研究者
J-GLOBAL ID:200901024399874682   更新日: 2024年07月10日

岩崎 公典

イワサキ ヒロノリ | Hironori Iwasaki
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (5件): 応用分子細胞生物学 ,  食品科学 ,  応用生物化学 ,  細胞生物学 ,  分子生物学
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2020 - 2023 海藻の生育を支える海藻-微生物相互作用の全体像の解明
  • 2011 - 2013 マングローブのトリテルペノイド合成をとりまく耐塩性制御ネットワークの解明
  • 2008 - 2010 マングローブにおける塩分負荷によるテルペノイド濃度上昇の生理的役割の解明
  • 食品性植物由来の発ガンプロモーション抑制活性成分のスクリーニング
  • 食品性植物由来の腫瘍細胞選択的細胞毒性成分の機能解析
全件表示
論文 (40件):
  • Yonathan Asikin, Kuniyoshi Shimizu, Hironori Iwasaki, Hirosuke Oku, Koji Wada. Stress amelioration and anti-inflammatory potential of Shiikuwasha (Citrus depressa Hayata) essential oil, limonene, and γ-terpinene. Journal of Food and Drug Analysis. 2022. 30. 3. 454-465
  • Ruwani N. Nugara, Hirosuke Oku, Seiko Saitoh, Masashi Inafuku, Hironori Iwasaki, R. P. Kumara, L. J.S. Undugoda, B. N.S. Lankasena. The dose-dependent pteryxin-mediated molecular mechanisms in suppressing adipogenesis in vitro. Journal of Functional Foods. 2021. 82
  • Md Harun-Ur-Rashid, Shigeki Oogai, Shahanaz Parveen, Masashi Inafuku, Hironori Iwasaki, Masakazu Fukuta, Md Amzad Hossain, Hirosuke Oku. Molecular cloning of putative chloroplastic cysteine synthase in Leucaena leucocephala. Journal of plant research. 2020. 133. 1. 95-108
  • Parveen Shahanaz, Harun-Ur-Rashid Md, Inafuku Masashi, Iwasaki Hironori, Oku Hirosuke. Molecular regulatory mechanism of isoprene emission under short-term drought stress in the tropical tree Ficus septica. TREE PHYSIOLOGY. 2019. 39. 3. 440-453
  • Md. Harun-Ur-Rashid, Hironori Iwasaki, Shahanaz Parveen, Shigeki Oogai, Masakazu Fukuta, Md. Amzad Hossain, Toyoaki Anai, Hirosuke Oku. Cytosolic Cysteine Synthase Switch Cysteine and Mimosine Production in Leucaena leucocephala. Applied Biochemistry and Biotechnology. 2018. 186. 3. 1-20
もっと見る
MISC (159件):
  • 与儀彪, 岩崎公典, 屋宏典. アルクチゲニンとノビレチンの併用による相乗的抗肥満作用の検証. 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web). 2023. 2023
  • 与儀彪, 岩崎公典, 屋宏典. アルクチゲニンとノビレチンの併用による相乗的抗肥満作用の検証. 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web). 2022. 2022
  • 仲宗根侑花, 岩崎公典, 屋宏典. Arctigenin,Nobiletinによる相乗的抗腫瘍活性の分子機構の解明. 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web). 2021. 2021
  • 稲福征志, 岩崎公典, 大野智, 坂上未紀, 屋宏典. 沖縄県与那国町産ボタンボウフウ(長命草)の抗メタボリックシンドローム作用とその寄与成分. 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集. 2017. 71st. 167
  • 大城聡子, 岩崎公典, 平良東紀, 盛根信也, 泉水由美子, 寺田考紀. 沖縄県産ハブ(Protobothrops flavoviridis)個体からの毒性成分HR1B検出. 沖縄生物学会誌. 2017. 55
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(農学) (鹿児島大学大学院連合農学研究科)
経歴 (3件):
  • 2016/06 - 現在 国立大学法人琉球大学 熱帯生物圏研究センター 准教授
  • 2002/04/01 - - , 琉球大学 熱帯生物圏研究センター 助教
  • 2002/04/01 - - , University of the Ryukyus, Tropical Biosphere Research Center, Research Associate
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る