研究者
J-GLOBAL ID:200901025355281214   更新日: 2019年03月26日

石岡 賢

イシオカ ケン | ISHIOKA Ken
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (2件): 分子生物学 ,  ウイルス学
研究キーワード (4件): 単純ヘルペスウィルス ,  サイトメガロウイルス ,  自然免疫 ,  腸内細菌叢
論文 (24件):
  • Takashi Hishida, Hiroshi Iwasaki, Ken Ishioka and Hideo Shinagawa. Molecular analysis of the Pseudomonas aeruginosa genes, ruvA, ruvB and ruvC, involved in processing of homologous recombination intermediates. Gene. 1996. 182. 63-70
  • Ken Ishioka, Hiroshi Iwasaki and Hideo Shinagawa. Roles of the recG gene product of Escherichia coli in recombination repair: Effects of the ∆recG mutation on cell division and chromosome partition. Genes Genet. Syst. 1997. 72. 91-99
  • Atsushi Fukuoh, Hiroshi Iwasaki, Ken Ishioka and Hideo Shinagawa. ATP-dependent resolution of R-loops at the ColE1 replication origin by Escherichia coli RecG protein, a Holliday junction-specific helicase. EMBO J. 1997. 16. 203-209
  • Ken Ishioka, Atsushi Fukuoh, Hiroshi Iwasaki, Atsuo Nakata and Hideo Shinagawa. Abortive recombination in Escherichia coli ruv mutants blocks chromosome partitioning. Genes to Cells. 1998. 3. 209-220
  • Kimura K, Ishioka K, Hashimoto K, Mori S, Suzutani T, Bowlin TL, Shigeta S. Isolation and characterization of NMSO3-resistant mutants of respiratory syncytial virus. Antiviral Res. 2003. 65. 1207-1211
もっと見る
講演・口頭発表等 (8件):
  • HSV-1チミジンキナーゼ変異株のIFN感受性にUS11は関与する
    (第55回日本ウイルス学会 2007)
  • HSV-1に対するアシクロビルとインターフェロンが相乗効果を示す機構について
    (第56回日本ウイルス学会 2008)
  • 二本鎖RNA依存性PKRの活性化を阻害するHSV-1US11タンパクと結合するRNAライブラリーの構築
    (第57回日本ウイルス学会 2009)
  • HSV-1 チミジンキナーゼ変異株(VRTK-)がIFN感受性となるメカニズム
    (ヘルペス研究会 2010)
  • HSV-1ウイルス粒子に含まれるUS11タンパクはIFN感受性を決める要因の1つである
    (細菌学会東北支部総会 2011)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 1990 弘前大学 理学部 生物学科
  • - 1992 弘前大学 理学研究科 生物学
  • - 1997 大阪大学 医学研究科 生理
学位 (2件):
  • 博士 (大阪大学)
  • 修士 (弘前大学)
経歴 (2件):
  • 1997/07/01 - 1998/06/30 株式会社 海洋バイオテクノロジー研究所 博士研究員
  • 1998/07/01 - 現在 福島県立医科大学 微生物学講座
所属学会 (3件):
日本ウイルス学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本細菌学会東北支部会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る