歴 (1件):
  • 2017/12 - 2019/09 NPO法人獣医系大学間獣医学教育支援機構 獣医学共用試験 センター委員
受賞 (1件):
  • 2009/11 - 日本動物遺伝育種学会第10回大会 学会長特別賞
所属学会 (3件):
日本獣医学会 ,  動物遺伝育種学会 ,  日本実験動物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る